So-net無料ブログ作成

破傷風を発症しやすい傷と言うのは存在するか? [研修医教育]

 破傷風(はしょうふう)と言う病気をご存知でしょうか?英語ではtetanusと言い、破傷風菌と言う細菌が原因です。この細菌が作り出す毒素が人間に悪さをします。死亡率の非常に高い病気であり、死ななかったとしても長期間の人工呼吸が必要となり、大変な思いをします(意識障害はきません)。発症しないように予防注射をすべきとされています。

 予防注射は数千円ですみますが、発症すると何百万円も治療費がかかります。

 日本では毎年100名前後の方が発症し、5-7名程度が亡くなっています。これは欧米諸国からすれば非常に多く、破傷風に対する予防医療が未熟である事の証明です。アメリカでは約半分の頻度です。

 この病気は人から人にうつる病気ではないため、日本では子供の時だけで予防注射は終わりです。子供への破傷風の予防注射も1969年から始まっており、それ以前に生まれた多くの人が予防注射を受けていないと思います。1969年以降生まれの人でも、20歳ぐらいの時から5-10年おきに予防注射をしておくべきです。

 多くの日本人は破傷風の予防注射を受ける機会があるのにも関わらず、受けていない人が多いです。場合によっては医療従事者の不勉強により受ける機会を失っています。

 そこで出てくるのが、tetanus prone woundと言う言葉です。日本語では「破傷風になりやすい傷」と言う風に呼ばれています。けがをした場合、破傷風になりやすい傷でなければ予防注射は必要ないと言うのです。

 前置きが長かったですが、今回はこの事について考えましょう。

 アメリカのガイドラインには以下の様に書かれています。

・きれいな傷(clean minor wound)
 過去の破傷風予防注射の回数が
3回未満あるいは不明  破傷風トキソイド投与のみ
3回以上  最終投与から10年以上たっていれば破傷風トキソイドのみ投与
      10年経っていなければ経過観察

・きれいな傷でない場合(all other wounds)
 過去の破傷風予防注射の回数が
3回未満あるいは不明  破傷風トキソイドと免疫グロブリンを投与
3回以上  最終投与から5年以上たっていれば破傷風トキソイドのみ投与
      5年以上たっていなければ経過観察

 勘違いしている人が多いのですが、このガイドラインでは、全ての人が破傷風予防注射を受けているべきであると訴えているのです。3回うっていなければうつべし(最初は3回うたないとあまり意味ありません)です。傷の状態とは関係ありません。可能であればけがをしていない人にも同じ対応をすべきです。
 そして、破傷風に対する免疫グロブリンをうつかどうかを、破傷風になりやすい傷かどうかで決めています。これはアメリカのガイドラインであり、アメリカは医療費が非常に高く、全員に免疫グロブリンをうっていたら大変だと言う事でこうなっています(たぶん)。

 また、「All other wounds」の定義は「Such as, but not limited to, wounds contaminated with dirt, feces, soil, and saliva; puncture wounds, avulsions and wounds resulting from missiles, crushing, burns, and frostbite.」となっています。日本語にすれば、「汚いもの、糞便、土、唾液で汚染された創、刺創、裂創、飛び道具による創、粉砕された創、熱傷、凍傷などであるが、これらに限らない」となります。重要なのは、「tetanus prone wound」と言う言葉が出てこないと言う事です。

 破傷風にかかった患者さん455人のある統計では、29人(6.4%)が傷がなく、83人(18.2%)がかすり傷程度、118人(25.9%)が刺創(木片、釘、竹など)で約半分の50.5%となります。
 また、虫垂炎、内痔核、帝王切開、腹膜炎等の手術後に発生したと言う報告、鶏に額をつつかれて発症したと言う例もあるそうです。

 世界中の様々な場所の土を取ってきて乾燥させ、マウスに注射すると言う実験をすると、総合して50%程度で破傷風を発症するそうです。家畜などの糞が多く含まれる土壌に破傷風菌が多いと言われていますが、最近の家畜はきれいな食べ物を食べているので、それほど多くはないそうです。
 また、イギリスの病院の手術室の空気からも検出されているそうです。

 つまり我々の周囲に破傷風菌は普通にいると言う訳です。気付かないような傷でも破傷風菌が体内に侵入する危険が常にあると言う事です。

 この事を忘れず、外来の患者さんには破傷風予防注射を勧め、免疫グロブリンを投与する必要がないぐらいに普及させると言う事も重要でしょう。

 最後に引用です。

「手術室で消毒した皮膚に、滅菌されたメスで加えた切開創以外の傷は全て破傷風の原因になりうる」(破傷風、第2版、海老沢功著、P.137、医学書院)

 破傷風菌については後日記事を、、、、

nice!(5)  コメント(105) 
共通テーマ:学問

nice! 5

コメント 105

コメントの受付は締め切りました
じゅり

先生…こんにちわ。
あたし、飼ってた犬に噛まれて、破傷風の注射したことあるねん(笑)
毎日、散歩に行ってエサあげて…スッゴく可愛がってたけど、噛まれた(笑)
定期的にする注射なんやね?
by じゅり (2010-01-18 14:01) 

はるかけこ

子供に破傷風の予防接種を四回打ちました。
子供は感染しやすいかなって思ってました。
大人の私はいつ打ったか分からないから私の方が危険なんですね!ビックリ[exclamation×2]しました。気を付けます。

先生のブログは何か質問してもいいのですか?

昔の毎水のキムキム先生の例題勉強会思い出します。まだファイルに残っててたまにですけど勉強してます。
by はるかけこ (2010-01-18 19:55) 

さうざんバー

破傷風、怖いのは知っていますが、発症が怖いと思っていましたが、感染予防について、いかに無知かを知りました(--;)
海外旅行に行くときは予防注射を打った方が良いとされていますが、国内でも多くあるのがよく分かりました。
スタンダート・アプリコーションの徹底で、気をつけます(^^)
by さうざんバー (2010-01-18 20:36) 

Kim

じゅりさん、コメントありがとうございます。

破傷風トキソイドは定期的にしなければなりません。10年に1回(20歳、30歳、、、)が良いでしょうね。アメリカでは空港などでも打てるようになっていると聞いています。

日本もそれぐらい打つべきと思いますが、、、、ちなみに私の出身大学の教授は破傷風の予防注射を広めただけ?で賞をもらっていました。

by Kim (2010-01-18 21:34) 

Kim

はるかけこさん、コメントありがとうございます。

子供は4回だったかもしれません。ちゃんと子供にうってあげているのは素晴らしいですね。

お母さんも是非打って下さい。最初は3回です。

勉強会、そう言えばやっていましたね。資料を取っていて下さっているのは感激です。冗談のコーナーも入れていて、そっちに時間をかけて作ったりしていました。

医師の知識や腕と同時に、ギャグのセンスも進歩していたら、、、、と思います(^.^)。

質問は何でもどうぞ。分かる範囲でしかありませんが、お答えしますがよ〜。

by Kim (2010-01-18 21:38) 

Kim

さうざんバーさん、コメント&nice!ありがとうございます。

破傷風の予防については、スタンダードプリコーションと同じですね。後者は日本にもかなり浸透してきたのに、何故予防注射は同じレベルでないのか不思議に思います。

はしかも日本は輸出国だと言う話がありましたね。

by Kim (2010-01-18 21:40) 

Kim

以下によれば、お子さんはDPTなどは4回ですね。ジフテリアと百日咳と破傷風を一緒にうちます。

http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule/Imm09-00JP.gif

by Kim (2010-01-18 22:03) 

マサコ

先日釘を踏み抜きました。
夜だったので緊急外来に行ったら「○○さんの言う破傷風症状が出たらすぐ来て下さい」「あの、症状が出たら半分死んでいるような物では?」「そうですねー(笑)」
3種混合受けてないと言うことも言いましたが、まあこの病気は昔の物何で気にすることはないと言われました。
素人の何が正しいのか分かりませんが、
http://merckmanual.jp/mmpej/sec14/ch178/ch178i.html#CACGAEGD
を読んでやっぱりおかしいと思いましたが・・・医院がこの状況ではどうすればいいのか分かりません。
正しい治療って何ですか?私は受診の時に少しでも羅漢の危険性を引くするためにトキソイド注を強く要求すべきだったのでしょうか?

