So-net無料ブログ作成
検索選択

医師国家試験に合格したみなさんへ [雑談]

 昨日は医師国家試験の合格発表がありました。新しく医師として歩き始める皆さん、おめでとうございます。残念だった方はまた来年があります。1年ぐらい長い人生たいしたことありません。この一年で人間を豊かにする努力をしましょう。試験に落ちるなんてとても辛いことではありますが、医師として働く前に、医学以外の事を勉強する時間をもらえたんだと思うようにしてはいかがでしょうか。

 さて、こちらのブログをお読みください。今日は超手抜きです!!

 一つだけ。病棟からコールがあったら、「直ぐに行きます!」以外の答えはないと言うことについて付け加えです。看護師さんたちは、研修医であるあなたに連絡するより指導医に連絡した方が良いこともあります。なぜなら直ぐに指示をもらえるからです。

 しかし、研修医であるあなたは、受持患者さんの情報をまずもらえるようにすべきです。先生の受けもちのAさんが発熱しています!と言われたら、えーあの人糖尿病の教育入院で熱が出るはずないのに、、、、、、糖尿病があるから感染しやすいんだし、、、、、どうしよう?とか考えるはずです。この考えるという事があなたを成長させます。これをこれから一生地道に続けることで、あなたの医師としての腕を成長させるのです。

 看護師さんに嫌われて、あなたに情報が行かず、指導医に先に行くとどうなるでしょう?よほど分かっている指導医なら、これは研修医の先生に伝えてもらえませんか?と言うでしょうが、指導医も忙しいので、「確か隣の部屋でインフルエンザが出ているんだよね。じゃあ、インフルエンザの検査をしておいてください。」と言う事になり、折角の考える機会を失ってしまいます。

 別に看護師さんをけなすわけではありませんが、看護師さんたちは問題を解決しなくても、医師が患者さんの所へ出向けば満足する場合も多いです。患者さんも同じです。先生の顔見たら治りましたと言う人は意外にいます。よって、病棟からコールがあったら、返事は一つ。

「はい!今すぐ伺います!!」

 患者さんの所へ入っても何も分からないかも知れません。それは当たり前で看護師さんも期待していません。すぐ指導医に相談して、例えば30分以内に再度連絡します!等と言えば、全く問題ありません。多くのカリスマ指導医の先生は、若い時患者さんの所に誰よりも朝早く行き、看護師さんにも丁寧に対応していたという話を聞きます。

 そして、お気に入りの看護師さんがいれば、途中で飲み物やお菓子でも買っていったり、休みの日であれば、帰りにご飯でも行きませんか?とかすれば、あなたの人生はもっと豊かになるかも知れません、、、、、、、、たぶん。


nice!(4)  コメント(0)