So-net無料ブログ作成
検索選択

股関節は外れないように出来ています [整形外科研修]

 知っている人にとっては、何だこんな事も知らなかったのか、、、、と言うシリーズですが。

 骨盤骨折の時に下肢の牽引が必要な理由

 股関節の脱臼が少ない理由

 ご存知でしたか?? 股関節は各種の筋肉で外れないように固定されています。もし、骨盤骨折があり、大腿骨頭を支える寛骨臼に骨折がかかっていると、大腿骨頭が骨盤内へ侵入する可能性があります。

 よって下肢を引っ張る事でそうなる事を予防しています。

 股関節はかなり自由度が高いです。屈曲・伸展、内旋・外旋、内転・外転が可能です。よって、外れやすいと思われますが、上記のようにあらゆる方向から外れないように筋肉が引っ張っているため外れにくくなっています。肩関節も同じなのですが、受け皿が小さいために最も外れやすいです。

 股関節の脱臼は、大腿骨頭置換術を行った人が股関節を内転、内旋すると起こりやすいです。いや〜ンと言う感じで両足を近づけるような動作ですね。

 知らなかった、、、、


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 6

shiraisi

病気のせいだと思いますが、角度によって股関節が外れそうになります。
特に、あぐらかいた時に、脚を組み換えようとして、無理に股関節を曲げたりすると外れそうになります。
実は、この症状、小学生時代から出てます。
by shiraisi (2009-12-03 16:16) 

Kim

shiraisiさん、コメント&nice!ありがとうございます。

あぐらはあまりかかないほうが良いのかも知れませんね。

by Kim (2009-12-03 16:29) 

tm

赤ん坊は股関節が外れやすいので、おむつ替えの時などに引っ張らないように、と両親学級で教わりました。一方、腕の方はそういう心配はないようでした。服を着せるときに、腕はかなり無理に曲げさせる必要があることもありますが、特に注意は受けませんでした。

大人になると変わるんですね。
by tm (2009-12-03 23:52) 

Kim

tmさん、コメントありがとうございます。

子供の股関節は外れやすいみたいですね。股関節脱臼の予防に足を伸ばして内旋する事を防ぐ(大股開きみたいにする)のが良いようです。

by Kim (2009-12-04 08:17) 

T-CHIRO

股関節の脱臼はかなり大きな外傷以外で脱臼することはおそらくないですよね。我々の世界で吃驚するのは人間の筋肉の収縮力で、かなり華奢な女性でも筋肉を押してるときに力入れられてしまうと指が捻挫します。しかし股関節が脱臼や骨盤骨折のするくらいの力が加わるのは考えただけで恐ろしいです。
by T-CHIRO (2009-12-05 09:40) 

Kim

T-CHIROさん、コメント&nice!ありがとうございます。

確かに人間の力はすごいですよね。ちっちゃなおばあちゃんでも暴れると抑えるのが大変です。

骨盤骨折は激しいエネルギーが加わらないと起こりません。骨盤骨折は怖いです。研修医の先生が先日あまり重篤感を持っていなかったので、骨盤が折れるという事だけで重症患者さんと考えましょう!とお話しましたが、分かってくれたかどうか、、、、

by Kim (2009-12-05 10:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。