So-net無料ブログ作成
検索選択

皮膚を縫うのにスキンステープラーは有用か? [研修医教育]

 手術後に皮膚を縫う場合、外来でケガをした人の皮膚を縫う場合、スキンステープラーと言うのを使う場合があります。見た目はもろホッチキスですが、ホッチキスは商品名だそうで、ステープラーと言います。

 この縫合法の利点は以下の通りです。

・普通に縫合するよりも早く縫える(確かにです)。
・普通に縫合するより傷がきれい(とは思いません。理由は続きを)。

 他に見つかりませんでした。何かあれば教えて下さい。

 この縫合法の欠点は以下の通りです。

・値段が高い(皮膚の縫合にどれだけ高価な器具を使おうとも病院の収入は同じです)。
・皮膚が上手くあわない事が多い(下手なだけでしょうか?)。
・皮下を合わせられないので、出血などがあれば止まりにくい。
・合併症が多い。

 よって、私は頭の皮膚の傷(1cm未満)を縫う時しか使っていません。もちろん手術後の縫合にも使いません。研修医の先生にも使わないように教えています。が、他の同僚が使いますから、、、、あまり意味ないかも(^.^)。

 British Medical Journalにも文献がありました。整形外科の手術ですが、普通に縫合する方が良いと言う文献です。

 それから傷跡が目立ちにくいと言う意見ですが、、、、
・針穴は意外に大きくて目立ちます。
 糸は細い物を使えば、細い線になるだけです。数日で抜糸すれば、糸の跡は残りにくいです。しかし、ステープラーの針は結構太く、それが刺さった跡は結構目立ちます。
・針穴の位置が問題です。
 針を取り除くと、二つの針穴の距離は結構あります。もし形成手術などで取り除くと言う事になれば、かなり広い範囲の皮膚を取り除く必要があります。普通の糸で例えば5ミリの幅で縫えば、1cmの幅です。

 よってスキンステープラーは使う必要がない物と思います。

 私と同じ考え(なんて言うのは失礼ですが)の先生がおられます。こちらをご覧下さい。
nice!(11)  コメント(26) 

nice! 11

コメント 26

へびぱく

婦人科では使用するのが一般的です。
たぶん、婦人科の手術では、
皮膚の切開を恥毛のヘアラインに沿って入れる、
ファンネンスチール切開をすることが多いから、
ビキニを履いても見えないので傷の瘢痕へのこだわりが少ないのかもしれません。なら、早いほうがいいやというわけです。
コストにシビアな開業医さんでも使用するのは、やっぱり早さではないですかね。
by へびぱく (2010-04-29 08:36) 

Kim

へびぱくさん、コメントありがとうございます。

やはり普通に縫合できるようになってから使うべきでしょうね。研修医教育には不要かと思います。

by Kim (2010-04-29 08:54) 

ayumu

救急外来の現場で頭皮(被髪部)の傷の縫合に重宝します。黒ナイロンで縫うと抜糸の時に髪の毛と見分けがつきにくいのもあります。しかも早い。頭皮は出血するので、動脈性でなければこれで縫合することで圧迫止血にもなります。(ある程度は凝固止血しますが)。
あとは小児の傷で、安静が指示できずに数秒で処置を完了する必要があるときでしょうか。
入院・全身麻酔手術では、頸部領域の大手術の時に縫合の長さが50cmを超える場合があります(ダブルJ切開など)。閉創前ですでに8時間以上経過しており、閉創にさらに1時間ぐらいかかる感じの時は、皮下の縫合のみ吸収糸で行い、表皮はステープラーで時間短縮を図っていました。5年くらい前ですが。
by ayumu (2010-04-29 10:24) 

ask

通常の露出部の皮膚には絶対に使うべきではないと思います。コストもさることながら先生のおっしゃるように傷跡は丁寧に縫合したときよりも確実に残りますし。

まあ大きな手術とか目立たない頭ならいいんじゃないでしょうか?子供でどうしても頭に1針というときにはいいと思いますが、コストがね・・・。
by ask (2010-04-29 10:25) 

じゅり

先生、あたしのこと覚えてますか?じゅりです。4月から看護学校に通っています。初めての一人暮らしと慣れない学校生活とで…また体調を崩してました…一度はやめたお薬をまた飲んでます…本当にあたしは身体も心も弱くて…もっと強くなりたい…
by じゅり (2010-04-29 17:55) 

エコピーマン

ここまでの内容で判断すれば 特殊な例以外 縫合していただきたいと
女性の場合 頭皮であろうと 露出していない部位でもステープラーは
やめていただきたいですね 
術前にインフォームドコンセントで選択せきるといいですね 
また 研修医の方には 縫合が上手くできるようになってステップを踏んでもらいたいです
by エコピーマン (2010-04-29 19:19) 

