So-net無料ブログ作成
検索選択

心静止にペーシングは有用か? [CPRの基礎]

 心静止にペーシングを行っていた時代がありました。私がモテモテのイケメン研修医だった(妄想です(^^))頃、25年以上前です。

 しかし、今はペーシングはむしろ禁忌とされています。

 例えば、日本蘇生協議会のガイドライン2015(こちらのP.76、書籍だとP.89)には以下のようにあります。

 「院外や院内の心停止に対して経皮あるいは経静脈ペーシングを行ってもROSC率あるいは生存率は改善されなかった。ペーシングを開始した時期(心静止して間もないのか、心静止して時間が経っているのか)、心停止の場所(院内か、院外か)、あるいは初期調律(心静止か、PEAか)にかかわらず、明らかな利益は得られなかった。」

 AHAは「心静止を示す心停止の患者にTCPを使用することは推奨していない(ACLSプロバイダーマニュアル2015年度版、P.116)」と言っています。

 ところが、ERCはガイドライン2015の110ページで以下のように述べています。

 Whenever a diagnosis of asystole is made, check the ECG carefully for the presence of P waves, because this may respond to cardiac pacing. There is no benefit in attempting to pace true asystole.

日本語がいい方はこちらを。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問