So-net無料ブログ作成
検索選択
CPRの基礎 ブログトップ
前の10件 | -

クイズです! [CPRの基礎]

 突然ですが、あるなしクイズです!

東京ディズニーランドにはあるが、ユニバーサルスタジオジャパンにはない。
東京ディズニーシーにはあるが、ハウステンボスにはない。
東京ドームシティーにはあるが、東京ドーム内にはない。
甲子園球場の二階と三階にはあるが、一階にはない。
東京タワーの地下にはあるが、東京スカイツリーの地下にはない。

さて何でしょう?

答えを知りたい方はこちらをご覧ください。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

背板は必要か? [CPRの基礎]

 以前の記事のアップデートです。

 病院の中で患者さんが心停止するのは、病室が意外に多いそうです。文献によれば、一般病床が54%と一番多かったそうです。蘇生のトレーニングは、床とか硬いベッドの上で行います。きっと硬いところで心肺蘇生をするのがいいのでしょう。

 では、普通のベッドの上で患者さんが心停止した場合、背中に板を入れて硬くした方が良いのではないか?と言う疑問が出てきますね。

 以下の本の45ページにも出てきます。





 今回はこの事について考えてみましょう。

 日本蘇生協議会のガイドライン2015の43ページには、以下のようにあります。

 「ベッド上の胸骨圧迫はしばしば浅くなりすぎることが報告されている。柔らかいベッドの上でCPRを行う場合は、胸骨圧迫の効果を最大限に発揮させるために、可能ならば背板を用いてCPRを行うことは理にかなっている。背板は患者の頭部から骨盤部までを保持する大きさであると胸骨圧迫の深さが増す。背板を使用する場合は、胸骨圧迫の開始の遅れや胸骨圧迫の中断を最小にすべきで、背板を敷くときにカテーテルやチューブが外れないように注意する。脱気できるマットレスであればCPR中は脱気すべきである。 CPR を行うために患者をベッドから床に下ろすことの危険性と利点を検討した研究はない。」

 よって背板を入れるのは良いのでしょう。

外国のガイドラインはどうなっているのでしょうか?


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

AEDと君の瞳、どっちが強力? [CPRの基礎]

 先日、群馬県高崎市にあります高崎ブラジャーホテルで開かれました、第48回日本合コン医学会総会の発表を紹介します。

 最初に書いておきますが、もちろんこんなホテルはありませんし、こんな学会もありません。冗談ですのでお間違えなく。

 以下の曲はオリコン一位をとった名曲です。よく1万ボルトではなく、100万ボルトと間違えられるようです。どっちでもいいのですが、10000ボルトが正しいです。



 さて、AEDを含めて心室細動の患者さんに電気ショックを行う場合、150Jとか200Jとかのエネルギーを与えます。どうやってそのエネルギーを作り出すのかは知りませんが、なんと2000ボルトぐらいかかっているようです。例えば、こちらのページをご覧ください。

 で、どちらにしても君の瞳の方が強力であることが分かります。

 合コンや愛の告白をする場合、「君の瞳は人の命を助けるAEDの少なくとも5倍の力があるよ」と耳元でささやけば、成功する可能性は46%以上であるという発表がありました。nは4648人と言うことでかなりの大規模な研究です。

 よって、日本合コン医学会では、愛の告白をする場合に、AEDと比較した言葉を使うことを強く推奨することになりました。学会員の皆様、周知の程よろしくお願いいたします。

 コード・ブルーに出てくる藤川先生は、瞳にやられるより先にAEDにやられてしまいましたので、そうならないようご注意を。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

電気ショック=除細動? [CPRの基礎]

 勉強のため、以下の本を買いました。あえてマニアックなことを書いてあると前書きにあります。確かにオタク心をくすぐる良い本です!皆さんも是非購入を!!





