So-net無料ブログ作成
検索選択

治療を受けるべきか?受けざるべきか? [医学関連]

 ネットなどで、抗がん剤なんて受けるべきじゃないとか、手術なんて受けるものじゃないとか書かれているのを見ることがあります。へえ〜そうなんだ!と思ったあなた。医療は特別なものじゃありません。自分の専門でも良いですし、普通の日常生活に置き換えて考えてみてください。書かれていることを、うのみにしてはいけないことがすぐ分かります。

 私はいつも飛行機に例えて説明しています。

 あなたは1週間の休みをもらいました。あこがれの北海道旅行をしたいと考えました。さあ、あなたはどうやって旅行をしますか?

 色々な対応があると思います。
・飛行機を使う
 お金はかかるかも知れませんが、一番早く着きますから、長い時間北海道にいられます。移動も楽です。ただ、お金はかかるでしょうし、もしかしたら墜落して死ぬかも知れませんし、ハイジャックにあうかもしれません。
・新幹線を使う
 新幹線で行けば、まあまあ早く着くでしょう。でも、飛行機よりは長くかかります。移動時間は座っていなければなりませんから、疲れるかも知れません。事故に遭う可能性ももちろんありますが、飛行機事故よりは助かる可能性が高いかも知れません。北海道にいられる時間は少し減ります。

 他には、鈍行電車を使う、船を使う、車を使う、歩いて行く、そもそも旅行をやめると言う様な方法が考えられます。

 どれも一理あります。どれが正解か分かりません。どれも正しいし、どれも間違っています。良いところ、悪いところを知った上で総合的に決めますよね。が、抗がん剤なんてと言う記事は、北海道旅行を辞めなさいと言っているのと同じです。また抗がん剤はすごい!と言う人は、飛行機は素晴らしいと言うのと同じです。

 多くの医療従事者は、こういった利点や欠点があることを知っていて、患者さんに合うかどうか、自分の施設で提供できるのか?等など色々なことを考えて対応しています。

 ある人には船が良いでしょうし、別の人は新幹線が良い場合があります。それを判断するのが専門家です。単純に決められるものではありません。ネットに書かれた方は、たまたま抗がん剤の不利益が前面に出たのかも知れませんし、手術の不利益が出てしまったのかも知れません。もしかしたら、一般的な例だったのかも知れませんが、それは分かりません。

 一方的な情報に惑わされないように注意しましょう。
nice!(7)  コメント(0)