So-net無料ブログ作成

心肺蘇生とメイロン [CPRの基礎]

 メイロンと言う薬があります。心肺蘇生で必ず議論を巻き起こす不思議な薬です。これを投与する医師は多いのですが、ほとんど全てのガイドラインにおいて、投与が勧められていません。逆に投与すべきでないとされています。なのに好きな人が多いです。

 心肺停止の現場に行ってみると、、、、メイロン全開で!!と言っている先生が結構います。その横で、メイロンは使うべきでないとつぶやく私のような者もいます(^.^)。

 今回はこのメイロンについて考えてみましょう。

 メイロンは、アルカリ化剤です。NaHCO3(重炭酸ナトリウム)と言う薬品を溶かしてあります。ただそれだけの薬です。

 人間の体は、何か重大な事が起こると酸性に傾きます(これをアシドーシスacidosisと呼びます)。acidとは酸と言う意味です。

 よって、アシドーシスを見つけるとそれを治そうとする気持ちが治療者には出てきます。その時に使えるほぼ唯一の薬がメイロンです。しかし、これを投与したからと言って患者さんが助かると言う証拠はほとんどありません。それが多くのガイドラインで投与を勧めていない理由の一つです。

 酸性になったのは結果であって、それだけ治しても無駄であると言う事です。テストで0点を取った答案用紙を捨てたりしても、またテストがあればやっぱり0点、、、、、と言うのと一緒です。

 体血管抵抗を減少させ、冠潅流圧を低下させる。
 細胞外アルカローシスを引き起こす。
 高ナトリウム血症を引き起こす。
 細胞内アシドーシスを引き起こす。
 中心静脈のアシドーシスを悪化させる。
(AHA心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2005、P.108、中山書店より)

 その他新生児では脳出血の危険性があるそうです。何回かに分けて解説しましょう。今回は高ナトリウム血症についてです。

 メイロンはNaHCO3を1mEq/mlの溶液にしています。点滴は1本200mlで、これを全部!と言う先生が良くいますが、と言う事は、ナトリウムも200mEq入れています。ナトリウムは1日1mEq/kg位入れれば良いと言われていますので、メイロンの治療だけで1日必要量の2倍以上を入れてしまいます。

 心臓が悪い人にはナトリウムの制限をしますが、メイロンの投与によって意味がなくなってしまいます。こう言った事を知った上で、それでも投与しなければ!と思った時にのみ投与しましょう。


nice!(5)  コメント(30) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 30

Hirosuke

患者側から
「メイロンを投与しないでください」
と言ってもいいんですよね?

恐らくは意識不明でしょうけれど。

by Hirosuke (2009-06-04 23:05) 

Kim

Hirosukeさん、コメント&nice!ありがとうございます。

患者さんには治療について意見を述べる権利がありますので、もちろん投与しないで下さい!と言う権利があります。

個人的には、メイロンを投与すべき状態はほとんどないと思います。確かに本人は意識はありませんが、、、

by Kim (2009-06-05 00:23) 

nozaharu

>酸性になったのは結果であって、それだけ治しても無駄であると言う事です。テストで0点を取った答案用紙を捨てたりしても、またテストがあればやっぱり0点、、、、、と言うのと一緒です。

→これ、使わせていただきます!例えとしてわかりやすいし説得力があります!(^^)/

by nozaharu (2009-06-05 08:55) 

Kim

nozaharuさん、コメントありがとうございます。

大した例えではありませんので、どんどん使って下さい。

今熊本に来ています。名古屋の手羽先の店があってびっくりです。

by Kim (2009-06-05 14:47) 

クラブナビ

近所の○ブ医者さんもこれ大好きです
めまいの特効薬だ~!と、二本打たれたこともあります。

「あの…大学病院では打たれなかっのですが・・・」
と恐る恐る言ってみると

おぉ?打たなかっただと~?
と小ばかにします。

そんなヤ○医者さんが、僕は好きです。
by クラブナビ (2009-06-07 18:51) 

Kim

クラブナビさん、コメントありがとうございます。

もちろん認められた薬なので、効果のある場合もあります。心肺蘇生でもカリウムが高い場合などは有効です。

何でもかんでもまとめてやっちゃえ!と言う態度が良くないと言う訳です。

めまいにメイロンは私もやります。エビデンスがあるかどうか今度調べてみたいと思います。

by Kim (2009-06-07 21:49) 

