So-net無料ブログ作成

電気ショック時に生理食塩水を浸したガーゼを使っても良いのか? [CPRの基礎]

 一昨日の記事の続きです。電気ショックを行う場合に、ジェルやジェルパッドがなかった場合、生理食塩水を浸したガーゼを使っても良いのか?と言う質問を受けました。

 私はダメだと思います。一番の理由は、それを用意する時間と手間です。あらかじめそのようなガーゼを生理食塩水に浸した物を用意するのであれば、ジェルやジェルパッドを用意すべきでしょう。もし、電気ショックを行う時にガーゼを出して生理食塩水を浸しているのであれば、電気ショックが直ちに行えません。やってはならないと思います。

 「生理食塩液に浸したガーゼはゲルパッドの代用となるが、生理食塩液が過量なために胸壁を伝わって流れてガーゼ間が生理食塩液でつながると、通電時に電気が体表の生理食塩液を伝わって流れ、電気ショックの効果が得られない可能性があるので注意する。」と救急診療指針改訂第4版P.148(へるす出版)にも書かれていますし。

 電気ショックは患者さんを救うエビデンスがある大切な手技です。ちゃんと行えるようやり方を勉強しておくべきですし、最高の電気ショックを行えるように道具もそろえておくべきでしょう。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。