So-net無料ブログ作成
飛行機について ブログトップ
前の10件 | -

医療事故調査委員会が出来たとして信用できるのか??? [飛行機について]

 以下の本を最近読みました。ってことで、終わりにしてはいけないので、、、、、、





 これはある航空機事故に対する事故調査委員会の不正?と戦った当事者の機長の書かれた本です。簡単に言えば、航空機事故が起こった場合、アメリカでは機長などの個人を責めることなく調査が行われて行きますが、日本では犯人捜しになっていると言うことです。つまりは機長が悪いと言うことです。詳細は読んでいただくとして、、、、、、

 医療の分野でも、同じような調査委員会を作ろうという雰囲気がありますが、これでは果たして信用できるのか、、、、、日本はどうしてこんな国になってしまったのでしょう?

 そもそも事故調査委員会というのは、起きてしまった事故を調べると共に、今後同じ事が起こらないようにするというのが目的ではないかと思うのですが、、、、

 経管栄養剤(胃や腸に入れるべき薬、どろっとしたジュースみたいなもの)を間違えて血管内に点滴してしまったという事故がありました。みなさんは、なんでそんなことが起こるんだ!!とびっくりしますよね。でも、経管栄養剤を入れる管と点滴の管はほとんど同じものだったのです。間違えたお前が悪い!では、不幸な事故が繰り返されます。よって、現在は経管栄養剤を入れる管は、静脈へ入れる管とは物理的に接続できないような形になりました。だから、もし間違えて接続しようとした人がいても、接続できません。だから、そのようなミスは二度と起こりません。
 学生時代に習いましたが、電車はブレーキが故障するとブレーキがきくような構造になっているんだそうです。つまり普段はブレーキを外す方向に機械が働いている、、、、、私が習った大学病院では手術室の笑気(麻酔のガスです)の管からは、酸素20%+笑気80%のガスが出てくるようになっていたそうです。もし間違えて笑気だけを投与(新しい麻酔器では、それが出来ないようになっていますが)したとしても死なない、、、、、

 こうすることこそ、みんなの幸せに繋がるのです。是非そう言う事故調査委員会を作っていただきたいです。以下のような委員会は解散してしまったようです、、、、、



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

間違えても大変なことにならないように、、、、 [飛行機について]

 先日発生した事故についてです。こちらの記事にあるように、ANAの子会社のAir NipponのBoeing 737が急降下したようです。

 機長がトイレにたった(たぶん)ので、コックピットのドアを開けました。そして機長が戻ってきて再度ドアを開けた時に、間違えて機体の姿勢を調整するスイッチを触ってしまったと言う事です。

 機体は30秒で1900mも降下したと言う事です。

 これには二つ問題点があるでしょう。

 一つ目は、コックピットのドアを開けるスイッチと、機体の姿勢を調整するスイッチが近くにあって、どっちも回すタイプのものだったと言う事です。今まで同じような事故が起こっていないのかも知れませんが、こんな設計はおかしいんではないでしょうか(って私が言ってもですが)。

 二つ目は、スイッチをちょっと触っただけで機体が1900mも下がるなんて、、、そんな危険なスイッチはもっと大変な操作をしないと動作しないようにしないとダメなんでは??

 安全管理の原則は、どんな素人がやっても絶対に間違えないと言う事です。例えば昔はよく経腸栄養剤と点滴を間違えて死亡という事故があったんですが、現在は経腸栄養剤を入れる入れ物は、点滴には絶対につながらないようになっています。酸素の配管も、他のガスの配管とは別の形になっていて、絶対に間違えられません(酸素の配管に別のガスタンクを接続してしまったという事故はあるんですが)。

 二度と発生しないように対応していただきたいですよね。

 ちなみに、飛行機に毎日乗っていても事故に遭うには400年かかるそうですから、安心して乗りましょう。

 大きな怪我をした人はいないようですが、機長は大丈夫だったのかと心配になりますね。

 降下する時にはスピードが増します。普通音速の84%程度で飛んでいるそうです(テレビに出た元機長が言っていました。だいたい84%って、さすがパイロットは細かいです)。音速を超えると普通の旅客機は空中分解するそうです。危なかったかも、、、、


nice!(5)  コメント(9) 
共通テーマ:学問

ボーイング787が来ます! [飛行機について]

 久しぶりの飛行機ネタです。

 ボーイング社の最新鋭機のボーイング787が今日午前9時ごろ日本にやって来ます。

 機体が軽くなって長距離の運行が可能になったり、機体が丈夫になったので、与圧がたくさんかけられるので耳がキーンとなるのが少なくなったり、窓が大きくなったので窓側の席でなくても外が見やすいとか、湿気に強い(金属でない材質の機体のため)のでお肌の?乾燥が少なくなる(客室乗務員さん達の悩みだったとか)など良い事ばかりの飛行機です。

 普通に見られるようになるまでは時間がかかるようですが、楽しみですね!

