So-net無料ブログ作成

脊椎麻酔をすると最初に足が温かくなるのは何故か? [医学関連]

 昨日の記事の続きです。

 おさらいですが、局所麻酔薬は細くて無髄の神経から麻酔されます。

 そして細い順にC線維、B線維、A線維でした。C線維だけ無髄だったのですね。

 さて、昨日とは矛盾するのですが、本当は局所麻酔薬が最初に効いてくるのは、有髄のB線維なのです!!何故かは分かりません(不勉強ですみません)。

 脊椎麻酔を行うと、最初にB線維がやられます。B線維は交感神経の節前線維で、簡単に言えば交感神経がブロックされます。人間は通常交感神経優位になっていますので、交感神経が抑制されると容易に副交感神経優位となります。交感神経は血管を締めて血圧を上げる作用がありますので、脊椎麻酔をすると血管が広がります。血流が増えた足は温かくなります。しかし、まだ温痛覚は保たれています(痛みを感じる神経と温度を感じる神経は同じと考えられています)ので、足が温かくなったと感じます。

 次に痛みの神経が麻酔されますので、温かさも痛みも感じなくなります。

 なので、脊椎麻酔をすると最初に足が温かく感じるのです。

 記事を稼ぐために正座はまた明日にします(^_^)v。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。