So-net無料ブログ作成
検索選択

心静止と間違えられる原因で一番多い物(真面目な話じゃありません) [講習会]

 週末は講習会でした。年に数回のコースディレクターです。と言っても事前の手配とか救急医学会への申し込みとかほとんどスタッフがやってくれるので、、、、、

 ブースでメガコードをしている時に、突然心静止になってしまいました。

インストKim 「60歳の男性で、小池さんです。30分前から続く胸痛で来院されました。今救急外来のベッドに寝かされている所です」
受講生さっしー 「分かりました!小池さん、どうされました??」
Kim 「30分前から胸が痛くて、息苦しくて、胸がドキドキするんです。かわいいあなたを見たら、余計ドキドキしてきました!」
さっしー 「えっ!私に恋しちゃったんですか?それは困りましたね〜、誰か〜!助けてください!」
受講生みいちゃん、ゆきりん、あきちゃ、れな 「どうしましたか?」
さっしー 「この方、60歳の男性で小池さんです。胸痛で歩いて来院されたんですが、私に恋してしまったみたいです。」
みいちゃん 「さっしーに一目ぼれするなんて、それは重症ですね〜。」
さっしー 「そんな事ないですよ!普通です。そうじゃなくて、この人は胸痛で来院しています。みいちゃんは酸素をお願いします。とりあえず5リットル/分で。ゆきりんは救急カートを持ってきてください。あきちゃはモニター付き除細動器の準備をお願いします!」
(色々集まってきた)
さっしー「心電図を確認します。脈を触れながら、、、、っと。QRS幅の広い頻拍ですね。血圧やSpO2はどうでしょうか?」
Kim 「血圧は60しかないですね、、、、SpO2は90%です。」
さっしー 「ぼーっとしたりしませんか?私はいつもぼーっとしていますが。」
あきちゃ 「さっしー!心静止になりました!」
さっしー&Kim 「え!???」
さっしー 「脈も触れません。ゆきりん胸骨圧迫を開始してください!」
Kim 「いや、ちょっと待ってください、、、、、そんなはずはないんですが、、、、、パソコンではVTのままのはずです、、、、一時実技中止です。ごめんなさい。」
れな 「ですよね、、、、びっくりしちゃいました!」

 心静止のような波形を見つけたら、リード、感度、誘導の順に確認しましょうと2000年ガイドラインに基づいたコースでは教えていました。フラットラインプロトコールと言うものです。2005年ガイドラインから、このプロトコールがあまり強調されなくなりました。理由については以前書きました

 でも確認は大切です(インストは知っていた方が良いでしょう)。

 リード線はちゃんとつながっていますし、感度も誘導も大丈夫でした。人形→リンクボックス→パソコンと接続があるのですが、問題ありません。パソコンを再起動しても変わりません、、、、パソコンがリンクボックスを認識しないとダメなんですが、認識しません。

 別のインストに来てもらって確認しました。すると、、、、、コンセント抜けてます、、、、でした。コンセントが刺さっているように見えたんですが、半分抜けていました。私の長い足で引っかけたんでしょう、、、、たぶん。

 パソコンとリンクボックスに電源が必要で、パソコンは内蔵バッテリーで動いていたんでした。リンクボックスに電源ランプがあるのですが、あせって忘れていました。

 スーパードクターKと言うマンガで、赤ちゃんの手術をしたやぶ医者が、赤ちゃんの状態が良くならないのに困ってスーパードクターKを呼び戻したら、コンセントが抜けているぞ、、、、と言う話がありました。まさにその時のやぶ医者と一緒でした(^.^)。

 いつも基本に戻って対応しなければなりませんね。人形で良かったです。

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 4

Hirosuke

真面目な話、これでAEDされたら死んじゃいますよね?

by Hirosuke (2011-11-14 16:44) 

Kim

Hirosukeさん、コメントありがとうございます。

話がごっちゃになっていて申し訳ありません。

まず本当の人にAEDを使う場合、バッテリー内蔵ですので、間違えてショックをする事はまずありません。AEDは間違えてショックをかけない設計になっています。

シミュレーターの電気が切れていたと言う事です。モニター付き除細動器もバッテリー内蔵していますので、電源が切れることはあまりないです。

by Kim (2011-11-14 21:38) 

めめ

お疲れさまです。こんにちは(^o^)
トレーニングだったから、良かったですよね。
弘法も筆の誤りと言うことでしょうか。
by めめ (2015-03-13 14:13) 

Kim

めめさん、コメントありがとうございます。

そうです。トレーニングで良かったです。

常に機械の故障を頭に入れておかねばなりませんね。

by Kim (2015-03-15 23:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。