So-net無料ブログ作成

ACLS for Experienced providersコース [講習会]

 こちらの動画をご覧ください。

 ACLSとは、Advanced Cardiovascular Life Supportの略です。「高度な心血管生命補助」が直訳ですが、日本では二次救命処置と呼ばれています。ACLSはAHA(American Heart Associatin;アメリカ心臓協会)というアメリカの循環器の大きな学会がやっているもので、商品名です。写メール、テトラポッド、エレクトーンなどと同じで、最初にインパクトが大きいと、それが通称になってしまう訳です。

 日本では二次救命処置=ACLSみたいな感じがあり、「救急外来でACLSを行いましたが、救命できませんでした」みたいなことを言う人がいますが、厳密に言えば間違いです。ACLSだけで人が助かる訳ではないので、「ACLSをしましたが助かりませんでした」と言うのは、「車の免許をとりましたが、彼女とドライブに行けませんでした」みたいなのと同じです。

 アメリカでは、医療従事者として病院で働くため(他にも色々な場面で要求されるようですが)には、ACLS(別の団体のでも良いようですが)の資格を維持し続けなければならないようです。よって日本とは違って、必死に受講します。二年で期限が切れますから、二年ごと。

 で、同じ事ばかりしていても面白くないだろうと言う事で、経験者向けACLSコース(ACLS-EPコース)というのがあります。これは午前中に簡単な講義とBLS、ACLSの試験があります(実技と筆記)。ACLSの更新はあちらでは必須なのでこれは外せません。

 午後には色々な症例を見てもらい、みんなでディスカッションするという形式です。盛り上がると楽しいのですが、大人しい方が多いと、インストラクターとしては技術を試されます。私も時々インストラクターとして参加させていただいていますが、いつも苦労します。

 ACLS受講後でないと受けられませんので、受けたばかりでもっと勉強したいとか、ACLSの更新時には、是非こちらのコースをご検討ください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。