So-net無料ブログ作成

出張の時に患者さんの事が気になりますか? [医学関連]

 私は出張が多いです。医局秘書さんが私専用の出張書類を保管するファイルを作ってくれたぐらいです(^.^)。遊んでいる訳ではなく、病院の仕事と病院の所属する医療法人の仕事、そしてOff-the-Job trainingのためです。たまには学会にも行かせて頂きます。

 よって私は、今の病院で一番出張の多い医者です。例えば今週の予定です(別に知りたくないって?)。

 月曜日 喜界島にいました。
 火曜日 救急当番でした。救急車が5台来て、一人で対応したので大変でした。火曜日は研修医の先生達は色々でなかなか手伝ってもらえないのでした。1件CPAがあったのでそれは手伝ってもらいました。
 水曜日 午前中は外来、午後は医療講演。夜は当直でした。
 木曜日 午前中は救急当番でした。午後はある資格を取るための講習会に参加しました。
 金曜日 午前中は外来、午後は東北へ出張(学生さん向けの説明会のためです)。
 土曜日 OTJ training(と略すのが正しいかどうか分かりませんが)です。

 私も一応主治医として病棟の入院患者さんを担当させて頂いています。
 先日「先生は出張中患者さんの事心配じゃないのですか?」と言われました。たぶんですが、「患者さんをほっておいて何故そんなに出張へ行くんですか?」と言う事でしょう。そう言う人に限って、自分は平気で長期休暇を取ったりしますので気にしないのですが(^.^)。

 看護師さんはプライマリーナーシングと言っても分業制なので、夜呼ばれたりしませんからね。まあその看護師さんが悪い訳ではないと思いますので、その発言は良いのですが、、、要するに私は病院としてやらなければならない事をしているだけで、たぶん私が一番出張に行きやすいでしょう(救急なんて雑用ですから(^.^))から行っているのです。病院としてやらなければならないんだと言う事を、看護師さんに理解して頂いていない事が悪いのです。

 看護師さんの質問には「全然心配じゃないですよ。優秀な別の先生にお願いしていますから」と答えました。もちろん、主治医じゃない患者さんに対して、熱心に診療する医師は少ない事(こんな事書いていいのでしょうかね)は知っています。自分が逆の時もそうです。

 が、そう思っていないと出張には行けません。出張先からも患者さんの状態を聞くために病棟へ電話したり、状態変化があれば夜中でも連絡して欲しいと言う先生がいますが、聞いてどうするのでしょうか?すぐ帰ると言っても帰れないのですし、精神が動揺するだけです(患者さんが安定していると聞けば、安心できますが)。指示を電話で出す事は出来るでしょうが、本当にどういう状態かは、やはり自分で診察しないと分かりませんし、電話で指示できない事は残っている先生にお願いする訳で、その先生と微妙に治療方針が違っていたりすれば、困るのは看護師さんや患者さんですし、、、、、と言う訳で、私は出張に行っている間は患者さんの事は忘れる事にしています。普段でも家に帰ったらオンコールでない限りは、よほどの事がなければ病院の事は忘れるようにしています。

 私はまじめな医者じゃありません。みなさん、私が担当医にならないように注意して下さいね!

 皆さんはどうですか?

nice!(2)  コメント(18) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 18

OldDr

以前は主治医として、なにか変化があればいつでも連絡を受け対処する姿勢でしたが、年とともにいろいろな会議、出張が増え、無理になります。特に自分で診察をするのは不可能です。そのために、他の医師に任せる、チームプレイが必要となります。
昔はよく、他の科の当直医が行った(夜間休日の)医療について後からクレームをつけたりコメントしたりしましたが、今は全く言いません。心の中でも思わないことにしています。(つい言ってしまうから、です)
 患者さんも病気が治ればよいのであって、主治医がだれでも関係ない、としています。治らない病気が一番困りますが。
 教育関連のことをたくさん行って、大勢の医療者の技量を高めることは、結果として大勢の人を助けることにつながると思います。
 でも、割り切るまでには、いろいろ葛藤があると思います。難しい問題ですね。
by OldDr (2009-04-26 13:17) 

地方の研修委員長

以前は365日24時間オンコールで対応していましたが、先生もご存知の通り現在は内科医がいつでも院内にいる体制にして極力主治医が呼ばれない体制にしました。

理由は3つあります(Kimさんにならって)。
1.直接診療しないで伝聞のみで対処方法を指示した時に、必ずしも適切ではない指示になってしまった事があるため。
「呼吸状態が悪化」という報告にしても、電話の向こうの人が言っている事と、こちらが想像する事がずれている事を少なからず経験します。
2.休みの時は身体的な面だけでなく、精神的にもきちんと休む必要があるため。
電話の報告は決まって状態が悪化した時です。「状態が改善しました」という電話を受けた事はありません。このような出張先で受けても診に行く事は出来ない一方で、「大丈夫かな」と心配して寝付きが悪くなるだけです。
3.2番と関連しますが、チームで診療する体制が出来るとメンバー一人一人が疲れずにその地域で長く働く事が出来るようになるため。
スーパーマン的な人が1年頑張って燃え尽きるよりは、普通の人達が集って体制が末永く続く方が、その地域にとっては長い目で見たら貢献している事になるでしょう。