医師は信用できません・・・

by マサコ (2010-09-12 02:37) 

Kim

マサコさん、コメントありがとうございます。

おっしゃる通りの状況であれば、そのお医者さんは破傷風に対して不勉強ですね。昔の病気という事は全くないです。たぶん、その先生は経験がないのでしょう。

私も別の病気では同じような事をしているかも知れません。注意しなきゃ。

翌朝で良いので、別の先生にかかるか、別の病院を受診しましょう。

by Kim (2010-09-12 07:31) 

マサコ

お返事ありがとうございます。
当日緊急担当医が経験が少ないと言うことは、見た目で分かりました。
20代後半、昔で言うならレジデントと言うのが妥当かと思います。
しかし緊急外来を置いている第三次救急ですら、トリアージの段階でこの判断ですので、やはり医療の将来に不安を抱かずには居られません。
私もこのような場合完璧な医療判断は期待できないと考えていますが、ではなぜ、オーベンを呼んででも最善を尽くすと言う事をしない、してはまずいと言う体勢には疑問が残ります。
スクリーニングをきちんとしなければ単なる感冒と同じ扱いを受けてしまいます。

確かに破トキ、TIG適応はは研修医には判断が難しいかも知れません。
そして、破傷風の症状を、これは完全には記録していませんが「意識のあるまま全身硬直して死ぬんだよー(笑)」と言っていたのも忘れがたい事です。

少なくとも、webmaster様の現場ではより良い判断、日々厳しい診断を余儀なくされていることだと思います。

今回は死して屍拾うもの無し、全くその通りだと感じた一件でした。
医師ではありませんが、私も医療関係者です。
しかしながらこのような場合の不本意ながら万が一の医療訴訟を考えてしまいます。

何故人の死をの可能性を笑うのか、それが一番気がかりでした。
年間感染100件以下ならそれは笑いの対象なのかと、自身の研修時代を思い返し、それは無いだろうと思いますした。
彼も将来は一人前の医師になることを願います。

本当は嫌なのですが面倒なので職場でTD,TIGを受けました。
by マサコ (2010-09-13 01:20) 

Kim

マサコさん、コメントありがとうございます。

一人の医師によって医師全てが信頼を失うというのはとても残念ですが、担当された先生は知識以前に態度教育がなっていないようですね。

患者さんの前で「意識のあるまま全身硬直して死ぬんだよー(笑)」と言うのは常識(医者のです)としてありえないのですが、、、、あったとしたらその先生は医師としての教育(と言うか普通の社会人としての常識ですね)がなっていません。死ぬことを知っていたらなぜ予防注射しないんでしょうかね。理解に苦しみます。

こういう先生は上司に相談するという気持ちはないでしょうね。体制がなっていないのではなく、相談する必要性を感じていなかった、あるいは感じてもプライドのため相談できないのではないでしょうか。

多くの医師はもっと良い医師ですし、医療の詳細も大丈夫です。

by Kim (2010-09-13 06:57) 

み。

ケガから24時間経過して、トキソイド接種でも大丈夫でしょうか?
破傷風には絶対になりたくありません
回答よろしくお願いします。


by み。 (2012-11-24 22:08) 

Kim

み。さん、コメントありがとうございます。

怪我をしてから24時間たったら大丈夫かと言われると、、、、、、難しいです。

基本は全ての国民は破傷風に対する免疫(抵抗力)を持つべきと言うことで、怪我をしていない時に予防注射をしておくべきです。そうすれば、破傷風の心配はほぼゼロです。

トキソイドを打ってすぐに抗体価(抵抗力の強さですね)が症状するのは、予防注射がされている人です。されていない人は、トキソイドだけでは抗体価が上がりません。よって血液製剤である抗破傷風抗体が必要です。

が、破傷風になる人は年間100人いるかいないかで、1億分の100と考えても、100万人に一人、私が以前住んでいた人口10万人の地方都市では10年に一人と言うことです(が年に一人ぐらいいたようです)。そこまで心配する必要もないかも知れませんが、、、、、、

怪我をしていない時に是非予防注射をお願いします!

by Kim (2012-11-24 23:45) 

み。

早速のお返事ありがとうございます。

私は1968年生まれなので乳児の時に三種混合を受けているようです。
(親に聞いたら予防接種は全部受けていると言っていたので)
小6か中1の頃にも学校で集団接種をしているかも?

破傷風菌に感染した恐れがあるかどうかは正直わからないですが...
私が破傷風になったら怖いと言う事で、
今回、怪我をした時にトキソイドをしました。

帰宅時に病院から貰った、『トキソイドを接種した皆様へ』と書かれた用紙を読むと、・口を開けるのが困難な状態になったらスグに来るように。
と書かれてて...>
読むと、ゾッ....っとします。
怖いので、日に何度も口を開け閉めしていたら、
元々悪かった左顎の関節が痛くなってくるしまつ...

2回目と3回目の接種までしないでも良いのでは。
と病院で言われましたが、2回目も3回目も接種した方が
良いのでしょうか?
心配症なので色々なサイトで色々な物を見てホッとしたりゾッ...としたり...

ご回答よろしくお願いします。
by み。 (2012-11-26 22:41) 

み。

追記 質問です。

血液検査で抗体を調べる事はできますか?

よろしくお願いします。
by み。 (2012-11-26 22:49) 

Kim

み。さん、仰るとおり、心配でしたら、血液中の抗体を調べるのが良いでしょうね。

血液検査はありますが、結構お値段がするかも知れません。

破傷風の予防注射は過剰になっても問題はありませんから、ご心配なら2回目と3回目もされるのが良いと思います。

破傷風について、これほどご心配していただけるのは逆に嬉しく思います。

by Kim (2012-11-27 08:47) 

キムラ

先生はじめまして。困っています。11/9に土作りしたあとから、治ったと思っていた右拇指のバラの棘の刺し傷が痛みはじめ、11/14には化膿し痛みもあったため、近くの形成外科医にて排膿処置を受けて、痛かったら来なさい。ということで11/21痛みもあり、また赤くなってきていたので心配で受診しました。そしたら麻酔切開し1針縫合処置、11/28抜糸。この先生はバラの棘を探している感じです。私は棘はもうないと思っています。11/30なんとなく右肩のこり、だるさがあり、12/1右手に痙攣1回、右足底もひきつり、短時間で治まりました。どちらも冷えていたせいかと思いますが、どこか受診すべきか迷っています。岡山県でお勧めの医療機関を教えていただけたら幸いです。6年前にEM菌を扱っていて、やはりバラの棘刺し傷より侵入したらしく相当の苦しみを受けました。結局破傷風トキソイドを接種(3回)してもらい症状も治まりました。当時訴えるも信じてもらえず苦しかったです。接種から6年経っています。57才。

by キムラ (2012-12-02 09:37) 

Kim

キムラさん、コメントありがとうございます。ご心配ですね。

破傷風の予防注射は人に寄りますが10年ぐらいは大丈夫らしいですから、破傷風の心配はないでしょう。

でも心配でしたら、総合病院を受診されることをお勧めしますが、詳しくないのでどこが良いのかは、、、、すみません。どこでも良いので大きな病院を受診し、心配なことの内容をお伝えいただければ、しかるべき医師が担当してくれるはずです。

by Kim (2012-12-02 15:56) 

キムラ

追加です。
創傷部は1針抜糸後でちょっとめくれたようになっていて、、皮下に硬く触れる部分があります。先生、上記マサコさんのコメントのリンク部分を読むと怖いです。私の創傷部分は洗浄されていませんから、そこで増殖でもしてたら、、、明日適切な処置をしてくれる医療機関を受診できたらよいのですが、

12/1に相談したK市の保健師さんは「岡山県の予防接種センターに電話で聞いてみたら、」と言ってはくれましたが、

今、右上肢、右下肢が重だるいです。
心配もかさなって不穏です。
by キムラ (2012-12-02 20:27) 

Kim

キムラさん、コメントが遅くなって申し訳ありません。

書いたんですが、承認が今になりました(何故か自分が書いたコメントも承認しないと見られないんです)。

是非大きな病院の受診を!
by Kim (2012-12-02 21:54) 

キムラ

今日、近くの神経内科医へ行ってきました。案の定信じてくれなかったです。私の症状が 教科書 よりずっと軽いからだ と私は思います。
科学的でない、と言われました。

軽くても ギイギイ 神経症状が 出てきました。
2箇所 ドクターヘリも 停まるHがあります。6年前、どっちのHも信じてはもらえませんでした。【おかしい人】と思われてもいい。助かりたかった。
だから、半信半疑の状態で 開放処置?(止血、十字切開)をしてもらったんです。携帯片手に指示を受けながら処置してくれました。
またあの苦労、心労が待ってるかと思うとしんどいです。
できたらkim先生の所へ行きたいくらいです。
大きな病院でなくても 処置してくれる先生のいる病院へ 行きたい。
保健師さんが言ってましたが、東日本大震災で 予防接種してない年代の事故が報告されてると。医療機関が情報を共有してほしいのに。

30年も前に退職したNsです。
by キムラ (2012-12-03 23:33) 

Kim

キムラさん、ご心配ですね。

神経内科の先生が診察され、破傷風の事も伝えてあるのであれば、心配ありませんよ。納得いかなければ別の病院へ行かれる事もありですが、とりあえずは大丈夫ですよ!

