So-net無料ブログ作成

Mac OS LionのリカバリーUSBを作りましょう [Mac(パソコン)について]

 Macネタ続きです。昨日の記事でUSBメモリーをMacとWindowsのパーティションに分けましたね。

 今回はMacのパーティションの部分を扱います(と言ってもたいしたことではありません)。

 今の最新のMac OSはLionと言う物です。これは初めて?CDやDVDでなく、ダウンロード版のみの販売です。お店に行ったり、ネットショッピングしなくて良いし、確かに毎回アップデートしているとDVDがゴミになります。

 しかし、いざという時に困ります。今使っているパソコンの調子が悪くなったら、、、、、、どうするのでしょう??以前であればDVDから起動して修復、あるいは再インストールができましたが、Lionではファイルがダウンロードで提供されていますので、、、、、出来ません。またMacBook AirにはDVDドライブがありませんし、、、、

 心配はいりません。ちゃんとUSBメモリー版というのもあります。こちらは6200円で購入出来ます(Apple Storeから)。ダウンロード版が2600円なので、USBメモリーが3400円と言う事でしょうか。最近は、16Gのものが1700円程度で買えるので、、、これは高いです。それに、ダウンロード版をすでに買っているのですから、6200円まるまる出費です。

 心配しなくても自作できるんです!

 家にUSBメモリーの一つや二つ余っている方もおられるのでは?それを使いましょう。昨日作った4.5G以上の容量のMacパーティションを使います。4.8Gにしてもいいです。

 こちらから、無料のアプリをダウンロードします(アップル社公認です)。

 そのアプリを起動し、昨日作ったパーティションを選択してボタンを押すだけ。簡単です。時間も5分あれば終わります(機種によりますが)。

 念のためオプションキーを押しながら再起動してみると、USBメモリーが起動のディスクとして選択できるはずです。それで起動してみると、タイムマシンから修復、再インストールなどが選べます。便利ですね!!

 何故パーティションを切るかというと、Lion復元ディスクアシスタントと言うアプリは、ディスク全体を使用してしまい、そのディスクは他の用途に使えなくなります。4Gちょっとあればいいらしいですが、例えば32Gのメモリーを使ってしまうと、28Gもったいないです。よってパーティションを切れば使えると言うわけです。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。