患者さんの事を考えて365日24時間オンコールは止めたという事です。
by 地方の研修委員長 (2009-04-26 15:48) 

Kim

oldDrさん、コメントありがとうございます。
確かに最初は患者さんにはりついてがんばるように研修をうけますもんね。割り切りは早いのでそれについては困った事はありません。


by Kim (2009-04-26 18:41) 

Kim

地方の研修委員長さん、いつもありがとうございます。
確かにスーパーマンだけではダメですね。先生の所は後輩が育っているから安心ですね!
ちなみに今は3つ以外に、1分で何でもまとめる練習をしています。


by Kim (2009-04-26 18:46) 

えみりん

芯のしっかりされたお医者様で一生涯の主治医になっていただけたら、安心ですね!
by えみりん (2009-04-26 20:28) 

shiraisi

自分の思っている事と、相手が考えている事は違いますからね…
ですが…Kimさんは、勉強などかなり意欲的に頑張っていると思います。

真面目じゃなくても良いと思います。(程度の問題だと思います)
ポーカーフェイスで、黙る時間が長い先生が苦手ですから。

by shiraisi (2009-04-26 21:46) 

andante

一人の人間に出来る事は限度がありますね。
入院患者さんがいるからと言って、院外に一歩も出られない生活は出来ないし、それを言うなら医師は、家にも帰れないじゃないでしょうか。
医師がまるっきり不在になる訳でもないし、仕事なら出張も研修もあると思います。人間は面白いもので、職場の恒例の一泊旅行の時も、自分達は忙しくて公休を取るのも困難だし、仕事で疲れているからなるべく近場をと言って後に引かなかった職員達が、有給を取って海外旅行に行く事になっているのには唖然としました。有給を取れるのに、公休日を入れるのが大変だと言う方が、余程理解に苦しみます。(面と向かっては、修羅場になりそうで怖くて言えないけど)(^-^)
人間は往々にして、自分に甘く他人に厳しい事が多いかもしれません。
by andante (2009-04-26 22:26) 

Kim

えみりんさん、コメントありがとうございます。

芯のしっかりした医者になれるように頑張ります!!

by Kim (2009-04-26 22:35) 

Kim

shiraisiさん、コメント&nice!ありがとうございます。

お褒め頂きありがとうございます。悪く言う人は気にせず、褒めてくれる人の言うことだけ聞いて頑張りますね!!

by Kim (2009-04-26 22:36) 

Kim

andanteさん、コメントありがとうございます。

確かに、仕事が忙しくて病院に来れないという人も多いですが、色々なものの発売開始に何時間も並ぶ人もいますよね。

同じ人ではないでしょうが、、、、ちなみに、看護師さんの言葉はこの記事の導入に用いているだけで、全く批難する気持ちはありません。

by Kim (2009-04-26 22:38) 

ミト

Kimさんのおっしゃっていることも、とてもよく理解できます。
それでも、
まじめな医者じゃない、担当医にならないように、
と言われてしまうと、
患者は誰を信用して医療を受けたらいいのでしょう。
医師と看護師とコメディカルと、チームで患者さんにとってより良い医療を提供していけるように考えていくのが、
医療従事者としての努めなんじゃないかと思います。
私は、大して力のない看護師ですが、
夜、呼ばれたりしなくても、
患者さんのこと、より良い看護を提供するために自分が出来ることは何かを、考えたりしています。
もちろん、Kimさんのように、勤務時間外は考えないことが、自分のため、今後より良い医療を提供するために必要なことであることはわかっています。
ドクターは本当に大変なお仕事であることも、よくわかりますので。
by ミト (2009-04-26 22:50) 

Kim

ミトさん、コメントありがとうございます。おっしゃる通りだと思います。文章表現のまずさのため、熱心な看護師さん達に不快な思いをさせてしまったかも知れません。すみません。

OTJ Trainingに参加されている看護師さんは、とても熱心な方が多く、いつもエネルギーをもらっています。また毎日患者さんの事を考えて頑張っている人たちも多い事は知っています。

