So-net無料ブログ作成
検索選択

心肺停止でない人に心肺蘇生をして良いか? [CPRの基礎]

 こちらの記事のちょっと更新です。

 心肺停止でない人に心肺蘇生をしてしまったら何か問題が起きないのだろうか?と言う事です。

 AHAのガイドライン2010には次のようにあります。

 Dispatchers should recommend CPR for unresponsive victims who are not breathing normally because most are in cardiac arrest and the frequency of serious injury from chest compressions in the nonarrest group is very low (Class I, LOE B).
 救急指令者は、以下の2つの理由で、反応がなく、正常な呼吸をしていない傷病者に対して心肺蘇生を勧めるべきである。反応がなく、正常な呼吸をしていない傷病者は殆ど心停止状態であるし、心肺停止でない人に胸骨圧迫を行っても、重大な損傷の頻度は非常に低いためである(クラスI)。

 根拠となった文献は以下のもので、かなり新しいです!2010年に出版されています。すごい!!

White L, Rogers J, Bloomingdale M, Fahrenbruch C, Culley L, Subido C, Eisenberg M, Rea T. Dispatcher-assisted cardiopulmonary resuscitation: risks for patients not in cardiac arrest. Circulation. 121:91–97

 何とこちらから無料で全文が読めます!

Background— Dispatcher-assisted cardiopulmonary resuscitation (CPR) instructions can increase bystander CPR and thereby increase the rate of survival from cardiac arrest. The risk of bystander CPR for patients not in arrest is uncertain and has implications for how assertive dispatch is in instructing CPR. We determined the frequency of dispatcher-assisted CPR for patients not in arrest and the frequency and severity of injury related to chest compressions.

Methods and Results— The investigation was a prospective cohort study of adult patients not in cardiac arrest for whom dispatchers provided CPR instructions in King County, Washington, between June 1, 2004, and January 31, 2007. The study focused on those who received chest compressions. Information was collected through review of the audio and written dispatch report, written emergency medical services report, hospital record, and telephone survey. Of the 1700 patients for whom dispatcher CPR instructions were initiated, 55% (938 of 1700) were in arrest, 45% (762 of 1700) were not in arrest, and 18% (313 of 1700) were not in arrest and received bystander chest compressions. Of the 247 not in arrest who received chest compressions and had complete outcome ascertainment, 12% (29 of 247) experienced discomfort, and 2% (6 of 247) sustained injuries likely or possibly caused by bystander CPR. Only 2% (5 of 247) suffered a fracture, and no patients suffered visceral organ injury.

Conclusions— In this prospective study, the frequency of serious injury related to dispatcher-assisted bystander CPR among nonarrest patients was low. When coupled with the established benefits of bystander CPR among those with arrest, these results support an assertive program of dispatcher-assisted CPR.

背景
 救急指令者の電話による指導による心肺蘇生(以下CPR)はバイスタンダーCPR率を増やし、心停止からの生存率を増やす事が出来る。心停止でない患者に対するバイスタンダーCPRのリスクは不明であり、そのことが救急指令者が自信を持ってCPRを指導する事が出来るかに影響する。心肺停止でない患者に対する救急指令者の指導によるCPRの頻度、胸骨圧迫による損傷の頻度と重症度を調査した。

方法と結果
 この研究は、2004年6月1日から2007年1月31日までの期間、ワシントンのキング群にて発生した心停止でない成人患者についての前向きコホート研究である。胸骨圧迫を受けた患者を対象とした。情報は、救急指令者の手書き記録と音声記録、救急隊の報告、カルテ、電話調査から得た。救急指令者によるCPRを指導された1700人のうち、55%にあたる938人が心肺停止であり、45%(762人)は心肺停止でなかった。また1700人中313人(18%)は心肺停止でなかったし、バイスタンダーCPRを受けていない。心肺停止でなかったが胸骨圧迫を受け、予後の情報が得られた247人中、12%の29人が不快感を訴え、2%にあたる6人がCPRによって発生したか、発生したと考えられる損傷があった。肋骨骨折はたたの、2%の5人にしか認めず、内臓損傷を受けた者は皆無であった。

結論
 この前向き研究では、救急指令者の指導によるバイスタンダーCPRは、非心肺停止患者に行われても重篤な損傷の頻度は非常に低い。心肺停止患者に対して行われたバイスタンダーCPRの利益は文献で証明されており、この研究の結果は救急指令者の指導によるCPRを勧める確実な根拠を示した。

 みなさん、よく分からない時には119番通報すれば、電話に出た人が色々教えてくれますよ!

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。