さうざんバー

娘が、こけて、額に3cmほどの裂傷が出来ました(^^;)すぐ、外科に行って救急対応して頂きましたが、ステープラーで瞬時に処置をして頂きました(^^)やはり、小児では必要かと思います(^^)でも、治った傷はきれいでは無いのが、残念です(^^;)まぁ、髪の毛で隠れるので、良いのですが・・・(^^;)
by さうざんバー (2010-04-29 19:22) 

Kim

ayumuさん、コメントありがとうございます。

50cmもの傷、、、、大変そうですね。でも皮下縫いをされているのであれば、手間はあまり変わらないのでは???ナイロンで垂直マットレスの方が早くないでしょうか?

私は50cmもの長い傷を縫合すると言う事がないので、、、、、

by Kim (2010-04-29 19:34) 

Kim

askさん、コメント&nice!ありがとうございます。

1針で済む場合には私も使う事あります。が、今はステリーテープとかダーマボンドなんてのもありますから、、、、選択肢が増えて嬉しいですね。

by Kim (2010-04-29 19:35) 

Kim

じゅりさん、コメントありがとうございます。

一人暮らしを始められたのですね。学校も慣れないでしょうし、辛い時期だと思います。でもきっと素晴らしい時だった!と思える日が来ますよ!!

by Kim (2010-04-29 19:37) 

Kim

エコピーマンさん、コメント&nice!ありがとうございます。

患者さんに選択してもらうのは良い方法ですが、ステープラーを嫌いな医師はあまり良くないと言うでしょうし、好きな医師はこっちの方が良いと言うでしょうし、色々難しいですね。

by Kim (2010-04-29 19:38) 

Kim

さうざんバーさん、コメント&nice!ありがとうございます。

個人的には髪で隠れる所であろうと、髪が生えている所以外は原則縫合です。患者さんはかわいそうかも知れませんが、その後一生傷で悩む事になったら、余計かわいそうです。

それから暴れる子供にステープラーを上手く打つ技術が私にはないので、縫った方が結局早いです。

by Kim (2010-04-29 19:40) 

ミト

私の病院の外科では、縫合はナイロン糸、
泌尿器科では、ナイロン糸+ステープラーです。
長男が後頭部に裂傷を負った時は、ステープラー1針でした。
ちなみに、私自身も開腹オペしてますが(他院)、ステープラーのみでした。
傷痕は醜いものです…。

外科にいて、あまり気にしたことはなかったのですが、いろいろ方法があるのですね。
患者は何を使用されるかなんて考えてないと思います。傷痕がきれいだといいな、くらいにしか。
それぞれ、ドクターがメリットデメリットを判断して使用しているのでしょうね。
勉強になりました。
by ミト (2010-04-29 22:25) 

べひん

保育園の園医してるので、よく頭部の切創がきます。
年長さんは我慢ができる子が多いので、縫合しますが。
小さい子は暴れるので、ステイプラーでガッチャンで終了するようにしてます。
露出部はほとんどが縫合します。(できるだけ細いナイロンで)
先日娘(1歳半)が眼瞼を切ってしまい・・・・悩んだ末縫合はせずに、被覆材でfollow。本日傷のチェックです。
by べひん (2010-04-30 09:02) 

Kim

ミトさん、コメントありがとうございます。

縫合方法はたくさんあって、医師の好み、その部署に置いてある道具で縫合しています。

私は出来るだけステープラー使わない派です。
当院外科では多くの手術の傷は埋没縫合で行っています(と言っても私が縫う事はほとんどありません。別の若い先生が埋没でやるべきと言ってやっています。北の方のがんセンターで研修されてきました)。

確かに以前学会で前例埋没すべきとセミナーで言っていました。感染したら前部抜糸しなければダメなので、埋没で良いのだと。

by Kim (2010-04-30 09:24) 

Kim

べひんさん、コメントありがとうございます。

そうですね。露出していない部位にはステープラーですね。

眼瞼の縫合は難しいですよね。いつも大変な思いをしています。

by Kim (2010-04-30 09:25) 

うさぎ

美人には使用してないみたいです。
こんな人外科医になるなんて見たいな人も使用してます。

by うさぎ (2010-04-30 12:53) 

Kim

うさぎさん、コメントありがとうございます。

今日の朝医局勉強会があり、縫合をテーマに部下の先生が発表していました。

口腔外科の先生が、通常縫合には6−0ナイロンを使いますが、見えにくいし、縫いにくいし、抜糸しにくいので、年齢や性別で太くなったりすると言っていました(^.^)。

by Kim (2010-04-30 13:05) 

