So-net無料ブログ作成

上肢の手術でも肺塞栓が起こりえます(肺塞栓その4) [整形外科研修]

 肺塞栓は上肢の手術では起こらないのでは、、、、と思いますよね。

 事実、1990年から2001年に報告された整形外科手術後の症候性肺塞栓血栓症125例の調査では、上肢の手術が原因の物はなかったそうです。よって2004年に出版された「肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症(静脈血栓塞栓症)予防ガイドライン(第1版)(メディカルフロントインターナショナルリミテッド)」では低リスクと考えられており、特別な予防対策は必要ないとされていました。

 しかし、2002年以降に上肢の手術後に発生した肺塞栓症が6例報告されているそうです。そのうち1人は死亡されています。

 死亡された1例を含む3例は下肢深部静脈血栓が確認されていますが、残りの3名は不明であり、上肢からの血栓が原因の可能性も否定できません。

 よって、新しいガイドラインでは、上肢の手術でも注意が必要であると記載されています。

  すべての手術において中リスクと考えて対処すべきかなと思います。

参考文献
 日本整形外科学会静脈血栓塞栓症予防ガイドライン(南江堂)P.27-28
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 6

さうざんバー

肺塞栓は、本当に怖いですね(--;)
帝王切開後の術後は、よくドクターが、訪室時手足を動かすように指示していました。
そうすると、少しはリスクが下がるのでしょうね。
年齢は関係ないとも聞きますが、原因不明はどうしようも無いですね(--;)
by さうざんバー (2009-12-29 10:19) 

Kim

さうざんバーさん、コメント&nie!ありがとうございます。

突然起こりますので、訴訟にもなりやすいです。気をつけないといけません。

by Kim (2009-12-29 11:03) 

yangt3

上肢からの末梢ラインは日常的な業務ですし
静脈炎も起こりえるので、手術以外でも
気をつけなければいけませんね.
by yangt3 (2009-12-29 11:30) 

Kim

yangt3さん、コメント&nice!ありがとうございます。

確かに静脈に点滴しますから、それでも起こりやすいでしょうね。

気を付けましょう!

by Kim (2009-12-29 11:55) 

ri

悩んでることがあるのですが・・・肺か肋骨らへんが痛く肋骨を左と比べてみると真ん中の部分が骨自体、中に入り込んでる感じがするのですがこれってなんですか???
by ri (2012-01-05 12:02) 

Kim

riさん、コメントありがとうございます。

心配ですよね。モンドール病という病気かなと少し思いましたが、やはり診察しないと分かりません。専門医の受診をお勧めします。

病院は敷居の高いところかも知れませんが、行ってみると意外に良いところ?ですよ。是非受診をしてみましょう。整形外科がいいと思います。

by Kim (2012-01-05 16:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。