通りすがり

高K血症はいかがですか?
by 通りすがり (2010-06-30 21:46) 

Kim

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

高K血症は良い適応ですよ。確かクラスIだったかと。ただし心肺停止になった後に高K血症となった場合にはどうなんでしょうかね、、、、

本には既知の高カリウム血症とあるようです。

by Kim (2010-07-01 00:24) 

サチだよ

めまいにメイロンは効果ありますか?
by サチだよ (2011-03-11 21:15) 

Kim

サチだよさん、コメントありがとうございます。

専門でないので詳しくはないですが、効果あると思いますよ。

調べてみますね。

by Kim (2011-03-11 21:27) 

Kim

こちらに、血流を増やす作用があると書かれています。

http://www15.ocn.ne.jp/~yama-cli/newp11.html

by Kim (2011-03-11 21:30) 

Keiko

質問です。TLA法で7%重炭酸ナトリウムを混ぜて使用するのは何故ですか?
by Keiko (2011-10-08 18:26) 

Kim

Keikoさん、コメントありがとうございます。

TLA法と言うのは知りませんでした。低濃度大量浸潤麻酔と言うのの略なんですね。勉強になります。

以下にpHを中和すると痛みが少ないとありますね。へえ〜でした。

http://twilog.org/Oriental_pharm/date-110107


by Kim (2011-10-08 19:23) 

Keiko

返信ありがとうございます。
疑問に思っていたことがだいぶすっきりしました。
今、手術室で勤務させていただいているため、心配蘇生についての
疑問よりはこのような内容の質問になってしまいました。
すみません。でもしかし、、、なるほどです。。。
前は循環器で働いていましたが、そうです、確かに、PHを見て、
Drがメイロンをよく使用していた気がします。ネットがなくて、すぐに調べられずにとんとんと、過ぎていってしまいましたが、今分かりました。
ありがとうございます。
by Keiko (2011-10-09 09:31) 

Kim

Keikoさん、コメントありがとうございます。

基本は自分の覚え書きですが、一般の方にも医療関係の方にも興味を持ってもらえればと思っていますので、何でも大丈夫です。が、何でも知っているわけではないので,答えには限界がありますが、、、、

メイロンは循環器の先生は好きですよね。それはそれで否定しません。ただ、pHを測定してメイロンを調節する方法には限界があります。なぜなら心肺停止中の血液ガスデータはあてになりません。また、メイロンを入れたからと言って劇的に改善した患者さんを知りません(経験不足なだけかも知れませんが)。私は外科医なので,心臓以外に原因があって心臓が止まる人が多いからだと思いますが、、、、循環器の学会であるAHAがメイロンは有用でない事が多いと言っているんですから、、、、是非メイロン好きな先生はAHAで有用性を発表して欲しいです。

それから、同じ量のナトリウムが負荷される(メイロン8.4%は1ml中にNaとHCO3が1mEqずつ入っています)ことを知らない?人が多すぎると思います。生食を流していると怒るのに、メイロンを半分(125ml)と言う循環器の先生がいたんですが、生食1本でも77mEqしか入りませんが、、、、、何故怒る?と思います。

by Kim (2011-10-09 10:19) 

Keiko

生食を流して怒るのは意味が分かりませんね。むしろながしていいような気もしますが。。いや、知識不足の私は何も言えませんが。。。

すみません、後者の負荷についてはこの頭では難しすぎて理解しがたいですが、(すみません)メイロンって不思議というか、変な薬剤ですね。。。
では、アシドーシスに傾いた場合、メイロンではなく何を使用するのがいいのでしょうか?

あと、AHAの循環器学会にはとても興味があります。
もし機会があれば学会や講義には参加したいと思っていますが、ナースという立場では無理でしょうね、きっと。(学習したいという意欲だけはあるのですすが。。。)


by Keiko (2011-10-09 17:40) 

Kim

Keikoさん、コメントありがとうございます。

メイロンを入れると一緒にナトリウムが入ると言う事です。例えば計算してメイロンを100mEq入れるとします(最近のガイドラインでは入れるとしても、とりあえず50ぐらいにしてまた考えるとなっていますが)。するとNaも一緒に100mEq入ります。