科学的でないと言うのはよく分かりませんが、大丈夫でしょう!

by Kim (2012-12-04 09:05) 

キムラ

先生、今日は12/14です。あれから10日経ちました。
一時は愛知?先生のおられる所へ治療に行きたいとも思いました。

12/5最初の形成外科医→「棘がX-Pで見つかるかもしれないから」と(なんか訳のわからないことを言われて)整形外科に紹介状を持って行くことに。

整形外科医→「紹介状には何も書いていないから、どうしたのか?」と経緯を尋ねられる。
傷の治療後、痙攣があること、ひきつることを伝えるが何も治療ほどのことは無いと言われる。骨折の時お世話になった先生だったので、破傷風が怖いことを伝え、お願いして《トキソイド》を打ってもらいました。

12/6,7,8,9治った傷の周囲にまだ古い皮がついている状態の時に
ピクピク、神経症状が治まらなかったので、素人考えでオキシフルをかけ
相当な泡が出てました。一時は神経症状も止まりましたが、治ったかに見える新しい皮膚の中に嫌気性菌を閉じ込めてしまったようです。
(皮膚に凹んだ部分があり、色も違う)

12/11皮膚科に行きました。菌がいることを認め、抗生剤でたたく、治療をすると言われ、5日間オゼックス錠3/日、ゲンタシン塗布の指示です。
再び、神経症状でてきました。痛いです。

先生、後手後手にまわっている感じです。
私は何科を受診すれば、治療を受けられるのでしょうか?

(6年前、頼んで開放処置をしてもらった病院へ行くべきか迷っています)
破傷風以外の嫌気性菌で神経症状出るのでしょうか?
by キムラ (2012-12-14 04:42) 

Kim

キムラさん、ご心配ですね、、、、、

まず破傷風についてですが、破傷風は炎症を起こすことが少ないので、否定して良いと思います。それから神経障害は開口障害が最初なので大丈夫です。

その他には不勉強で知りませんが、やはり神経内科が適切な受診すべき科だと思います。別の病院の神経内科をお探しになってはいかがでしょうか?

お役に立てず申し訳ありません。

by Kim (2012-12-14 08:23) 

ヨコヤマ

先生、はじめまして。今、破傷風恐怖症にかかってしまっています。
もしよければ相談させてください。
仕事の関係で、パリ(とその他の小出張)に1か月半ほど滞在す
ることになり、今月初めから滞在してます。渡航前に破傷風の予防
接種を受けるべきでしたが、そのようなことを考えたこともなく、パリ
に来てしまいました。来てから、住んでいるまわりの環境が悪く、工
事で砂塵がまっていることと、チュニスに3日程度出張もあるので、
感染症関係のweb をいろいろ見ているうちに、予防接種をしておく
べきことに気づきました。
私は、50代で、今までに破傷風の予防接種を受けたことは、45年
以上前の子供時代に、破傷風と診断されてなにかワクチンかなにか
を打たれてからはたぶんありません。子供時代の治療は、正確に覚
えていませんが、予防的な措置ではなかったのかと推測してます。滞
在が1月半なので、こちらで打ってもよいかと思っていた矢先に、プラ
スチックの小さい部品が足に刺さってしまったことをきっかけに1回目
(0.5ml)を11日にパリの病院で受けました。2回目はいつかを聞い
たのですが、、こちらの病院では、1回でよいようなことを言っています。
たぶん、正確にこちらの希望が伝わっていないと思います。今回の1回
で免疫がつくなんてことはありえるのでしょうか? また、2回目としては、
何週間後くらいで病院にお願いすればよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

by ヨコヤマ (2012-12-15 03:23) 

Kim

ヨコヤマさん、コメントありがとうございます。

ご心配ですよね。だからこそ、常に予防注射をするよう啓蒙すべきなんですが、日本の政府は人から人にうつる病気ではないからだと思いますが、何も言いませんし、医者もうたなくて良いとか言う人がいます、、、、困りますよね。

フランスはどうか分かりませんが、世の中には破傷風の抗体を調べる検査があります。採血で調べる物は日本でも出来ますが、ちょっと血を採っただけでその場で結果が分かる検査もあります。そう言うので調べてもらってはいかがでしょうか??

また私だったらヨコヤマさんには3回の接種と免疫グロブリンの投与をお勧めします。2回目は約1ヶ月後、3回目は半年から18ヶ月後と言われているので1年後で良いと思います。

基礎免疫がある人は1回打てばすぐに抗体価が上昇しますし、それによりまた10年ぐらい効果が持続します。

by Kim (2012-12-15 08:25) 

ヨコヤマ

先生、お返事をありがとうございます。

やはり、子供のころの治療では、40年以上経過して
いるので基礎免疫には持っていないと考えるのですね。
日本に帰ってからきちいんと接種を受けて基礎免疫を
つけたいと思います。(旅行前にもっと早くに知っておく
べきでした。知っていれば、この件に関して悩んだり
する時間を、もっと仕事や観光につかえていたのでは
と思います。)

抗体の検査のこと、病院に問い合わせてみます。
また、お話にでてきた、免疫グロブリンの接種はいつ
の時期に行えばよいのでしょうか?

パリにまだひと月以上滞在するので、免疫がない
ものとして慎重に行動しなくてはと思います。

インターネットの情報では、2回目の接種で、かなりの免疫
力になるように書いてあります。先生のご助言の1月後は、
私にとっては、帰国前1週間くらいになります。できれば、滞
在中に早めに2回目を受けて、残りの滞在の日々にある程
度の安心感を持てればと思うのですが、どの程度まで間隔
を早めることは可能でしょうか?

何度も伺って申し訳ありませんが、よろしくご指導ください。

P.S.今日はチェニスにて、知らないうちに指に切り傷のような
ものができ、血のの跡(1mm以下)がありました。深くないきずで
薄皮一枚程度という感じでした。昼すぎに発見しました。朝には
なかったので、その間にできたものと思います。ずっと室内での
仕事でしたので、紙かなにかで切れたのかもしれません。切れて
から時間が経過していたと思います。
いそいで水で徹底的に洗いました。血の跡も周りの皮膚といっしょ
に取れてしまし、きれいな指になったのです。なにか不思議な感じ
です。
by ヨコヤマ (2012-12-16 01:51) 

Kim

ヨコヤマさん、コメントありがとうございます。

2回目の接種を例えば2週間後にやったら良いか?と言うのは分かりません。すみません。4ー6週間後とされています。

免疫グロブリンは怪我をしたらすぐです。あるいは破傷風を発症したらすぐです。

破傷風になった人の半分は怪我をした覚えがないと言われていますので、全ての人が破傷風の予防注射をしておくべきと思いますが、人から人にうつる病気ではないので、日本は20歳とか30歳ぐらいにうけましょう!とは言いません。個人の努力、たまたま診療した医師が破傷風について熱心な態度を持っているかどうかだけです。

by Kim (2012-12-16 18:56) 

ヨコヤマ

先生、お返事をありがとうございます。現在、パリに戻りました。
パリの住居は、建物の建設工事の中にあり、道は砂塵だらけで、雨がふると泥のようになります。かなり深い穴を掘っていたりします。なるべく清潔さを保つように努力してますが、状況としては普通のパリのアパート暮らしとは違うように思います。このような状況ですので、先に書いたように、心理的に不安神経症(疾病恐怖)になりつつあります。
工事の砂塵とかは、危険性は大きいのでしょうか?東北での瓦礫と泥とは次元が違うと思ってよいのでしょうか?
まわりの人々(フランス人たち)は予防接種済みなので、何も気にせず行動してます。わたしだけ無防備な状況にいることも知らないと思います。
by ヨコヤマ (2012-12-18 05:21) 

Kim

ヨコヤマさん、そうですね。ご心配だと思いますが、一回目が済んでいますので、問題ないと思います。二回目の時期を逸せずうてば大丈夫でしょう。

破傷風菌は皮膚の傷から入りますので、怪我をしないように注意されれば大丈夫でしょう。

by Kim (2012-12-18 10:43) 

ヨコヤマ

先生、ヨコヤマです。

今週末より家族もパリに来ました。2週間ほど滞在します。
娘は10代ですので、当然免疫はあるのですが、妻は50
代ですので、まったくないと思います。
夫婦で注意が必要ですが、妻はあまり関心がないようです。
こちらでいろいろケアする必要がありそうですが・・・神経質
と言われてしまいます。

怪我をしないようにとのことですが、自炊での食器洗いや過
度の手洗いで、指にひび割れができてます。まだそれほど深
くはありません。あかぎれの薬が通常のはんそうこうと、液体
ばんそうこうを持ってきたのですが、このような傷には、どちら
がよいのでしょうか?