 ちなみに機体のほぼ3分の1は愛知県で作った部品で作られているそうです。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

ANAブロンズ事前サービス [飛行機について]

 先日ANAから突然メールが来ました。以前書いた気がしますが、こう言った場合良い事と思う様に注意しているんですが、、、、やっぱり悪い事だと思ってしまいます。

 が、事前ブロンズサービスのお知らせと言うのでした。来年度1年間のブロンズサービスに該当するポイントがたまったので、来年3月まで事前サービスを提供しますと言うのです。よく分かりませんが、まあただ?で貰えるものはもらっておきましょう。

 良く人からそう言うカード持っているでしょう!と言われますが、持っていませんでした。確かに普通の人よりは飛行機に乗る機会が多いと思いますが、毎週乗っている訳ではありませんし、私が行く所はJALしか飛んでいない所が多いです。JALばかり乗って、、、、いれば良いんでしょうが、基本的にANA派なので。

 事前改札サービスで、さっそうと乗って行くビジネスマンらしき人たちを、いつもうらやましいなあ、、、と思って見ていたので、やった!と思いました。

 しかし、良く見てみると、ブロンズでは事前改札サービスは使えないようです。空いているチェックインカウンターを使える訳でもないようです。荷物検査が終わってからのラウンジも無料ではなく1000マイル必要らしいです。ただマイルが50%増しになるらしいので、それは良いかなと思います。

 来年はゴールド目指すぞ!!

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ボーイング787型機が日本に来ます!! [飛行機について]

 日本の企業も開発や製造に関わっているボーイング社の新型機Bー787が明日の朝日本に来ます!

 ボディーが軽くて強いため機内の予圧を高くできるため、耳が痛くなる程度も軽くなるようです。その他窓が大きいとか、色々ないい所があるとか。楽しみですね!

 なんとUstreamで実況中継もあるそうです。こちらのページを御覧ください。

 明日の朝は早起きしましょう!

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ジェットフォイルって知っていますか? [飛行機について]

 ジェットフォイルと言う乗り物をご存知でしょうか?高速船ならばどうでしょうか?

 先日私は初めて乗りました。鹿児島ー種子島の高速船ロケット(トッピーと言うのが有名ですが、これは別の会社です。同じ航路なんですが)はジェットフォイルと言うのが愛称です。

 さて、これを作っている会社は、、、、、、






意外な会社です。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

客室乗務員さんの時計は、、、、、 [飛行機について]

 飛行機トリビア続きです。

 JALだけかもしれませんが、、、、

 客室乗務員さんの腕時計は、、、、








知りたい方はこちら。


nice!(6)  コメント(11) 
共通テーマ:仕事

飛行機トリビア [飛行機について]

 先日飛行機の中で以下の本を読みました。

機長たちのコックピット日記 (朝日文庫)

機長たちのコックピット日記 (朝日文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2011/02/04
  • メディア: 文庫


 JALの機内誌の最後の方にパイロットの方が色々書かれているものがあります。子供の頃パイロットになりたかった私としては一番読みたい記事の一つです(めったにJALに乗りませんが)。
 その記事の中からよりすぐって集めたものがこの本です。が、本当によりすぐっただけで、何の前書きも、後書きもありません。多少記事を訂正したりしているようですが、、、、、普通誰か詳しい人が何か書きませんか??そう言う文章も私は好きなので、手抜きのように思えてなりません。さすがJALと朝日です。

 さてその中に書かれていたトリビアです。



 ジェット機の燃料は、、、、、









知りたい方はこちら。


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:

定時運行は確かに良い事ですが [飛行機について]

 こんな記事が出ています。

 JALはスケジュール通りに航空便が到着するかを示す「定時到着率」が、2年連続で世界一位になったそうです。JALの定時到着率は89.9%で、全日空やシンガポールエアラインズなどを抑えてトップの座を守ったと言う事です。リストラの中人手不足なのに、機長や客室乗務員が清掃をしたりしてがんばったと言う事ですが、、、、

 どうなんでしょう。飛行機は天候に左右されますし、わがままな乗客もいるでしょうから、定時に到着するのは難しいのではないでしょうか。定時に着こうと色々無理をしていると考える事も出来ます。

 世界最大の死者を出したテネリフェ島の航空機事故では、KLMの機長が早く出発しようと焦ったのが原因の一つでもあると言われています。

 それから、私は機長や客室乗務員に清掃をしてもらいたいとは思いません。機長は機長の仕事が大変でしょうし、客室乗務員の方も色々なストレスがあるでしょう。フライトが終わったら休んでもらいたいです。休み時間を削ってトイレ掃除とかしてもらってもうれしくありません。もし仮に掃除する時間があったとしても、安全に関する勉強をしたり、訓練をしたりしてもらいたいです。

 こんな話もある訳ですから、、、、(yangt3さんから教えてもらいました)定時運行が良い、定時でないから悪いとは言えないと思います。

 JALはがんばっているんだよ〜と言う事を言いたいんでしょうかね。もっと前からがんばって欲しかったです。

 今日は記事をアップするのが遅くなりました。病気になった訳ではありません。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

iPhoneでプロペラ機の写真を撮ると、、、、びっくり!! [飛行機について]

 プロペラ機はなかなか味のある飛行機です。正式にはターボプロップエンジンと言うエンジンなのですが、プロペラエンジンと呼ばれる事が多いです。

 ジェット機は滑走路が長くないと離着陸出来ないので、滑走路の短い空港しかない離島間をむすぶ航路などにプロペラ機が使われています。鹿児島空港にはこのタイプの飛行機がたくさんあって、独特のエンジン音がとても好きです。

 ところで、この味のある飛行機をiPhoneで写真に撮るとどうなるかご存知ですか??全然知りませんでした!!今度是非試してみたいです!!!

 驚きの写真はこちらです。なぜそうなるかも解説されていてすごいです!

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 飛行機について ブログトップ