人間はナトリウムが1-2mEq/kg/日あれば良いと言われています。つまりメイロンを入れただけで1日分の塩を入れてしまうと言う事です。心臓が悪い人にこれはまずいですよね。生理食塩水はNaが154mEq/L入った溶液です。1本普通500mlなので、半分の77mEqが入ってしまいます。もし生理食塩水を1本全部入れたとしてもメイロンにより入るNaより少ないです。

by Kim (2011-10-09 18:03) 

Keiko

ではでは、メイロンではなく何を使用すればbestな対応ですか?
by Keiko (2011-10-10 16:26) 

Kim

Keikoさん、コメントありがとうございます。

最近の記事で書いていますのでご覧下さい。順次お知らせしています。現在は吸入が良いようです。

by Kim (2011-10-10 21:02) 

ひろ

めまいにめいろんはききますめまいもちより
by ひろ (2012-02-11 21:49) 

Kim

ひろさん、コメントありがとうございます。

めまいに対する効能についてはここでは述べていません。心肺蘇生の時の使用についてです。めまいに対して使う事に反対している訳ではありません。

by Kim (2012-02-12 06:13) 

ひろ

つくばだいの耳鼻科でも石がめいろんはうたないといつてました
by ひろ (2012-02-13 21:02) 

ひろ

メイロンうつテルけど血圧あがりませんよ
by ひろ (2012-02-14 17:01) 

Kim

ひろさん、コメントありがとうございます。

耳鼻科でも使わないんですね。確かに劇的に聞くかどうかよく分かりません。

血圧は上がらないと思います。

by Kim (2012-02-17 14:32) 

ひろ

メイロン毎日はこわいですか
by ひろ (2012-03-02 17:08) 

Kim

ヒロさん、コメントありがとうございます。

私のブログは救急に関することを載せています。毎日使われるのは、耳鼻科関係でしょうか。それについて意見を述べる資格は私にはありません。が、元気な人ならメイロンを毎日使っても良いと思います。

有効かどうかは耳鼻科の先生に聞いてくださいね。

by Kim (2012-03-04 11:06) 

ドゥン

心肺蘇生時にメイロンを入れるのはアシドーシスを治すことが目的なのではなくて、アシドーシスによってボスミンの効果が下がるのを防ぐためでは?と思ったのですがどうなんでしょうか?
by ドゥン (2012-12-28 13:42) 

Kim

ドゥンさん、コメントありがとうございます。

貴重なご意見ありがとうございます。それについてはAHAのガイドラインに書かれています。
It produces excess CO2, which freely diffuses into myocardial and cerebral cells and may paradoxically contribute to intracellular acidosis. It can exacerbate central venous acidosis and may inactivate simultaneously administered catecholamines.
それ(はメイロンのことです)は過剰な二酸化炭素を産生し、その二酸化炭素は自由に心筋や脳の細胞に入るため、細胞内は逆にアシドーシスになるかも知れない。よって中心静脈のアシドーシスを悪化させる可能性があり、同時に投与されるカテコラミンの作用を弱くするかも知れない。

http://circ.ahajournals.org/content/122/18_suppl_3/S729.full#sec-25

メイロンは単純にアルカリだけを含むのではなく、アルカリと酸を含んでいます(がアルカリの方が多いんでしょう)。その酸が先に細胞内に入れるらしいです。

どちらにしても、使ったために患者さんがたくさん助かったという証拠がないので、使うべきではないと言うことなんでしょうね。

by Kim (2012-12-28 16:40) 

もみじ

メイロンを250ml点滴で入れて、2時間半後にまた250mlを追加で入れた事例を知っているんですが(84歳、43kgの患者に)それって信じられないことですか?すでにソリューゲン1000ml、生食などで20g位の塩分が入った後でのことです。
by もみじ (2012-12-31 15:27) 

Kim

もみじさん、コメントありがとうございます。

そうですね。生食などで20g塩分が入った後、、、、、1g17mEqですので、340mEqですね。そしてメイロンを500mlと言うことは、ナトリウムが500mEqです。840mEqは10日分ぐらいです。

信じられないというか、そういう事現場で良くあるのですが、そのことを主治医の先生が意識をされているかどうかです。意識されていれば問題ないと思います。すぐ透析をするとか、あるいは激しくナトリウムが足りなかったからとか、、、、、

意識していない先生が多いです。10日分のものを数時間で入れると言うことが体に良いとは素人でも思わないと思います。

by Kim (2013-01-01 09:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。