So-net無料ブログ作成
検索選択

心肺蘇生時に人工呼吸器を使う場合 [CPRの基礎]

 皆さん、こんにちは。ACLS-OPコースです。

 今回は心肺蘇生時に人工呼吸器を使う事についてです。まずAHAガイドライン2005から、、、、

 In both the out-of-hospital and in-hospital settings, ATVs are useful for ventilation of adult patients with a pulse who have an advanced airway (eg, endotracheal tube, esophageal-tracheal combitube [Combitube], or laryngeal mask airway [LMA]) in place (Class IIa).

 と言う事で、脈がある患者さんでは有用です。以前記事にしていましたので詳しくはこちらをご覧下さい。

 利点は以下のような物です。
・救急車内、私の勤める病院のような人手不足の病院(^.^)などでは換気担当者が不要になるので、別の事をする事が出来る。
・過換気をするお歳のドクターがいたら、その人に注意しなくて良くなる(呼吸器の設定を過換気にされると苦しいですが)。

 欠点は以下の通りです(他にもあったら教えて下さい)。

・電源や酸素供給装置がないと使えません。
・気管挿管しないと使いにくいです。
・何となく換気が上手く行っていない感じがします。

 エビデンスの時代に感じがしますとは何事だと怒られそうですが、やはり感覚は大事で、医者でもそうでなくても、効きそうだと思わなければ(データでも見た目でも、名前でも何でも良いです)処方しませんし、飲みませんし、効きません。これについては後日記事にしたいと思います。

 人工呼吸中の患者さんが突然心肺停止になり、そのまま胸骨圧迫をすると人工呼吸器が上手く動作しません。今はほとんど補助呼吸に設定されています。補助呼吸とは患者さんの換気努力を関知して、それに出来るだけ合わせて換気を送るモードです。

 しかし、心肺蘇生中は難しいです。胸骨圧迫による胸腔内圧の変化が患者さんの換気努力と勘違いされてしまいます。それによって人工呼吸器が誤動作?して上手く換気されないかも知れません。

 やはり調節呼吸にしなければならないでしょうね。
nice!(4)  コメント(9) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 9

55BULL

初コメさせていただきます。
心肺蘇生の胸骨圧迫ですが、「漏斗胸」には通用しないですかね?

胸骨の変形の程度にもよると思うのですが、いままで疑問、というか、自分が漏斗胸なもんですから気になって・・・
by 55BULL (2010-08-05 21:38) 

あき

Kim先生が難しいと言われているという事は、私達にとってはもっと心肺蘇生って難しいんだなあと思いました。

昔、今みたいにAHAが普及する前ですが、急変に多く当たっていた時殆ど救命できなかったという空しい時期がありました。

最近はハイテクな時代になりましたが、医療はまだ人の手が必要ですよね・・・
by あき (2010-08-05 23:33) 

Kim

55BULLさん、コメントありがとうございます。

漏斗胸についてのご質問ありがとうございます。調べてみますね。

by Kim (2010-08-06 09:41) 

Kim

あきさん、コメントありがとうございます。

心肺蘇生を行う事は簡単です。深く追求しすぎてオタクになっているのでいけないだけです(^.^)。

確かに急変が助からない事例が多かったかも知れませんね。助かるべき人は助けられるようにお互い努力を続けたいですね。

by Kim (2010-08-06 09:43) 

屋台ブルー

初めまして、
リンクにある「In Japan, bystander CPR often not so helpful」をみると、日本におけるCPRの救命率って非常に低いんですね。1.5%... なんですね。
by 屋台ブルー (2010-08-20 09:00) 

Kim

屋台ブルーさん、コメントありがとうございます。

確かにそうです。が、ほとんどはしっかりCPRがされていない事が原因だと思います。しっかりCPRが出来るよう、多くの人にCPRを知ってもらう活動が大切で、少しずつですが行っています。

by Kim (2010-08-20 11:49) 

Kim

すみません、屋台ブルーさんの名前の所をクリックすると飛ぶサイトに書かれているんですね。

私の文章の中のAHAのガイドラインの中に書かれていると勘違いしていました。

by Kim (2010-08-20 11:53) 

川端 潤

木村先生お疲れ様です。
大変興味ある記事でした。
こんな質問、臨床現場ではあります。
マンパワーを考えるなら、CPR中は人工呼吸器管理も設定次第では可能では?との意見もあります。A/Cで呼吸回数8-10にしておく・・・・・
難しいですが、人がいるのであればやはりバックマスクにして、過換気を防ぐというのはBVMの方が管理しやすい気がします。またアラーム鳴りまくると思いますし・・・・
by 川端 潤 (2013-01-18 17:29) 

Kim

川端さん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりで、エビデンスはあまりないと思います。

病院ではBVMにするのが良さそうですが、それも色々ですよね。難しいです。

by Kim (2013-01-19 22:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。