So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年08月| 2017年09月 |- ブログトップ

クイズです! [CPRの基礎]

 突然ですが、あるなしクイズです!

東京ディズニーランドにはあるが、ユニバーサルスタジオジャパンにはない。
東京ディズニーシーにはあるが、ハウステンボスにはない。
東京ドームシティーにはあるが、東京ドーム内にはない。
甲子園球場の二階と三階にはあるが、一階にはない。
東京タワーの地下にはあるが、東京スカイツリーの地下にはない。

さて何でしょう?

答えを知りたい方はこちらをご覧ください。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

背板は必要か? [CPRの基礎]

 以前の記事のアップデートです。

 病院の中で患者さんが心停止するのは、病室が意外に多いそうです。文献によれば、一般病床が54%と一番多かったそうです。蘇生のトレーニングは、床とか硬いベッドの上で行います。きっと硬いところで心肺蘇生をするのがいいのでしょう。

 では、普通のベッドの上で患者さんが心停止した場合、背中に板を入れて硬くした方が良いのではないか?と言う疑問が出てきますね。

 以下の本の45ページにも出てきます。





 今回はこの事について考えてみましょう。

 日本蘇生協議会のガイドライン2015の43ページには、以下のようにあります。

 「ベッド上の胸骨圧迫はしばしば浅くなりすぎることが報告されている。柔らかいベッドの上でCPRを行う場合は、胸骨圧迫の効果を最大限に発揮させるために、可能ならば背板を用いてCPRを行うことは理にかなっている。背板は患者の頭部から骨盤部までを保持する大きさであると胸骨圧迫の深さが増す。背板を使用する場合は、胸骨圧迫の開始の遅れや胸骨圧迫の中断を最小にすべきで、背板を敷くときにカテーテルやチューブが外れないように注意する。脱気できるマットレスであればCPR中は脱気すべきである。 CPR を行うために患者をベッドから床に下ろすことの危険性と利点を検討した研究はない。」

 よって背板を入れるのは良いのでしょう。

外国のガイドラインはどうなっているのでしょうか?


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

AEDと君の瞳、どっちが強力? [CPRの基礎]

 先日、群馬県高崎市にあります高崎ブラジャーホテルで開かれました、第48回日本合コン医学会総会の発表を紹介します。

 最初に書いておきますが、もちろんこんなホテルはありませんし、こんな学会もありません。冗談ですのでお間違えなく。

 以下の曲はオリコン一位をとった名曲です。よく1万ボルトではなく、100万ボルトと間違えられるようです。どっちでもいいのですが、10000ボルトが正しいです。



 さて、AEDを含めて心室細動の患者さんに電気ショックを行う場合、150Jとか200Jとかのエネルギーを与えます。どうやってそのエネルギーを作り出すのかは知りませんが、なんと2000ボルトぐらいかかっているようです。例えば、こちらのページをご覧ください。

 で、どちらにしても君の瞳の方が強力であることが分かります。

 合コンや愛の告白をする場合、「君の瞳は人の命を助けるAEDの少なくとも5倍の力があるよ」と耳元でささやけば、成功する可能性は46%以上であるという発表がありました。nは4648人と言うことでかなりの大規模な研究です。

 よって、日本合コン医学会では、愛の告白をする場合に、AEDと比較した言葉を使うことを強く推奨することになりました。学会員の皆様、周知の程よろしくお願いいたします。

 コード・ブルーに出てくる藤川先生は、瞳にやられるより先にAEDにやられてしまいましたので、そうならないようご注意を。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

2017年08月|2017年09月 |- ブログトップ