お忙しい中、くだらない質問で申し訳ありませんが、よろしくお
願いします。
by ヨコヤマ (2012-12-23 17:33) 

Kim

ヨコヤマさん、確かに気にしすぎてもですが、気にしなすぎもいけません。

あかぎれは何が良いかは決まりはないと思います。液体のはどんなのか分かりませんが、瞬間接着剤みたいなのであれば、そっちの方が私は好きです。

by Kim (2012-12-25 12:41) 

ヨコヤマ

先生、ヨコヤマです。

ちょっと、神経質なことで恐縮ですが、ひとつ質問させてください。実は、先週の24日に狂犬病ワクチンをパリの病院で打ったのですが、看護士がワクチンの小瓶を床に落としてしまい、それを手でひろって、その手で注射器へワクチンを吸出して、私の左腕の消毒をして接種しました。フランス人看護士には、汚くなっていなかと聞いたのですが、大丈夫ということで、注射されてしまいました。(狂犬病ワクチンは、チュニスで猫に足をひっかかれた可能性があったため、パリの医師と相談して打つことにしたのです)
1週間たって、ワクチン接種のあと付近に鈍痛を感じるようになりました。注射のときに、小瓶を床に落としたことで菌とかが入り込む可能性を気にするようになりました。実際、危険性はあるのでしょうか?

明日、また病院に行くので、担当医師に聞いてみようかとも思いますが、聞き方がちょっと難しいです。よろしくお願いします。
by ヨコヤマ (2013-01-02 05:04) 

Kim

ヨコヤマさん、コメントありがとうございます。

ご心配ですよね。確かに床に落とした物をそのまま使うというのは、日本ではあまりやりませんね。

でも、それで感染することはまずないでしょう。聞いた話では、ヨーロッパなどでは消毒もせずに注射すると、、、、それでも大丈夫なんですから、、、、心配しなくて大丈夫です!!

by Kim (2013-01-02 15:22) 

ヨコヤマ

先生、お返事ありがとうございます。病院でその話を医師にしたら、別になんの
問題もないとのことでした。瓶が割れなくてよかったねという感じでした。こんな感じです。

今でも、恐怖症はおさまらず、アゴの動きが気になってます。食べるのにも、話をするのにも、なんの問題もないのですが、気持ちがそこに行ってしまって、なんかひきつってないか、とか重くないかとかを考えてしまっています。大あくびができるのですから、問題ないと思うんですが・・・


by ヨコヤマ (2013-01-05 05:25) 

Kim

ヨコヤマさん、良かったですね。

大丈夫ですのでご心配なく!楽しいヨーロッパ生活を送ってくださいね

by Kim (2013-01-05 07:36) 

愛媛県在住

はじめまして。
私は、愛媛県在住の26歳男性です。

先日6月26日、所謂泥んこ祭りの最中に左肘を擦りむいてしまいました。
傷口は浅く範囲も直径1cmくらいと小さいのですが、
しばらく気がつかなかったので負傷してから洗浄するまでに20~30分は経過しています。
それほど大きな傷口ではないにせよ、合計すると数分間は泥の中に浸かっていたので破傷風が心配です。
幼少期に三種混合と12歳の時に追加のワクチン接種はしている筈なのですが、
現在26歳で最終接種から14年経過しており、効果がかなり弱くなっていると思われます。
周りに相談すると、この程度の掠り傷で破傷風になるならみんな死んでると笑われ、
自分でも少し心配性が過ぎるかなとは思ってますが、些細な傷口から感染する例も多数あるようでやはり心配です。
(今になって追加のワクチン接種をしていなかったことを強く後悔いています)

そこで質問なのですが、20代の成人男子が小さく浅い傷で破傷風に感染する可能性は実際のところ凄く低いんでしょうか?
また、今回の出来事を教訓に追加接種を受けるつもりなのですが、
これは一刻も早く受けるべきなのでしょうか?
(先日の負傷でもし感染していても、すみやかに追加接種をすれば対抗策になり得るか?という意味です)

お忙しいとは思いますが、ご回答宜しくお願いします。
by 愛媛県在住 (2013-06-28 11:34) 

Kim

愛媛県在住さん、コメント大変ありがとうございます。確かにご心配ですよね。まずお勧めの対応から。

病院へ行って破傷風の予防注射をしてもらいましょう。

12歳の時に追加接種をされていれば、たぶん破傷風の抗体は十分あると思いますが、こう言う時でないとなかなか追加接種をしないと思いますから、、、どっちみちそろそろ追加をされた方が良い時期ですし。

あと普段接種を希望されると自費診療になりますから4000円ぐらいかかりますが、傷の処置と一緒にしてもらえばとっても安くなります。注射はトキソイドのみ一回で良いです。次は40歳ぐらいでも良いでしょう。あとその頃には破傷風の抗体があるかどうかがすぐ分かる検査が日本に入ってきている(と信じたいですが)はずです。外国にはあります。

破傷風は記事に書きましたが、頻度は非常に低いです。知り合いや家族で破傷風になったと言う人がいるという人はほとんどありませんよ。また有名人で破傷風で亡くなったという人もいないはずです。しかし、確実に日本で50〜100人前後発症し、5人ぐらい亡くなっています。亡くならなくても数ヶ月の入院と辛いリハビリが必要となります。だから頻度が低くても重大な病気なので予防注射が必要なのです。めったにならないからいいや、、、と言う考えもなくはないですが。

あと若いから、傷が小さいから、傷がきたなくないから、、、、全く関係ありません。「震える舌」と言う映画では子供が破傷風になって苦しむ姿が描かれています。指先をちょっと切っただけですよ。この程度のかすり傷で破傷風になるならみんな死んでると笑った方と一緒に、映画是非ご覧になってください。

http://www.youtube.com/watch?v=S8XAobGdlcU

by Kim (2013-07-01 10:13) 

Kim

あと、追加接種をすれば、すみやかに抗体(破傷風の毒素をダメにする物質)が上昇しますので、意味がありますよ。


by Kim (2013-07-01 10:16) 

愛媛県在住

Kimさん。お返事ありがとうございます。

受傷してから丸一週間が経過しましたが、
今のところ口が開き難い等の諸症状はありません。
追加の予防接種ですが、数日前に予約を入れてからとなったので、まだ打ってはいません。
一週間後に接種する予定です。
今は何もないですが、これからの数日間が破傷風が発症しやすい時期みたいなので、まだ心配ですね…。

確かに、確率論で言えば交通事故のほうがはるかに危険だと思います。
年間でたったの数人しか亡くなっていないのなら、
他の様々な感染症や事故、災害のほうがよほど死亡率が高く危険ですよね。
しかし、これほどまでに破傷風がマイナーになったのも予防接種のおかげです。
予防接種が一般的で無かった時代は、日本でもたくさんの人が破傷風で亡くなってますし、
途上国では未だに恐ろしい病として認知されています。

ただ、予防接種の抗体が“一生モノ”では無いという事は意外に知られていないんじゃないでしょうか?
私もお恥ずかしい話ですが、
今回の“汚い傷”で心配になって調べて、10年前後で追加するべきだという話を知りました。
それまでは、幼少期に予防接種しているから“破傷風なんて一生大丈夫”だと考えていたのです。
恐らく、12歳の追加接種の時にも抗体は一生モノでは無いという話はあったのだとは思いますが、
この事を20歳以上の成人はどれくらいの確率で覚えているんでしょうか…。
確率は非常に低いとは言え、どれほど健康な人でも、地球上のどのような場所でも感染してしまう可能性がある以上、
幼少期の予防接種だけではなく、追加接種の必要性も広く訴える事も重要ですね。
by 愛媛県在住 (2013-07-03 17:33) 

Kim

愛媛県在住さん、コメントありがとうございます。

予防接種に関しては日本政府というか医者もというか、、、、悪いんです。風疹が何故こんな事になっているか、、、、と言うことと同じです。医者も不勉強です。ここのサイトにある例では、初診の先生は正しい知識があったのに、2回目の先生が不勉強だったので、、、、破傷風になってしまいました。

http://www.hannan-chuo-hsp.or.jp/iryo/shonikatopics/bn/46.html

破傷風は人から人にうつる病気ではありませんので、数名の人が死んでも仕方ないと思っているんだと思います。破傷風を予防しなさい、なら公費負担だ、、、、となると困るんでしょう。

日本人もいくら素人だからとはいえ、色々問題があります(マスコミの影響も悪いんですが)。予防接種には目もくれないし、副作用には大きく騒ぐし、、、、なのに必要のない人が多いタミフルには手を出すし、副作用があってもタミフルは辞めよう!と言うキャンペーンをする人はいません。

ちょっと頭打ったぐらいでCTは必要ないんですが、念のため撮って欲しい、、、、放射能かなり浴びるんですが、、、

外国の人が抗菌グッズなどがあふれているのに、何故予防注射をしないのか理解に苦しむと言っていたそうです。

by Kim (2013-07-03 20:34) 

Kim

たかはしさんからコメント頂きました。

はじめまして
破傷風の検索でたどり着きました。

昨夜、夕飯の支度中に包丁で指を切ってしまいました。
その後、洗濯機の排水口に錆びたピンがつまってて、怪我したことも忘れ作業をしていました。

ふと気がつき、怖くなったのです。
仕事の後にでも病院行ってみます。

先生、今も群馬にいらっしゃるのですか?
白石さんはとても美人ですよね。
時々帰ってきてるようなので、どこかでバッタリお会いできたらいいですね(*^^*)

ブログたくさんあるので読ませていただきます。

by Kim (2014-04-18 08:43) 

Kim

たかはしさん、コメント誠にありがとうございます。

破傷風はこういう感じで不安にならないよう普段から予防注射をしておくべきものだと私は思っています。

是非予防注射して頂きましょう!