 この本にありましたが、用語を正確に使いましょうと書かれていました。激しく同意します。略語を使っているのに、それって何の略?と聞いても、フルスペルなどを答えられなかったりすると、なんとなく不勉強な感じを受けます。ちゃんと用語は正確に使いましょう!現場では時間がありませんから、もちろん多少の違いは良いと思いますが、後できちんと時間を取って確認する必要はあると思います。

 やっと本題ですが、蘇生の講習会では以「前除細動を行います!」と言っていたので、今でもそうおっしゃる人がいますが、正確には違うそうです。

 電気ショックは器械を使って心室細動を止める行動のことです。そして、除細動は電気ショックによって心室細動が止まったことを指すそうです。除細動器は、電気ショックを行うことで除細動をもたらす器械という事ですね。よって、今から電気ショックを行います!と言うのが正しいようです。

 ただ、英語の文献で調べてみましたが、英語の文献はdefibrillationとelecrical shockを使い分けているようには感じませんでした。引き続き調べます!

 今から除細動をします!と言うのは、お湯を沸かします!と言うのと似ているのかも知れませんね。水を沸かせてお湯にするわけですから、本当は。

nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

心拍再開後の血圧低下には何が良いのか? [CPRの基礎]

 心肺蘇生が上手く行って心拍が再開すると、本当にほっとします。講習会でもそう思うのですから、現場ではなおさらです。が、安心してはいけません。呼吸や循環をまず安定させなければなりません。

 今回は循環のお話しです。数が多いという意味では、ドパミンを使うことが普通です。が、色々な反論が提唱されています。じゃあ、一体何を使ったらええねん!と言うお箸です。

 ヨーロッパのガイドラインには以下のようにあります。

Based on experimental data, dobutamine is the most established treatment in this setting, but the systematic inflammatory response that occurs frequently in post-cardiac arrest patients may also cause vasoplegia and severe vasodilation. Thus, noradrenaline, with or without dobutamine, and fluid is usually the most effective treatment. Infusion of relatively large volumes of fluid is tolerated remarkably well by patients with post-cardiac arrest syndrome.

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

二回目のアミオダロンはいつ投与するのか? [CPRの基礎]

 日本人はまじめなので、決まりはありませんと言うのは嫌いなようです。先日もアミオダロンの二回目はいつ投与するのでしょうか?と言う質問を受けました。

 日本のガイドラインを調べてみたのですが、どこにも書かれていません。困ったものです。なぜなら、「日本のガイドラインには二回目のアミオダロンをいつ投与するのかについて記載がありません」とお応えして、「そうなんですね!!」と笑顔になる人はいないからです(^^)。

 よって調べてみました。

 結論を先に書きます。アミオダロンの2回目は1回目の投与から4分後以降に投与しましょう。

 理由は多数決&私の意見です。
・日本のガイドライン 記載がありません。
・アメリカのガイドライン 初回のアミオダロンから3〜5分後に2回目を投与とあります。
・ヨーロッパのガイドライン 初回のアミオダロン投与は3回目(5回目と最初間違えて書いてしまいました)の電気ショック後、2回目は5回目(7回目と間違えて書いてしまいました)の電気ショック後とあります。電気ショックは二分ごとに行うことになりますので、だいたい4分後ぐらいでしょうか。
・上記の多数決によりだいたい4分後以降と私が考えました(^^)。

 以下は解説です。

 まず、アメリカ心臓協会は、初回のアミオダロン投与から3から5分後に一回だけ150mgを投与すると記載しています。英語版ではありますが、2015年度版のACLSプロバイダーマニュアルのP.106に以下のようにあります。

 During cardiac arrest, consider amiodarone 300mg IV/IO push for the first dose. If VF/pulseless VT persists, consider giving a second dose of 150mg IV/IO in 3 to 5minutes.
 心停止中には、アミオダロン300mgの初回投与(静脈注射あるいは骨髄内投与)を考慮する。それにもかかわらず心室細動や無脈性心室頻拍が継続する場合には、2回目のアミオダロン投与(150mg)を3から5分後に行う事を考慮する。

 こちらの記事も参照ください

ヨーロッパのガイドラインはちょっと違います。


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:学問

アドレナリンの初回投与は2回目の電気ショック後にしましょう。 [CPRの基礎]

