So-net無料ブログ作成
検索選択

胃切除後には注射でしかビタミンB12を投与できないのか?? [医学関連]

みいちゃん 「AKB48と学ぶ医学のコーナーです!」
マリ子様 「なんか、最近何でも私たちがやってる気がしますが、、、、」
たかみな 「いいんです!私たちをきっかけに色々なことを知っていただければ!」
まゆゆ 「さて、今回のテーマは胃切除と貧血ですまゆゆ〜!」
ゆきりん 「癌などで胃を全部切ってしまうと貧血になるんだそうです。知りませんでした、、、、」
こじはる 「なんで?」
ともちん 「理由は色々ですが、有名なのは、鉄欠乏性貧血とビタミンB12欠乏性貧血です。」
ゆいはん 「鉄については次回のお楽しみ!今回はビタミンB12です。」
あきちゃ 「ビタミンB12の吸収は、胃から出る内因子という物質とビタミンB12がくっついて吸収される仕組みのようですね。胃を切ってしまうと、この内因子が出なくなるので、口からビタミンB12を飲んでも吸収されないという訳です。」
きたりえ 「ビタミンB12は5年分ぐらいの備蓄があるらしく、胃切除後数年たってから症状が現れます。胃切除の時にすでに足りなくなっている人もいるからです。」

みいちゃん 「じゃあ、胃を全部切ってしまった人は、ビタミンB12をとれないから、注射しないとだめなの?」
らぶたん 「注射、私嫌いです、、、、」
ゆきりん 「確かに、確かに」
あーみん 「さて、注射以外の方法は?についてUpToDateにありました。"ビタミンB12と葉酸欠乏の診断と治療"という文献です。」
さやか 「Oral and nasal formulations — An alternative that appears to be as effective as parenteral therapy, but which requires much greater patient compliance, is high dose oral cobalamin. The rationale for this approach in patients with impaired intrinsic factor function is the presence of a second, lower efficiency transport system for Cbl that does not require intrinsic factor or a functioning terminal ileum. This system consistently produces adequate long-term vitamin B12 replacement at doses of 1000 to 2000 mcg/day. Because of variability in absorption, lower oral doses are not completely effective in some patients with pernicious anemia [37]. Similarly, use of "timed release" oral Cbl preparations should be avoided [38].

The dose given in this situation (1 to 2 milligrams/day) is more than 200 times higher than the minimum daily requirement for normal subjects [39], and significantly higher than that available in most standard multivitamins and B12 supplements (≤100 mcg/day) [40].

In the few randomized clinical trials which have been reported, the use of oral cobalamin (1000 to 2000 mcg/day) in newly diagnosed patients was found to be as effective as intramuscular administration in obtaining short-term haematological and neurological responses in vitamin B12-deficient patients [41-43].

Because of the possibility of erratic absorption, it is most appropriate to use this route of treatment AFTER the patient's Cbl status has been normalized with parenteral treatment and/or to monitor the response frequently with determinations of serum Cbl and methylmalonate concentrations.

Cobalamin can be also be given sublingually [44], or via a nasal spray or gel [45]. Sublingual and nasal routes of treatment have not been adequately studied and the available formulations are expensive [8].」
ともちん 「やっぱりさやかは英語上手いね。」
さやか 「日本語の台詞が欲しいかも知れない、、、、、」
ちゅう 「内服、経鼻投与の製剤ー点滴(や筋肉注射など)と同じくらい有効と思われる代替治療はビタミンB12大量内服療法である。しかし、患者さんのコンプライアンスが必要である(コンプライアンスは、患者さんが医者の指示に従うと言うようなことです)。」
マリ子様 「ふむふむ」
ちゅう 「内因子の機能が障害された患者におけるこの治療法の理屈は、効果は少ないが、回腸末端に存在する内因子を必要としない二番目のビタミンB12輸送機構の存在である。この機能により、1日1〜2mgの内服により適切なビタミンB12の補充が可能である。吸収能が様々なので悪性貧血の患者においては、低容量では無効であるかも知れない。同様に、徐放剤?("timed release" oral Cbl preparations)は避けるべきである。」
わさみん 「この状況における投与量(1〜2mg/日)正常人の必要とする量の200倍以上の量であり、通常市販されているビタミン複合剤やB12製剤の含む量よりも明らかに多い。」
れいな 「数件の無作為化臨床試験では、内服のビタミンB12製剤(1〜2mg/日)は、ビタミンB12欠乏症の患者における短期の血液学的、神経学的症状の改善において、筋肉注射と同等の効果があったことが示されている。」
たかみな 「過剰に吸収される可能性もあるので、この方法で治療する場合は、必ず患者のCbIを点滴などで正常化した後に開始し、頻繁に治療に対する反応をチェックする事が非常に重要である。」
みゃお 「ビタミンB12は舌下や経鼻からも投与できる。スプレーやジェル製剤がある。舌下と経鼻についてはエビデンスが少なく、製剤が非常に高価である。」
みいちゃん 「色々な方法があるみたいだね。注射にするのか飲み薬にするのか、お医者さんに相談だ!ですね。」
ゆきりん 「関係ないけど、僕の太陽を聞いてください!」


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 4

shiraishi

なかなか難しいですね。
胃を切除したら、スペースが減少するので、経口で摂取出来る量は限られていますからね。
痛い注射で補うよりは、経口の方がいいですが、注射の方が現実的でしょうか?
by shiraishi (2012-08-05 06:25) 

Kim

shiraisiさん、コメントありがとうございます。

それでも、普通のビタミン剤を毎食後に飲むだけの量です。時々注射をするというのもよし、毎日薬を飲むのもよしです。

全ては患者さんの希望になると思います。

by Kim (2012-08-05 07:15) 

名無しさん

例え10年前の記事でも、昨日のようにレス付ける、K(場の流れを一切考慮しない)Y俺が来ましたよ
(あ、すいません、通りすがりですんで足跡をば・・・)

ビタミンB12の大量摂取ですが、海外(アメリカですわね)で広く一般的に発売されてるMethylcobalaminのサプリ製剤(舌下吸収型)を買えば安いっすよ
いつも使ってるのでしたら60~100錠入って、$10程度で買えます(1錠辺り1mg/2.5mg/5mgの3種類が存在、味付き[基本チェリーorベリー系味一辺倒ですが]もあります)
しかも送料もやっすいですんで使い易くていいですよ
稀にほぼ味なしと苺味もありますが

そういや数年前にどこだったかのドクターがなんだっけ?実験で実際人体にどの位までならMethylcobalamin流せるかの人体実験やった事がありましたね、点滴で
30mgのMethylcobalaminを点滴で流しても大丈夫だったらしいですね
(神経性の難治疾患患者さん使った実験らしいですが、まあ私も難治性疾患持ちなので、実験には期待してたりもしたんですががが)
by 名無しさん (2016-03-03 14:43) 

Kim

名無しさん、コメントありがとうございます。

動画がリンク切れていて、訂正させて頂きました。

アメリカの文献にビタミンB12は安いから大量投与しても良いんだみたいなことが書かれていて、なるほどと思いました。勉強になりました。

by Kim (2016-03-03 14:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。