So-net無料ブログ作成

除細動が遅くなると、、、 [医学関連]

 突然心停止した大人は心室細動と言う不整脈が多い事が分かっています。その心室細動にもっとも有効なのは除細動という電気ショック療法です。AEDという自動の機械もあちこちに置いてあります。

 しかし、除細動すれば何でも助かると言う訳ではなく、出来るだけ早く行う必要があります。1分遅れる毎に約10%生存率が低くなるそうで、院外での目標は、心停止から除細動までが5分とされています(病院の中では3分)。

 しかし、NHKニュースによれば、調査により約3割の地域で救急車の到着から除細動までに5分以上かかっている事が分かったそうです。心停止からではないですよ。日本では119番通報があってから救急隊が現場に到着するまで平均6分程度かかっています。

 ということは、、、、心停止してから11分以上かかっていると言う事です。1分で10%程度ですから、、、、、もう助かりません。

 ですので、急変があったら急変と認識し、直ちに119番通報しないと助けられる人も助けられません。また救急隊が来るまで何もしないとまた駄目です。大切な人を守るために講習を是非受けましょう。

 お近くの消防署や日赤病院、その他色々な所が行っています。


nice!(1)  コメント(8) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 8

yangt3

私の居住地は、やっと 市役所にも AED が設置されて
市職員全員が講習を順番に受けています.
地域全員が講習うけると素晴らしいことになりますね.
by yangt3 (2006-12-23 17:15) 

nicho

はじめまして。
最近偶然見つけてから時々覗かせて勉強させて頂いています。

「突然心停止した大人は」ということは、子供はそうではないと言う事ですか?興味深いです。子供の場合は何が多いのでしょうか?(最も突然の心停止自体の件数が大人よりもかなり低いでしょうが)
その違いの理由等は解明されているのですか?

質問攻めで申し訳ありません。気が向いたらお答え頂けるととても嬉しいです(^_^)

ちなみに、私は獣麻酔医(見込み?)なのですが(日本では獣麻酔医の専門医制度がまだ出来ておらず、現在米国で専門医取得に向けて勉強中です)動物ではあまり細動を見かけません(心室、心房問わず。といっても私はCardiology弱いので詳細は解りませんが‥勉強します ^_^;)。
ちょっと外れますが、犬(特に大型)や馬では房室ブロック(II度、II型)や洞性不整脈は良く見かけます。頻繁でなければ問題は全く無く正常範囲です。きっと人では結構な問題なのではと思いますが。
何が違うんでしょうか。こういう違いって面白いです。
by nicho (2006-12-25 04:50) 

Kim

nichoさん、コメントありがとうございます。獣医さんなんですね。私のブログを診て頂き感謝です。
 これからも獣麻酔医(こんな資格があるなんて知りませんでした)目差して頑張って下さいね!アメリカでの取得大変そうですが。昔「動物のお医者さん」という漫画を読んだ記憶がありますが、獣医さんは勉強する対象が広範囲で面白いなと思いました。

 質問の答え(簡単ですが)です。大人は心室細動が多いです。多くは心筋梗塞が原因です。心筋梗塞は動脈硬化が多いでしょうから、当然子供には少ないです。子供の場合には呼吸が止まって(例えば外傷等)心停止する事が多く、除細動が無効な場合が多いです。
 少ないですが、子供でももともと不整脈を持っている子がいて、突然心室細動で倒れる場合もあります。よって今のガイドラインでは、目の前で突然倒れた子供は不整脈が原因である事が多いでしょうから、大人と同じ様に対応するべしとなっています。呼吸が問題であれば突然倒れる事は少ないでしょう(しばらく心臓が動いているでしょうから)。
 房室ブロックは人間ではII度(突然脈が落ちるMobitzII型)とIII度は問題でペースメーカーを必要とします。
by Kim (2006-12-25 17:53) 

Kim

TOMOちゃんズさん、いつもありがとうございます。
近くの病院は職員全員に講習を受けさせているらしいです。すごいです。うちもそうしたいですが、、、、
by Kim (2006-12-26 20:36) 

youtyan

はじめまして
コメントをありがたくいただきました。
実はバッシングを受けて、へこんでいたところです。
もう、ブログやめようかな・・・?なんて考えていました。
またブログに挑戦してみます。
本当にありがとうございました。
by youtyan (2006-12-28 16:44) 

nicho

丁寧にお答え頂きありがとうございます。
なるほど、心筋梗塞となると大人に多いのは納得です。

人間ではII度の房室ブロックでもペースメーカーを使うのですね。きっと程度にも寄るのでしょうが。動物では基本的にペースメーカーはIII度のブロックが対象です。

ところで、「動物のお医者さん」は私も持っていましたよ。あの頃はお気に入りでした。確かに、獣医は人間以外の生き物を基本的に何でも受け入れなければならないので本当にかなり広範囲です。が、その分どうしても浅いです(涙)
by nicho (2006-12-28 17:34) 

Kim

youtyanさん、コメントありがとうございます。
私はたとえ一人でも見てくれる人がいるのならブログ続けるつもりでいます。しかし!毎日少なくとも30名の方が見てくれています。30倍頑張らなければ!!
youtyanさんのブログも必ず誰かが見てくれています。その人の命を救う事だってあるはずです。1行でも良いので続けて頂きたいと思います。
by Kim (2006-12-28 23:53) 

Kim

nichoさん、コメントありがとうございます。動物はII度にはペースメーカー使わないんですね。人間ではII度も今は大丈夫でも、危険な状態に陥る事があるので使います。スタンドバイペーシングと言うのもあります(スイッチは入れないで電極を貼っておきます)。
失礼に当たるかも知れませんが、獣医学と言うのは人間のためにあるもので、動物を軽視しているような所があると聞いた事があります。そういう違いがあるのかも知れませんね。どちらにしても色んな事を知るのは面白いです。これからも色々意見をお願いします。
by Kim (2006-12-28 23:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。