 心室細動と無脈性心室頻拍のアルゴリズムでは、電気ショックと心肺蘇生が重要だという事は異論がないと思います。

 そして、アドレナリンの初回投与は、二回目の電気ショック後と言う事が書かれています。
 アドレナリンは電気ショックが無効だった場合に使われるので、電気ショックを行い、その初回電気ショックが有効だったかどうかは二分間の心肺蘇生後に心電図モニターをチェックしてからしか分かりませんし、その時にまた心室細動だった場合にアドレナリンが使われるわけですが、それよりも電気ショックが優先されますから、アドレナリンの初回投与は二回目の電気ショック後と言う事になります。

 しかし、心肺蘇生の講習会では、点滴ルートが簡単に確保できるのもあって、初回の電気ショック後にアドレナリン投与を指示する人も多いです。絶対にしてはならないと書かれていないので許容していますが、以下のような論文が出ています。

 BMJのこちらの文献です(英語ですが)。

要約の結論だけ日本語にしてみます。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

抗精神病薬を飲んでいる人にアドレナリンは禁忌か? [CPRの基礎]

 心肺停止時にはアドレナリン(アメリカでは今でもエピネフリンと呼んでいます)を投与します。社会復帰率を高めるというエビデンスはありませんが、心拍再開率を高めるため使われています。

 精神科の先生に聞かれたのですが、抗精神病薬の添付文書にはアドレナリンが禁忌と書かれているそうです。では、精神科の患者さんが心肺停止になったりアナフィラキシーになったりした場合、どうしたら良いのでしょうか???

 結論を先に書きます。

 抗精神病薬を飲んでいてもアドレナリンを使いましょう。心肺停止やアナフィラキシーの時には細かいことを行っている余裕はありません。

 まず禁忌となっている理由を書きます。

 アドレナリン反転という現象があります。アドレナリンを注射すると最初は血圧が上がりますが、少し時間が経つ(アドレナリンが低濃度になる)と血圧が逆に下がります。血圧が上がるのはα1受容体、血圧が下がるのはβ2受容体のせいだと言われています。よって、β遮断薬をあらかじめ投与しておくと、血圧が下がることがなくなります。
 また、抗精神病薬もそうですが、α1受容体の拮抗作用がある薬を投与されていると、アドレナリンを投与しても血圧は上がらず、β2受容体の作用が強くなり、アドレナリンを投与したのに血圧が下がってしまうそうです。このために、抗精神病薬はアドレナリンとの併用が禁忌となっています。


アナフィラキシーや心肺停止の時にアドレナリン使えないの??


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

心肺停止の原因の覚え方(更新) [CPRの基礎]

 こちらの記事の更新です。

 心肺停止の原因を突き止めることが要求されます。2015年のACLSテキストにもHとTは載っています。以前数が少し減った記憶がありますが、5つずつ10個あります。以前覚えた覚え方が完成しましたので紹介します(^^)。

A アシドーシス
K 薬、薬物中毒
B Bleeding、循環血液量減少

S 酸素、低酸素
K 緊張性気胸
E embolism、肺塞栓、心筋梗塞
 
H hypothermia、低体温
K 高、低カリウム血症
T Tamponade、心タンポナーデ

 NMB、NGT、STUが入っていないので心苦しいですが、考えつきませんでした[わーい(嬉しい顔)]


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

アミオダロンの後押しは必要か? [CPRの基礎]

 心室細動に電気ショックを行っても、血管収縮薬(現在はほぼアドレナリン)を使っても除細動ができない場合に、抗不整脈薬を使っても良いとされています。

 一番有用だというエビデンスがあるのはアミオダロンです。生存入院率を高めると言われていますが、結局亡くなったり、寝たきりになったりしてしまいます。社会復帰率を高めるというエビデンスはないようです。

 が、救急外来から病棟へ入院できると言う事に意味はあります。よってアミオダロンは使うべきでしょう。

 この時に、後押しをすべきかどうか?がガイドラインなどにはっきりと書かれていません。今回はこれについて調べてみました。

 結論から言えば、後押しはすべきだと思います。なぜなら後押しをする事による不利益はほぼゼロだからです。

以下に理由を述べます。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
前の10件 | - CPRの基礎 ブログトップ