私は今年の1月からグンマーにいます。白石麻衣さんは一度お会いしたことがありますが、確かに握手券なしで会ってみたいですね(^^)。

by Kim (2014-04-18 08:46) 

たっくん

はじめまして
子供の怪我のことで教えていただきたいです。

昨日、川で裸足で遊んでいたところ石の上にジャンプしたところ、
石から釘がでていたようでちょうどそこを踏んでしまい
(足の裏、土踏ずのかかと側がおそらく深さ1センチ弱くらい切りました)
出血しました。とりあえず水で流し止血し絆創膏をはりました。

家に帰り、消毒液をぬりハイドロ救急バンをはっています。
歩く時に当たると痛いようでつま先で歩いてる状態です。週末に運動会があり走ったりできるのか心配なのですが、
ネットで検索してると破傷風を知り、病院に行くべきだったのか更に心配になってきました。

DPT3種混合の接種をH17年から3回受けており、H18年に追加を受けています。









by たっくん (2014-05-26 11:02) 

Kim

たっくんさん、コメントありがとうございます。

病院へはご心配でしたら行かれてください。時々何もしてもらえなかったと言って怒る人がいますが、プロの目で見ると言う行為も重要な行為です。その上で何もしなくて良いと判断したんですから。

破傷風に関してはちゃんと打っていれば、10年ぐらいは大丈夫です。ご心配でしたら、追加接種を受けられても良いと思います。

by Kim (2014-05-26 11:47) 

たっくん

お返事ありがとうございました。
子供が踏んだのが錆びたような釘だったので心配しましたが、あっという間に傷口も治り今のところ大丈夫のようです。
今回破傷風の事を初めて知りましたが、無知とは怖いなぁと痛感しました。

ありがとうございました


by たっくん (2014-06-05 11:29) 

Kim

たっくんさん、良かったですね。

破傷風の頻度は低いのですが、一度起これば重大なので予防注射が必要です。

予防注射に関しては日本政府がいけないのです。何か起こった時に国が訴えられる(実際に訴えられています)からと、予防注射に及び腰なのです。

本当は破傷風予防注射を受けましょう!と言う宣伝をしなければなりません。私は受診した患者さんに毎日勧めていますが、、、、、、、

by Kim (2014-06-05 11:43) 

もとくん

はじめまして。

破傷風の発症を心配しています。
34歳男性で、おそらく子供の時に予防接種は受けていると思います。
また、7年前、5年前くらいに釘を踏んだときと、犬にかまれたときに、2回づつ予防接種を受けています。

今回、7/10日に土中の錆びた鉄蓋に指を挟んでしまいました。
絆創膏を貼っていましたが、7/12になり腫れと痛みが増したため、緊急病院で診察してもらい、傷口を開いて消毒、抗生物質の点滴を行いました。7/13には腫れはひき、痛みもなくなりましたが、さらに抗生物質の点滴を行いました。
7/14に通常の診察にて破傷風の予防接種として、テタノブリンIH静注 50ml 50単位 を点滴しました。

その後、7/18になり傷口もよくなり、破傷風の症状はないのですが、いろいろ調べるうちに、非常に恐ろしい病気だということを知り心配になってしまいました。

上記のような条件で破傷風に発症する可能性はあるのですか?
また、どのような症状が出たら受診すればよいのですか?
また、現在、破傷風菌がいるかどうか調べることはできるのですか?

長く、汚い文章で申し訳ございませんが、教えていただきたいです。
by もとくん (2014-07-18 20:38) 

Kim

もとくんさん、コメントありがとうございます。結論から言えば破傷風は心配ありません。もし破傷風になったとしたら、医学の限界です。完璧な初期対応です。以下説明します。

まず破傷風の予防注射ですが、基礎免疫というのがあります。基礎免疫は原則全ての人が作っておくべき物です(が日本ではほとんどの人がされていません)。基礎免疫を作るには3回予防注射をします。2回目が約1ヶ月後、3回目が半年から1年半後ぐらいです。それをしておけば、5年はまず大丈夫です。たぶん10年大丈夫です。

そして10年たったら追加免疫をします。これは1回予防注射を打てばいいです。さらに10年ぐらい基礎免疫が継続します。

基礎免疫が出来ているかどうか分からない時には基礎免疫を作るべきです。過剰なワクチンは特に問題ありません。よって乳児期に基礎免疫(これはまずやっているでしょう)をつけ、10歳頃に追加接種(これは学校で打つべきと思いますが、学校から打った方が良いですと言われるだけのようです)をし、その後も20歳、30歳と打っておくべきです(がほとんどの人がしていません)。

基礎免疫がある人にはテタノブリンは必要ありません。必要ならば、破傷風トキソイドと言うワクチンを打てばいいです。

よって、もとくんさんは、基礎免疫が出来ていなかったのでしょう。怪我をして2回打ったというのは、一回だけだったんですね。1ヶ月後1年後ぐらいに打つべきでした。説明不足で、私から謝ります。

破傷風の発症ですが、テタノブリンは抗体で、抗体を作るためにワクチンを打ちます。基礎免疫を持っている人は、つまり抗体がある人です。抗体を打てば普通は破傷風になりませんよ。

病院の受診ですが、心配でしたら受診されることをお勧めします。こう言うネットでのやりとりでは難しいです。

破傷風菌がいるかどうか調べることは難しいでしょうね。抗体があるかどうかを調べることは出来ます。

分からない事があればまた書き込んでいただければお返事させていただきますが、ネットでは限界があることをご理解ください。


by Kim (2014-07-18 21:49) 

もとくん

早速の返信ありがとうございます。

ひとまず安心しました。

5年、7年前のけがではそれぞれ2回(すぐにと1か月後)を2回ともなので計4回打っています。
さらに安心ということなのでしょうか?

とにかく、心配なさそうなのでほっとしました。ありがとうございます。

by もとくん (2014-07-19 15:31) 

Kim

もとくんさん、コメントありがとうございます。

破傷風のワクチン、トキソイドと言うものですが、は三回打つのがセットです。二回しかしていないからしたことになっていないと言う事です。なぜ二回ではダメかと言うと、その証拠もないのですが、三回することになっていて、二回ではどうかと言う研究がされていないのです。

破傷風の抗体が測定出来ますので、心配でしたら調べるといいかもしれませんが、たぶん費用がかなりかかります。

by Kim (2014-07-20 00:26) 

名無し

初めまして。破傷風の検索でこのブログを見つけました。

昨日よその家の犬に噛まれました。そこの犬は狂犬病などの注射はちゃんとしてありました。
傷口は浅くひっかき傷みたいになって、その中の4ミリの傷口から噛まれた直後は大丈夫だったんですが、少したって血がほんの少し滲んできました。
滲む前に軽く水洗いをしたんですが、消毒はしてません。滲んだ後も軽く水洗いしました。

そして色々調べた結果破傷風の事をしり、心配でたまりません。
子供の頃注射をしたと思いますが29歳なのでもう免疫はないと思います。

そこで質問なんですが、犬や猫に噛まれた人全員が病院に行ったら注射をするとは限らないんでしょうか?
年間の発症数が少ないのはみんな注射など適切な処置をしたからなんじゃないのかと心配です。

後、犬から感染というのは犬の口の中に破傷風の菌があるからという事なのでしょうか?

