So-net無料ブログ作成

抗精神病薬を飲んでいる人にアドレナリンは禁忌か? [CPRの基礎]

 心肺停止時にはアドレナリン(アメリカでは今でもエピネフリンと呼んでいます)を投与します。社会復帰率を高めるというエビデンスはありませんが、心拍再開率を高めるため使われています。

 精神科の先生に聞かれたのですが、抗精神病薬の添付文書にはアドレナリンが禁忌と書かれているそうです。では、精神科の患者さんが心肺停止になったりアナフィラキシーになったりした場合、どうしたら良いのでしょうか???

 結論を先に書きます。

 抗精神病薬を飲んでいてもアドレナリンを使いましょう。心肺停止やアナフィラキシーの時には細かいことを行っている余裕はありません。

 まず禁忌となっている理由を書きます。

 アドレナリン反転という現象があります。アドレナリンを注射すると最初は血圧が上がりますが、少し時間が経つ(アドレナリンが低濃度になる)と血圧が逆に下がります。血圧が上がるのはα1受容体、血圧が下がるのはβ2受容体のせいだと言われています。よって、β遮断薬をあらかじめ投与しておくと、血圧が下がることがなくなります。
 また、抗精神病薬もそうですが、α1受容体の拮抗作用がある薬を投与されていると、アドレナリンを投与しても血圧は上がらず、β2受容体の作用が強くなり、アドレナリンを投与したのに血圧が下がってしまうそうです。このために、抗精神病薬はアドレナリンとの併用が禁忌となっています。


 抗精神病薬を飲んでいる人がアナフィラキシーや心肺停止となった時に、アドレナリンを投与すれば、アドレナリン反転現象が起こる可能性はあります。しかし、こちらこちらを読んでいただければ分かりますが、心肺停止もアナフィラキシーも致死的な状態ですし、アドレナリン以外に良い薬がなく、アドレナリン反転現象が起こるという根拠に乏しいため、抗精神病薬内服中の患者さんにはアドレナリンが禁忌と書かれていますが、使うことは許容されるだろうという事です。

 現場は色々ですね。ただし、アドレナリンが抗精神病薬内服中の患者さんには禁忌であると言う事は覚えておく必要がありますね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。