看護師さんは夜呼ばれないから良いよね、、、、と本気で考えている訳でもありません。こいつ何言ってんだ!と怒らないために、夜呼ばれないような人に言われたくないよ!と自分に言い聞かせただけです。記事に書くべきではなかったかも知れません。記事は後で訂正しない事にしているので、、、、このコメントを読まれた方は、看護師さんの事については忘れて頂ければ幸いです。

また、最後の一分は冗談ですので気にしないで下さい(^o^)。

それから、勤務時間外に患者さんの事を考える事が悪い訳ではありません。私はOff-the-Job trainingの時にも患者さんの事を考えます。患者さんに役立つためにやっている訳ですし、新幹線に乗っていると今急に誰か倒れたらどうするかとか、やっぱりあの患者さん元気かな、、、おしっこ出るようになったかな、、、、とか思います。

が、出張に行っている時ぐらいは、、、、病院の事すっかり忘れた(忘れさせてあげる)方が良いんじゃないかな、、、、、と思います。

by Kim (2009-04-26 23:31) 

ヒロ

始めまして、離島僻地医療に来られる医療関係者には感謝しています。
それにしても出張が多いですね院長とか上層部の方は特にそう思います
失礼な事を聞きます、わたしなりに感じた事ですが僻地の患者は病院が選べず医者を疑いもなくすがっています、絶対的に信じています、年寄りは特にです、輸血もいちいち取り寄せないといけないし、時間がなくしっかり見れない、田舎の人は裁判もおこせないので、正直練習にもってこいで
そこそこ治療して手がかかる様な患者は見捨てるのではないかと思いました、私は今都会暮らしをしています、都会は病院、医者を選びます情報も手に入ります、優秀な先生ほど熱心で熱く紳士です、だめな医者ほどえらそうで上目線でプライドが高い印象を受けます
勝手な意見ですが経験者としてまた病院に関わりが多く最近では病院紹介、選定を頼まれたりします、先生方には感謝しております、
出来る範囲で教えて頂けますでしょうか
by ヒロ (2009-04-27 00:50) 

Kim

ヒロさん、コメントありがとうございます。

離島のご出身なのでしょうか?故郷の医療は気になりますよね。

まず僻地離島の医師は患者さんを練習台に、、、と思う事はまずないと思います。今の時代に僻地離島で医療に関わる人は比較的モチベーションが高いです。

それから、都会であっても患者さんを練習台に、、、、と思う人はほとんどいないはずです。

手がかかる患者さんというのは、具体的にどんなか分かりませんが、訴えの多い人と言う事であれば、僻地離島でこそゆっくり、じっくり話を聞いてあげられるのではないかと思います。
また難しい病気の患者さんという事であれば、田舎だからという事ではなく、そこにいる限られたスタッフの力ではどうしようもないので都会の病院へ行ってもらうしかない、、、、と言う事だと思います。これは個人、病院単位の力ではどうにもなりません。見捨てている訳では決してありません。

また、お知りになりたい事があれば、いつでも歓迎します。メールを下さっても良いですし、どの記事でも良いのでコメント頂ければお返事させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

by Kim (2009-04-27 01:26) 

ヒロ

早速のお返事有難う御座います、私は家族親戚友人と入院、手術に係わる事が多く沖縄、奄美、鹿児島、関西、東京で付き添ってきました
医者も人ですからそれぞれですよね、しかし中には許せない人も病院もあり怒りを覚える事も多々ありました、医療において素人の勘ぐりは多く
患者側ともめる事は多いと思います、
結果はともかく説明が大事です、医者、看護師不足の中ギリギリの人数で頑張っておられ、時間を割くの大変だと思いますが、定期的な説明が必要かと思います
失礼な質問に答えて頂き有難う御座います。
by ヒロ (2009-04-27 22:22) 

Kim

ヒロさん、コメントありがとうございます。

確かに説明重要です。忙しいからこそ説明を、、、、と思いますがなかなか難しいです。

by Kim (2009-04-27 22:28) 

andante

一昔前、家族がかかっていた病院のDrは、とても気難しい先生で検査結果を気軽に聞くなんて事は論外で、慎重に言葉を選んで話さなければ状態でした。病院なんてこんなものかなと思っていたものでした。
所がいざ自分で病気になっても、私はラッキーな事に、医師としても人間としてもとても素晴らしい方々に出会うことが出来ました。
自分の命を預ける場所です。信頼関係が一番大切です。ある意味、宝くじに当たるようなものだと思いました。



by andante (2009-04-28 00:50) 

Kim

andanteさん、コメントありがとうございます。

確かに宝くじみたいな物ですね。お医者さんも人間なので、機嫌の良い時悪い時があります。ある患者さんには最低の医者でも、別の人には最高の医者だったりもします。

常に受診して良かった!と思って頂けるよう努力するしかないですね。

by Kim (2009-04-28 08:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。