色々質問してすいません。
by 名無し (2014-08-15 19:13) 

Kim

名無しさん、コメントありがとうございます。質問はいつでもOKですよ。

まず狂犬病ですが、以下の事を知っておいてください。それで十分です。
・もしあなたが狂犬病になったら、新聞の一面に載ります。号外がでても良いです。それぐらいすごいことです。
・どうしても心配ならば、その犬を観察してください。10日以内におかしくならなければ心配ありません。狂犬病をうつす犬は、唾液にウイルスがいます。ウイルスは、脳に行ってから唾液に出てくるそうです。すでに脳にウイルスがいますので、必ず死にます。
by Kim (2014-08-15 19:20) 

Kim

続きです。

動物の口の中は汚いです(人間が一番汚いです)。よって噛まれれば、化膿する率は高いです。傷そのものは今のままの対応がいいです。素晴らしいです。

破傷風については、色々難しいんです、実は。順に書いてみます。

・破傷風の免疫はないか?
 何とも言えませんが、破傷風が心配でしたら、やはり予防注射をしてもらうのが良いでしょう。今後のこともありますので。

・病院での対応
 私は怪我をしてきた人全員にお勧めしています。が、ええ??と言う顔をする医者も沢山います。私から言わせれば、不勉強だと言うことです。が、色々勉強しなければならないことが多いので仕方ないです。本来国が責任を持って行うべき事です。

・年間の発症率が少ない
 例えばアメリカは人口が2倍ぐらいなのに、破傷風は日本の5分の1ぐらいです。つまり日本はアメリカの10倍の発症率です。予防注射をしっかり勧めていないからだと言われています。

・犬の口の中に破傷風?
 もちろんそうです。破傷風になった人の半分は怪我をしたことがないと言うとされています。それぐらい小さな傷でもなると言う事です。犬が原因と断定は難しいですが、可能性は十分あります。

 よって、私のお勧めは、以下の通りです。
・明日にでも病院で破傷風トキソイドと言う予防注射を打ってもらってください。これは今後の発症に関しても予防効果がありますので。子供の時というのが10歳ぐらいの時であれば、トキソイドを1回打てば抗体がすぐ上昇する可能性があります。
・基礎免疫がない人(つまり今まで打ったことがない、あるいは打ったけれど能力がなくなってしまった)は、破傷風トキソイドを打ってもすぐ効きません(し、1ヶ月後、1年後の全部で3回打たないと効きません)。よって、抗破傷風ヒト免疫グロブリンという血液製剤が必要かも知れません。私ならば注射(筋肉注射や静脈注射の薬があります)しますが、担当の先生次第です。

 今更ですが、結論を言えば、こうならないように普段から破傷風予防注射をしておくべきなのです。してあれば、破傷風の心配をする必要はないですからね。基礎免疫は10年ぐらいもつとされていますから、今回3回打てば、次は40歳ぐらいの時でいいです。その時も1回打てばまた10年延びます。それから、今世界にはありますが、血液をちょっと採るだけですぐに破傷風の抗体(予防能力の指標です)があるかどうかが分かるという検査が日本にそのうち入ってくる(と信じたいです)と思いますから、それで調べてから予防注射をすれば良いという時代が来るかも知れません。

by Kim (2014-08-15 19:31) 

名無し

素早くご丁寧な回答ありがとうございました。

相談して良かったです。本当にありがとうございました。
by 名無し (2014-08-15 22:11) 

りょうすけ


こんにちは。
今年大学1年生のものです。
中学のときから不安や、自己嫌悪からくる自傷癖があるのですが...。
ハサミで右肩を何十箇所と不定期に切っています。

1、そこで破傷風とゆう病気を知ったのですが、私の自傷(傷から血はばっとは流れず、しずくの大きさぐらいの出血)でも自傷の可能性はありますか?

2、また19歳ですが、予防摂取を受けたかどうかあまり定かではありません。
どのように調べたらよいですか?
こんど病院で予防接種を受けてこようと思います。

3、予防接種を受けたとしたら、その程度の傷は心配しなくてよいのでしょうか。




by りょうすけ (2014-09-12 22:45) 

Kim

りょうすけさん、コメントありがとうございます。破傷風に興味を持って頂きありがとうございます。

1.破傷風の患者さんの半分は怪我をした記憶がないと言われています。また帝王切開後や痔の手術のあとになったという報告もあります。手術後になる事はまず無いでしょうから、、、、、、、、基本的に誰でも予防注射を受けておくべきです。

2.ご両親に聞くしかないでしょう。あとは採血で破傷風の抗体があるかどうかを調べることも可能ですが、費用がそれなりにかかるでしょう。予防注射をしていたとしても10歳前後であり、追加接種の時期ですから、予防注射はどちらにしてもした方が良いと思います。

3.予防注射をしていれば破傷風に絶対にならないと言う事はありませんが、破傷風を発症している人のほとんどは予防注射をしていないか不完全な人です。予防注射をしていれば可能性は低くなります。
 また傷を負った時には、水道水できれいに洗いましょう。心配ならば病院を受診しましょう。

by Kim (2014-09-13 06:33) 

名無し

すみません質問させて頂きます。

ずっと庭に置いてあった手製の椅子を解体中に誤って錆びた釘で手をひっかいてしまいました。

その釘は椅子に打ち付けてあってハンマーで叩いた瞬間に釘が飛び出し手をひっかいたという感じです。

この場合土には触れていないその錆びた釘にも破傷風菌が付着してると考えていいんでしょうか?

血は出ましたが傷の深さは極浅く(たぶん1mmぐらい)受傷後にすぐ血を出しながら水道水で5分くらい洗いました。
by 名無し (2015-01-11 14:49) 

Kim

名無しさん、コメントありがとうございます。

記事の最後の一文です。これを機会に破傷風の予防注射を受けられるのが良いでしょう。

釘に破傷風菌がいる可能性はゼロではありません。非常に可能性は低く、名無しさんが破傷風になる可能性も非常に低いですが、ゼロではないので、予防注射をしておきましょう。破傷風は非常に怖い病気だからです。

by Kim (2015-01-11 15:52) 

名無し

返信ありがとうございます。
記事の最後の一文を胆に銘じていきたいと思います。

本当にありがとうございました。
by 名無し (2015-01-11 17:57) 

ななし

はじめまして。質問させてください。
本日、軍手の上からよその飼い犬に手を咬まれてしまいました。
血が流れるということはなく、皮が薄く剥けていたり、打ち身のようになっていたりという感じです。
飼い主さんに頼んですぐにマキロンで消毒しました。
それから病院に行って、ロキソニンとバレオンを処方してもらいました。
午後2時ごろに咬まれてしまったのですが、これから予防注射をしても効果はありますか。医師からは特にそのような提示はありませんでした。
by ななし (2015-01-29 00:55) 

Kim

ななしさん、コメントありがとうございます。

破傷風については医学教育の不備もあり、医師の間でも必要ないと言う人も多いです。私が主張していることが正しいかどうかも分かりません。

が、私は打った方が良いと思います。すでに今の時点で12時間以上たっていて、今回のことに関しては遅いかも知れませんが、今後のこともありますから是非打ってもらってください。普段は保険がききませんので全部自費ですが、怪我した時に行えば安く打てます。

by Kim (2015-01-29 04:44) 

ななし

1/29に質問させていただいた「ななし」です。もし妊娠の可能性がある場合も予防接種をうっても大丈夫でしょうか。
by ななし (2015-01-29 09:38) 

ななし

先生ご回答ありがとうございます。
さっそくさきほど病院で打ってきました。
このくらいの傷で大袈裟だな~という感じでしたが・・・。^^
犬に咬まれるのは初めてでとても心配です。(かすり傷程度で軍手の上からではありましたが)
発症するとどのような症状がでるのでしょうか。またどのくらいその症状がでなかったら安心などといったことはありますか?
さきほど病院でガーゼをとってみたのですが、特に腫れたり膿んだりということはありませんでした。
狂犬病についてもなにか処置をしたほうがいいでしょうか?
by ななし (2015-01-29 12:16) 

Kim

ななしさん、コメントありがとうございます。

打ってもらえてよかったですね。記事にも書きましたが、軽い怪我だから必要ないと言うことはないです。破傷風になった人の10%近くは怪我をした覚えがないと言われています。

発症するともっとも典型的な症状は口が開きにくくなります。1週間ぐらい何もなければ大丈夫です。破傷風菌は炎症を起こさないので、腫れませんよ。

狂犬病に付いては日本では何もする必要はありません。狂犬病をうつす犬は、脳に狂犬病ウイルスがいると言われています。すぐ発症して死にますから、その犬を1週間程度観察すれば良いです。

が、もしそのような事があれば日本中大パニックですがね(>_<)。

by Kim (2015-01-29 13:17) 

Kim

あとななしさんが基礎免疫が出来ているかが大事です。

以前3回やっていれば(現在45歳以下であれば通常赤ちゃんの時にやっています。妊娠を心配されていたので、お若いのでしょうね。また、1975ー81年も中止されています)今回の接種だけで10年ぐらいは大丈夫ですが、不明かやっていないのであれば、1ヶ月後と1年後にもやっておいた方がいいです。

やりすぎは別に問題ないので、分からなかったら1ヶ月後と1年後にもしてもらいましょう。

by Kim (2015-01-29 13:21) 

ななし

とても丁寧なお返事ありがとうございます!
「こんなかすり傷で大袈裟だなあ」と医師には渋い顔をされましたが
しつこくお願いして打ってもらってよかったです。
外で放し飼いしている犬でしたし、関東なので破傷風が多いイメージがあって不安だったので・・・。犬を飼ったことがないので、よけいに不安になるのかもしれませんが。
77年生まれで、子供のころに一通りの予防接種はしているはずなのですが、30歳のときに行ったブライダルチェックでその受けたはずの抗体がすべて消えていたので、破傷風の抗体も消えているかもしれません・・・。
1週間後までかなり不安ですが、安静にしていたいと思います^^
あと今後はトラベルクリニックに行ってのこりのワクチンを打とうと思います。(今回行ったクリニックではブースターは1回でいいという考えでしたので・・・)


by ななし (2015-01-30 14:13) 

Kim

ななしさん。77年生まれでしたら、ご両親がよほど熱心でなければ行っていませんよ。破傷風は、ジフテリアと百日咳と一緒になったワクチンを子供の時には使いますが、破傷風以外の成分で問題になったので一時中止になったらしいです。

基礎免疫があれば一回でいいですが、よく分からなければ3回やっておくべきですね。

by Kim (2015-01-30 14:39) 

Kim

ななしさん、ありがとうございます。

批判はいつでも受け入れますので、誰にこのブログの存在を言われても良いですよ。と言うかブログは公開する物ですしね。

by Kim (2015-01-30 21:22) 

名無し

質問させて頂きます

深爪など血が出ない傷からでも感染するんでしょうか?
by 名無し (2015-02-06 15:15) 

Kim

名無しさん、質問ありがとうございます!

