So-net無料ブログ作成
検索選択

明日の朝は病院にまた来てもらいましょう。 [研修医教育]

 当直の時に、患者さんは入院する様な状態ではなく、帰宅可能だという場合も多いです。帰宅していただく場合には、こういう風になったら再度受診してくださいとお話しします。直ちに救急車を呼ぶべき場合もありますが、そうでない場合には、明日の朝受診をお願いしますというのが原則だと私は習いました。

 以下はその理由です。

・夜中は判断力が低下しています。
・ミスがあっても何とかなります。
・病院の外来患者数を増やすのも意味があります。

・夜中は判断力が低下しています。
 私が最初に習った小児科の先生に言われたことです。その先生は必ず朝外来に来るようにお話ししていたそうです。例え自分が外来担当であってもです。そして、朝来院した患者さんが結構ぐったりしていて、カルテを見直しても何故夜中に即入院にしなかったのかとぞっとすることがあると言っていました。
 やはり夜は精神状態が普通ではありません。夕方病院へ来て働き始めるわけではありませんので、結構疲れていますし、何故他の人が寝ている時間に働らかないといけないんだ?と言う気持ちもあります。だから夜中の判断は正常ではありません。間違いを犯す率も高いです。

・ミスがあっても何とかなります。
 ミスがいくつも重なって重大な事故が起こると言われています。夜中に帰れるぐらいの状況の人です。何とかしましょう。そして、前日の夜に自分の病院にかかっていれば、外来担当医は通常何とかしようとしてくれます。これが別の病院へ行ってしまうと、悪口を言われたりすることがありますから、大変です。私もその経験があります。

・病院の外来患者数を増やすのも意味があります。
 病院は色々ありますが、一応商売ですから利益を上げなければなりません。利益がないのに看護師さんやスタッフの給料は出せませんし、良い器械も買えません。利益をあげなければ、患者さんに良い医療を提供できません。
 よって、当直中に来た患者さんを全員翌日受診とすれば、外来患者さんが増えて病院が儲かるかも知れません。

 と言う事で、当直中に患者さんが来て、帰宅してもらう時には、明日ここに来てくださいと伝えるのが良いと思います、、、、、、、、、たぶん。


nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。