So-net無料ブログ作成
検索選択

救急隊のお願い [医学関連]

私が読者になっている方のブログからのトラックバックです。

救急隊からのお願いを聞いて
 昨年の終わり頃だったと思うが、消防署救急係のお偉いさんが訪ねてきた。その時の要望が2つあって、1つは「救急車の出動回数が非常に多くなってきたので民間救急を使うように患者さんに指導してほしい」と言う。有料でかなり高いので難しそうだが・・・・

2つめは、「救急隊の隊員が、患者搬送後病院敷地内で救急車の中で飲食することを許してほしい」というのだ。少し驚いて「どうしたのですか?」と聞いてみると「出動回数があまりに多く、救急出動すると帰署することが出来ないことが多く食事もとれない」というのだ。無論、それなら病院内の喫茶室でも職員食堂でもお使い下さいとお話しした。

そうしたら、「病院内の喫茶室を使って患者さんと一緒に食事をするといろいろと批判されるので職員食堂を貸していただくか、職員控え室を貸していただければ」と申し訳なそうに言う。心の奥底から湧き上がる憤りがあった。以前コメントいただいたように「救急車をタクシー代わりに使う」その他「救急車を頻繁に使う患者」「時間外だけ来院する患者」なんだかおかしい。いっそ救急車の利用も有料化し医師の判断で”明らかに救急隊を要請するに足る疾患であれば無料にする方法”がよいのではないか・・・なんていう事まで考えてしまう。

自己本位主義の台頭が、他の人を思いやる日本人が元来持っていた礼節の美徳を破壊してしまったのか?救急車の利用方法だけで世相を判断するのは早計かも知れないが、どちらの方向に進むのかは分からないが、発展する社会とは別に日本人の精神性と根本に持つ考えは時計を逆回転する事が必要になってきたのかもしれない。救急隊員が過労死でもしたらその責任は、国ではなく安易に利用した国民すべてが懺悔するべきだとこの頃つくづく思うのだ。


以前ニュースでやっていました。東京ではもう救急車はパンク状態だと、、、どこの病院がやっているか分からなかったから、タクシーはお金がかかるから、、、と気楽に救急車を呼んだ結果がこれです。
私も明らかな軽症の場合、救急車は有料とすべきだと思います。確信犯の人が結構いますから。有料にしたら救急車を気軽に呼べなくなる!と批判する人もいるでしょうが、気軽に呼べばいいんです。必要な病気だったら無料なんですから。本当に1ヶ月前から腰痛があるとか、シャンプーが目に入ったとか、ひどい人は子供が蚊に刺された等と言って救急車で来る人がいるんですよ。もっとひどい人は、病院の待合室にいて、かなり混んでいて待たされそうだから、、、と病院から救急車を呼ぶなんて人もいます。もっともっとひどいのは、子供のおしっこが黄色だから、、、と。なんで??と聞くと「だってテレビのコマーシャルでは、子供のおしっこブルーじゃないですか?」だそうです。
そんな事で何故救急車を?と思うかも知れませんが、分からない人が多いんです。日本人総白痴化かもしれませんね。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 6

yangt3

おそらく自己本位主義の台頭は
救急車だけにとどまらず、病院、医者の利用(言葉は悪いが)にも
現れていると思います.
日本全体が自己本位主義に向かっているような
危惧を思えます.
少年犯罪の増加と同様に
厳罰主義では解決しないと思います.
教育の充実しかないのでしょうが
団塊の世代の教職員の大量定年を控えており
今後、いろんな意味で心配です.
by yangt3 (2006-01-29 18:13) 

みいねえちゃん

まったく同感です。
精神科でも 救急車の使い方が毎日のように問題となっています。
救急隊と医者が、あっちでも こっちでも 喧嘩しています。
救急隊が悪いのでは ないのですけれどね…。
by みいねえちゃん (2006-01-29 22:46) 

空風えみり

私も同感です。
本当に必要な方の救急車であって欲しいです。
by 空風えみり (2006-01-30 04:21) 

Kim

TOMOちゃんズさん、みいねえちゃんさん、soratokazeさん、コメントありがとうございます。ここにいらっしゃるような方達ばかりだと世の中良くなるのでしょうが、、、、難しいですね。
by Kim (2006-01-30 11:07) 

Doctor-D

全くです。一般常識の欠如は、核家族化が原因の一つであると思います。教育で補わなくてはいけないでしょう。
by Doctor-D (2006-01-30 14:15) 

Kim

Doctor-Dさん、コメントありがとうございます。色んな問題が山積みですが、一つ一つ解決して行きたいですね。我々としては、、、、変な人たちが来ても、怒らず受容し、ポジティブフィードバックして行くしかないでしょうね。
by Kim (2006-01-31 12:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。