感染しないと言う風に言う事はまず不可能です。血が出るか出ないかは関係ありません。菌が侵入できる傷があれば良いだけです。

それから破傷風になった人の中には怪我をしていないと言う人がいます。深爪から感染しなくても安心できませんよ。

by Kim (2015-02-06 15:38) 

名無し

素早い返信ありがとうございます。
恐縮ですがもう一つ質問させて頂きます。

血が出ない傷などを治ったと判断するのは傷が完全に塞がった状態の事をいうと思うんですが、痛みがともわなければ完全に塞がったと判断していいんでしょうか?

度々の質問失礼します。
by 名無し (2015-02-06 16:59) 

Kim

名無しさん、コメントありがとうございます。

痛みとは直接関係ありません。見て治ったかどうか判断するしかないです。本当に治ったのか?と言われるとそれはもう分かりません。逆に言えば、人間は常にあちこちに傷を作っている可能性があるとも言えます。


by Kim (2015-02-06 18:39) 

名無し

重ね重ねの返信ありがとうございました。
by 名無し (2015-02-06 23:32) 

Kim

どういたしまして!


by Kim (2015-02-07 00:17) 

みぃ

2日前に厨房の排水溝近くの錆びた棚で怪我をし、現在瘡蓋になってますが、痛く熱を持ってるので化膿していると思います。
病院に行こうかと調べていると、破傷風と出てきて、更に調べているとこちらに辿り着きました。
明日病院に行って間に合いますか?
市内の病院を破傷風ワクチンで検索すると該当なしで、受診しても注射してもらえないかと不安でもあります…田舎の医師でも破傷風かどうか見分けられますかね?
by みぃ (2015-02-27 02:26) 

Kim

みぃさん、コメントありがとうございます。ご心配ですよね。

化膿だけならば明日でもいいです。

破傷風は明日では間に合いませんが、今お元気ならば大丈夫でしょう。

ただ、こう言う心配をしなくて良いように、普段から予防注射をしておきたいですね。

病院であれば普通は破傷風の予防注射薬はおいてます。わざわざネットにうちは破傷風の予防注射が出来ます!と書く病院は少ないと思います。電話で問い合わせてみると良いでしょう。

破傷風かどうかを見抜くのは大変難しく、都会、田舎関係ありませんよ。私も破傷風と診断したことが一回しかありません。

by Kim (2015-02-27 10:17) 

みぃ

返信ありがとうございました。
今朝、近所の外科に行き、破傷風の注射と抗生剤の点滴をしてくれました!
本当にありがとうございました。
by みぃ (2015-02-27 16:26) 

Kim

みぃさん、コメントありがとうございます。

よかったですね!!基礎免疫がなければ1ヶ月後と1年後、あれば10年後に接種をお願いいたします。

by Kim (2015-02-27 17:29) 

シナモン

こんにちは 20歳の娘の事で質問があります

3種混合の初回一回目と2回目が半年空いて2回目と3回目が2ヶ月あけて接種しましたが、基礎免疫はあるのでしょうか?
ちなみに13歳に二種混合を受けているのですが 全く反応がありませんでした。
返信よろしくお願いします。
by シナモン (2015-03-01 11:06) 

Kim

シナモンさん、以下の記事のコメントにお返事させていただきました。

http://kekimura.blog.so-net.ne.jp/2010-01-19

コメントが付くと、メールが来るようになっているので、いくつもコメントいただかなくても大丈夫ですよ。毎日数回はメールチェックしていますから!

by Kim (2015-03-01 14:29) 

シナモン

先生 お返事ありがとうございます。
やはり検査した方がいいですか・・
この検査は海外でしかなくてどの病院でもしてもらえるのでしょうか

12歳の時に受けた 予防接種センターの方は 基礎免疫はあるから大丈夫!ってはっきり言ってくれたので安心してたのですが こ今年春から動物病院で看護師として働くので 不安になって質問したのですが

やはりちゃんと検査した方がいいですよね
by シナモン (2015-03-01 15:54) 

Kim

シナモンさん、コメントありがとうございます。

調べた方が安心できます。それだけです。基礎免疫があるから大丈夫!という言葉を信じるのであれば、そろそろ追加接種をされれば完璧です。どちらにしても破傷風トキソイドは10年に一回ぐらいはした方が良いと思います。ちょうどよい機会ですから、されてみて、抗体検査はまた考えれば良いのではないでしょうか。

検査は5千円以上するようです。が、それで安心できるのであれば安いと考えていいと思います。

by Kim (2015-03-01 16:01) 

シナモン

お返事ありがとうございます。

今ネットで調べたら 抗体価検査の基準値が0.5となっていて かなりの高値のような(0.01以上で抗体ありですよね)だとしたら 0.01〜0.49は陽性という診断にならないのだとしたら 検査してもわからないですよね?
分りづらくてごめんなさい。
なんか母である私が きちんと予防接種を受ければ良かったのに ものすごく後悔してます
そして娘に申し訳なくて申し訳なくて・・・夜も眠れません
by シナモン (2015-03-01 17:18) 

Kim

シナモンさん、コメントありがとうございます。

破傷風の予防注射について一生懸命調べられている国民はほんのわずかですよ。医者ですら知らない人が多いです。それだけで素晴らしいお母様です。

抗体は確かに0.01単位あれば良いとされています。が可能なら0.5以上あれば良いでしょう。

検査の基準で陽性、陰性と考えて対応して全然構わないと思います。

あと検査があてにならない(し値段はワクチン打った方が安い)のであれば、今陰性だと考えて3回打つという考えもあります。お母様もたぶん基礎免疫がないでしょうから、一緒に受けられてはいかがでしょうか。

全ての国民が受けるべきとされていますから。私はちなみに先月追加接種受けました。

by Kim (2015-03-01 18:09) 

シナモン

本当に素早くかつ親身に相談に乗っていただき感謝してます。

今3回打つと過剰摂取となりませんか?

by シナモン (2015-03-01 18:38) 

Kim

シナモンさん、コメントありがとうございます。

破傷風の予防注射は過剰接種となっても問題ありません。

確実に抗体があるという判断が出来ないのであれば、接種を行うべきだと思います。

by Kim (2015-03-02 00:23) 

シナモン

返信遅くなってすみませんでした。

何回もしつこく質問してしまいすみませんでした。

また質問してしまうかもしれませんがよろしくお願いします。

本当にありがとうございました?
by シナモン (2015-03-02 11:20) 

Kim

シナモンさん、基本的な質問にはお答えしますが、ベストは病院で説明を受けることです。実際の治療方針などは患者さんによって異なるのです。

よろしくお願いします。
by Kim (2015-03-02 14:05) 

名無し

質問させて頂きます。

飼い犬に親指の腹を噛まれました。
噛まれたと言っても本当に軽く噛まれて傷もなくて血は出ず、
内出血?みたいな赤い点が出来る程度です。
その点も極小で針先でつついたぐらいの大きさです。

この場合でも破傷風になるのでしょうか?
もしなるとしたら普通に犬に噛まれるよりも可能性は低いでしょうか?
by 名無し (2015-03-12 19:19) 

名無し

すいません今さっき質問した名無しです。
少し追記させて頂きます。

良く見たら針の先でちょんとつついたぐらいでほんのちょっとだけ薄い皮膚がはがれていました。
本当に薄い皮膚で痛みはまったくありません。

あと20代後半なので破傷風の注射から10年以上たってます。

よろしくお願い致します。
by 名無し (2015-03-12 19:29) 

Kim

名無しさん、コメントありがとうございます。

破傷風にならない傷というのは手術室で切った清潔な傷だけだと書きました。よって、犬にちょっと噛まれただけでも破傷風になる可能性はあります。が、頻度は非常に低いです。

が、破傷風は重大な病気で、2割の人は死亡し、死ななくても何ヶ月も入院して苦しむ病気です。是非予防注射をしておきましょう。

20代後半であれば是非追加接種をお勧めします。

破傷風になった人の半分近くはたいした怪我でないですし、2割ぐらいは怪我押した覚えがないというデータもあります。

by Kim (2015-03-15 23:09) 

