So-net無料ブログ作成

震える舌と言う映画を見ましょう [医学関連]

 渡瀬恒彦さんが3月14日に亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 追悼のため出演作品を見ましょうみたいな事が行われています。私が印象に残ったのは「震える舌」という映画です。これは破傷風になった娘さんをモチーフにして書かれた小説を映画化した物です。八つ墓村の監督が作っていますので、ちょっと怖いですが、破傷風の恐ろしさが描かれています。渡瀬恒彦さんはお父さん役で出演されています。最後の方で流す涙のシーンは感動します。

 レンタルビデオ屋さんでも借りられると思いますので、この機会に是非ご覧戴きたいです。

 知りませんでしたが、YouTubeで映画が見られるんですね。こちらのリンクでは300円払えば映画が全部見られるようです。

 この映画をご覧になって、是非破傷風の予防注射を受けることを検討していただけたら嬉しいです。


nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

midori

子供のころテレビで放映されたのを観て、いまでもトラウマになってます。
私の小学生時代は、夏休みなどの長い休みの前に
休みの間の注意事項としていろいろ先生などから言われたのですが、
その中に「古釘を踏まないこと」「踏んでしまったらすぐ病院に行くこと」
というのがありました。
それはなぜか、「ハショーフー」になったら大変だから。
親からもきつく言われて、でもよくわからなかったのですが、
「ハショーフー」が「破傷風」であり、なったらどうなるか、
それを認識したのがこの映画です。
ヘタなホラー映画より怖いですよね。
お母さん役が十朱幸代で、娘が発作で舌を噛もうとするのをかばって
自分の指を噛まれたので、自分も感染したかもしれないと覚悟して、
髪を切ってお父さん役の渡瀬恒彦に渡してました。おお怖い。
by midori (2017-03-20 22:45) 

Kim

midoriさん、コメントありがとうございます。

仰るとおりです。怖い病気ですので是非予防注射をして頂きたいです。

by Kim (2017-03-21 20:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。