赤毛

皮膚の閉創に皮膚用接着剤はどうでしょうか?
ダーマボンドは接着に時間がかかり過ぎる感がありますが、接着に要する時間が短いものも出てきているようですよ。
by 赤毛 (2011-10-14 13:09) 

Kim

赤毛さん、コメントありがとうございます。

ダーマボンドは有用だと思います。使い方に慣れていないのが玉に瑕だとおもっています。

by Kim (2011-10-14 23:56) 

サンラビ

古い記事へのコメント、さらにお忙しい中で失礼かとためらいましたが、
友人が悩んでいたため質問を書き込ませて頂きます。

スキンステープラーの残存について
友人のご主人が2011/1月中旬、左足指の付け根から入った溶連菌に
感染し手術を、1月下旬には菌をえぐりっ取った甲部分(ほぼ全体)に
皮膚移植を受けました。その際にスキンステープラーを使われたようです。
その後1週間ほどで抜鈎されているのですが、ガーゼの付け替え(毎日)
の度に1本、また1本と出てきたそうです。
医師は「あ、まだ残ってたね」と言いながら抜鈎。
まだ少し残っている感はありつつも、退院後の通院時には抜かれる事も
なかった。しかし今年の7月に4本、さらに2日前に1本出てきたそうです。
(周りの皮膚を押すと浮き上がってきたので、自分でピンセットで抜いた)

私は相談を受けて少しネットで調べて見ましたが、残っていても大丈夫
という結果。
しかし、残存したものが後から出てくる事に関して、それなりの説明や
注意が何もなかったため、友人は病院への不信感でいっぱいになって
います。

先生は縫合を推奨されているようでしたので、意見を聞かせて頂きたく
思います。
①抜鈎時に針を残していたことは正当な行為なのか。
②後から出て来る事や出てきた場合の注意はしないのか。
③もし、レントゲンで調べてもらい残存が確認されたあと
どのように処置してもらうのが良いのか。

長々と失礼いたしました。お時間の許すときのお答え頂けると幸いです。
by サンラビ (2012-09-13 11:15) 

Kim

サンラビさん、コメントありがとうございます。

スキンステープラーはずっと残っていても、あまり問題はありません(あくまで皮膚に)。
たぶん植皮の部分でしょうね。それについては専門外なので本当にステープラーがいいのか、ダメなのかは分かりません。

 以下ご質問にお答えします。
(1)正当ではありませんが、良くあることです。怪我をした部分は血液の固まりが残っていたり、頭だったら毛髪で見えなかったりです。徹底的に探すと痛がりますので、そこまでしてしなくても、、、、と言う気持ちが医師にはあります(これについてはいいか悪いかは分かりません)。
(2)良く意図が理解できないのですが、、、注意するというのは、患者さんへの説明という意味でしょうか?それでしたら、あまりしたことないです。
(3)レントゲンで見つけるぐらいですから、見つかった場合徹底的に探して全部とると言うことになるでしょう。

何か分からないことがあればまた書き込んでくださいね。

でも以後は承認制にさせていただきます。

by Kim (2012-09-13 16:40) 

サンラビの友

早速回答いただきましたのに、お返事遅くなってすみません。
サンラビさんに相談していた本人です。

(2)の質問については先生のおっしゃるとおり患者への説明という意味です。

スキンステープラーが出てくるたびに、不安になっていましたが
先生の回答を見て納得し安心することができました。

ありがとうございました。


by サンラビの友 (2012-09-24 14:12) 

Kim

サンラビの友さん、コメントありがとうございます。

植皮の部分はたくさんステープラーを使いますので、縫うのは大変なのかもしれません。

どちらにしても解決されたようで良かったです。

by Kim (2012-09-24 15:21) 

吉井

初めまして。医療用ステープラーというものがあることを初めて知りましたが
形がホチキスですが紙を留めるように皮膚をつまんでパチンととめるのですか。針を抜く時も麻酔するのですか
by 吉井 (2014-11-10 00:02) 

Kim

吉井さん、コメントありがとうございます。

抜く時のしか動画が見つかりませんでしたが、イラストは以下にあります。

http://www.kawasaki-seibutsu.com/products/skin.html

ちなみに普通は麻酔しません(縫う時も外す時も)。理由は麻酔も最初痛いからです。ステープラーを数発打つだけなので、麻酔を打つのと同じ痛みがあるからです。

ええっ!と言う風に思われると思います。それを忘れてしまうので、そう言う意味でも出来るだけ使うべきでないと考えています。

by Kim (2014-11-10 11:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。