名無し

ありがとうございました。
by 名無し (2015-03-15 23:42) 

はな

はじめまして。
相談させてください。
28歳女です。2/21の14時半に山の庭で日曜大工してました。
少し汚れた鉄のヘラでホームセンターから買ってきた木材を削っていたところ手を滑らせて、人差し指の第二間接に深さ1cmいかないくらいの切り傷を作ってしまいました。あまり出血はなく洗浄もせず病院へ。
病院でも洗浄はせずそのまま縫合され、メイアクト100mgを処方されました。工具が汚かった事と、洗浄がなかったことに不安になり、先生に相談したところ2/23の12時にワクチン接種となりました。
二日たってからのワクチン接種は効果あるのでしょうか?
幼少期にワクチン接種は3回済ませていると母は言っていました。
不安からか、昨日は首の後ろが痛くて寝れませんでした。
気持ちも張りつめてしまって、動機と突発的な嚥下がたまにおきます。
不安です。
お願いします。

by はな (2015-03-27 17:54) 

Kim

はなさん、コメントありがとうございます。

破傷風はすごい病気ですので、現在(受傷から1ヶ月以上)お元気であれば全く心配ありません。動悸と突発的な嚥下(と言う症状は私には不勉強で経験がないのですが)という症状は破傷風ではないと言って良いでしょう。心配であれば受診されるのをお勧めします。

また、破傷風のワクチンは確かに受傷日に打つのが良いですが、今後の予防という事を考えればいつ打っても構いません。28歳であればたぶん(可能であれば小学校の高学年の時にうっていれば間違いないですが)、抗体はすぐ上昇したでしょうから、40歳ぐらいまで次は打たなくて良いでしょう。怪我をして心配であれば、打っても大丈夫です。

破傷風の予防注射については、医者の不勉強と言うより医学教育や日本のワクチン政策の問題です。破傷風の予防注射を受傷日にうつ医者が増えるよう、さらに言えば、普段から予防注射を受ける人が増えるよう私も啓蒙を続けたいと思います。

個人的にはメイアクト、、、、、、、、、以下省略。

by Kim (2015-03-27 23:34) 

はな

ご丁寧にありがとうございます。
すいません!
間違っていました!受傷日は3月21日ですm(__)m
明日でちょうど1週間なんです。
それで不安になっている最中です。
トキソイド打ってから、今日で4日目なんですが今の時点で発症がなければ少しあんしんしても良いでしょうか?(´・_・`)
お母さんに聞いたところ、最終接種日は平成10年10月だそうです(°_°)
肩コリのような症状は断続的で気付くと治ってます。
不安症状からなのでしょうか。。。
看護師の友人からは、免疫の弱ってる人とかお年寄りがなるから、うちらの年代は心配する必要ないと言われました。
by はな (2015-03-28 00:03) 

Kim

はなさん、コメントありがとうございます。

破傷風が「免疫の弱っている人やお年寄りがなる」というのは間違いです。もちろん最近はお年寄りが多いですが、誰でもなりえます。だから予防注射が必要なのです。

で、平成10年にうっているのであれば、抗体はすぐ上昇しています。何もなければ、10年ほどは大丈夫です。怪我をした場合には5年たてばうった方が良いかもしれません。

初期症状は開口障害(口が開きにくくなる)です。肩は関係ありませんよ。

by Kim (2015-03-28 06:16) 

Kim

こう言う心配をしないで済むよう、普段から予防注射をしておきましょう。3000円ぐらいで打てます。10年以内にちゃんと打っている場合は1回打てばいいですが、やっていない場合、不明な場合は1ヶ月後と1年後ぐらいの3回打ちましょう。

どちらもその後は10年に一回ぐらいの追加投与が必要です。


by Kim (2015-03-28 06:17) 

はな

ありがとうございます。
一ヶ月後に再度接種して、これからも定期的に接種していこうと思います。
先ほど、傷の抜糸に行ってきました。
体調不良を告げたところ、心因性と思われたようで、ドグマチールとナウゼリンというものを処方されました。。。
先ほど、漬け物を一切れ食べた時に左ほっぺが痛くなりました。飴を舐めている時に笑うとほっぺが痛くなるのと同じ感じです。
怖くなってしまったのですが、これはこわばりとは違うのでしょうか??
こわばりというのを調べてもなかなか分かりにくかったです。
by はな (2015-03-28 11:59) 

Kim

はなさん、コメントありがとうございます。

まず破傷風の予防注射ですが、平成10年に打っていると言うことですから、今回打ったら次は10年後ぐらいで良いですよ。1ヶ月後が必要なのは、今まで打ったことがない人です。45歳以下の人は1回打てば大丈夫だと思われます。抗体産生の能力は30年ぐらい持つのではないかと言われています。

こわばるというのと口が開かないというのとは違います。口がちゃんと開きますか?開けば大丈夫です。

が、経過をみるしかありませんので、時々口が開くかどうかチェックしてみてください。

by Kim (2015-03-28 14:54) 

はな

口は開きます!
開かなくなったら病院に行きます。
今行っている個人病院の先生はあまり知識がないようでして、破傷風の事を聞いたら全身が痙攣したら破傷風だからって言われました。
ワクチンも4月中旬に打つようにと。。。
子供と小学生の時に接種したと話しましたら、幼少期と今は別だからと言われ予約をとられてしまいました。
もし、口が開かないなどの症状が出たら、何科に行けば良いのでしょう?
近くに、大きな脳神経外科内科があるのですがそちらでも良いのでしょうか?
色々とお聞きしてしまって申し訳ありません。

今の先生があまりにも流れ作業の先生なので話も出来ずにいて不安が募るばかりです。
こうやってネット上で先生に話を聞いて貰えるだけでとてもありがたいです。
by はな (2015-03-28 17:05) 

Kim

はなさん、もし口が開かなくなったら、大きな病院の救急部に行ってください。脳神経外科では知らない先生が多いかも知れません。

ワクチンは乳児期と小学生の時にしていれば、28歳であれば追加を1回するだけでいいですよ。心配であれば、抗体価を血液検査で測定するとよいでしょう。

by Kim (2015-03-29 00:11) 

としまさ

はじめまして、次の質問についてよろしくお願いします。3月21日庭の池、3月24日に庭の池の水路の掃除をしました。水は、かなり濁って、淀んでいました。21日はゴム手袋を使いましたが、24日は素手で水の中に手を入れゴミ、落ち葉等をとりました。なお、左手薬指のつめの右に皮をとった時にできた小さい傷があります。消毒は、オキシドール、マキロンでしています。、現在の体の状態ですが、口は開きます。左手の手首の内側が腫れています。左右の太ももの外側を押さえると少し痛いです。私は、70歳の男性です。 以上のような状態ですが、破傷風の可能性はありますでしょうか。また、今からでも、ワクチンを打って効果はありますか。

by としまさ (2015-05-28 06:51) 

Kim

としまささん、コメントありがとうございます。

まず、このようなネット相談の危険性については認識してください。原則は受診することです。患者さんが表現することと我々の認識することとは解離がある場合があります。我々が見たら明らかな下血なのに、便は普通だと本人がおっしゃる事もあります。

それを認識していただいた上での解答です。

破傷風の可能性は非常に低いと言っていいです。2ヶ月近くたって発症することはまれです。また、典型的な症状ではありません。
それから、ワクチンは今後の発症を予防するものです。いつ打っても効果はあります。発症した破傷風の治療にトキソイドというワクチンは無効です。

よって、今出ている症状が心配であれば病院を受診してください。個人的には3月の掃除とは関係ないと思いますが、関係が絶対にないとは言えません。

またワクチンは怪我をしていようがいまいが打っておくべきものです。是非打ってもらいましょう。例えば今日打ってもらえば、次は約一ヶ月後、次は半年から1年後です。3回やらないと効果はないと考えてください。つまり1年後にならないと効果が出てきません。 だから子供の頃からやっておくべきなのです。なのに、日本政府はやっていませんでした。今の制度が始まったのは昭和43年で、現在47歳以上の方はやっていないと考えて良いです。また、10年ぐらいしたら追加接種をしないと抗体が低下します。だいたい10歳、20歳、30歳と続けていくべきですが、日本は20歳以降はやっていません。10歳もちゃんとやっているのかよく分かりません。やっていると自信を持って答えるお母さんに会ったことがありません。

肺炎球菌ワクチンしかり、風疹しかり、日本のワクチン行政はちゃらんぽらんです。

by Kim (2015-05-28 09:25) 

Kim

この記事コメントがつきすぎて見にくいですので、新しく記事を書きますので、ご意見があればこちらにお願いします。

http://kekimura.blog.so-net.ne.jp/2015-05-28

この記事は今後コメントがつけられなくなります。

by Kim (2015-05-28 09:27)