So-net無料ブログ作成

AKB48とAEDについて学ぼう! [AKB関連]

 日赤は以前からAKB48とコラボしてキャンペーンを行っていますが、何とこの度講習会まで!!

 メンバーと一緒にAEDについて学べるそうです。これは申し込まねば!!

 http://www.jrc-akb48.jp/special/aed.html

nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:学問

HKT48の公演に行ってきました。 [AKB関連]

 先週金曜日は、学会の前日で?HKT48の公演に行ってきました。以前の勤務先の看護師さん(男性ですよ)と一緒に飲み会しようという話になったのですが、どうせならHKT48も!と言うことで申し込みました。

 HKT48だけでなく、他のAKB48関連グループに共通でしょうが、チケットは色々なタイプがあり、遠方枠とかカップル枠とかそう言うのがあります。最初に遠方枠で申し込んだのですが見事に外れました。

 よって、モバイル会員枠というので申し込みました。月額350円でHKT48モバイル会員というのになると優先的にチケットがとれます。会員登録とチケット申し込みをしたところ、見事当選しました!

IMG_0612.jpg

素晴らしかったです!


nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:芸能

死腔について [AKB関連]

 みいちゃん 「前々回の記事で、死腔についてのお話しが出ました。今日は死腔について勉強します。」
 ゆきりん 「死んだ腔ってどんなものなの?」
 まゆゆ 「人間は通常10ml/kg程度の呼吸をしています。そのうち死腔は2ml/kgです。」
 こじはる 「つまり死腔じゃない部分は8ml/kgってこと?」
 まゆゆ 「そのとーり!児玉清です!」
 さっしー 「似てないかも知れない、、、、、」
 みいちゃん 「死腔とは、換気に際し、有効なガス交換に関わっていない部分のことで、口の中とか気管、気管支などが含まれます!」
 あきちゃ 「全然分かんないんですけど、、、、、」
 みいちゃん 「つまり私たちAKB48で言えば、研究生みたいなもの。」
 あきちゃ 「もっと分からないんですけど、、、、」
 たかみな 「今例えば体重50kgの人がいます。一回換気量は500ml程度です。じゃあ、あきちゃの肺に今500ml入れます。肺胞にまで達する空気は約400mlです。100mlは口や気管の中です。あきちゃ、息はいて。」
 あきちゃ 「ふう〜」
 たかみな 「ありがとう!最初に出てくる100mlは二酸化炭素を含んでいません。だって肺胞まで行ってないから、外にある空気と一緒です。また500mlの息を吸います。やっぱり100mlは肺胞まで辿り着けません。」
 あきちゃ 「分かったような、分からないような、、、、、、」
 みいちゃん 「だから前々回の記事で、死腔の分の換気しか出来ていないというのは、有効な換気になっていないと言うことです。」
 ゆいはん 「人工呼吸中の患者さんでは、人工呼吸器のチューブが膨らんだりすることで死腔が増えたりすることもあるそうです。」
 さえ 「なるほど、お客さんが増えるのは良いことだけど、死腔が増えるのは良くないことなんだね。」

人工呼吸器の設定を増やす時に考えましょう。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

心肺蘇生の歴史(肺蘇生その2) [AKB関連]

みいちゃん 「みなさん、こんにちは。昨日に引き続き、今日も心肺蘇生の歴史を勉強します!」
ゆきりん 「昨日は拷問みたいな方法が昔されていたと言うお話しでしたよね。脈がどうこうと言うより呼吸が大事、、、、みたいな。」
こりす 「呼吸は私たちも大切にしているんだけど、心肺蘇生でも大事なんですね!道具を使って呼吸をさせるという方法はいつ頃発明されたんでしょう?」
まゆゆ 「えっとですね。1543年にヴェザリウスという人がフイゴというものを使って行っています。」
ともちん 「ふいにと言えば私です!」
みいちゃん 「ともちんは黙ってて!ふいにじゃなくてフイゴだから!!」
たかみな 「けんかしないで、仲良くやりましょう!我々は初期メンバーなんだから!!」
あきちゃ 「今みたいにチューする方法はいつから始まったんでしょう?」
さやか 「ちゅうは今日はいないよ。」
みいちゃん 「ちゅうは二期生って、関係ないから!」
ゆいはん 「聖書にも記載があるらしいなあ、、、、」
みいちゃん 「でも、これは呼気に含まれている二酸化炭素が有害だとされて否定されたそうです。呼気にも約17%の酸素が含まれているから、呼気を吹き込んでも有用なんだけどね。」
さっしー 「ひどい!私たちのCDも握手券が有害だと言われているから、きっといつか認められるんでしょうか、、、、、」
さえ 「17と言えばちゅうの速報順位と一緒だね!覚えやすい!」
きたりえ 「胸郭を押して呼吸をさせるみたいな処置が1950年ぐらいまでされていたみたいですね。」
あっちゃん 「この方法は死腔よりも少ない量の換気しか出来ないことが証明されて今はされていませんね。」
みいちゃん 「1958年になってやっと今のような息を吹き込む人工呼吸法が有効だと言うことが証明されたんだそうです。」
こじはる 「ねえねえ、死腔って何???」
みいちゃん 「紙面の関係で、それは次回、、、、」

nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:学問

心肺蘇生の歴史 [AKB関連]

 今回から何回かに分けて、心肺蘇生の歴史を紹介します。へえ〜と思っていただければ幸いです。それでは講師の先生方に登場してもらいましょう。

みいちゃん 「みなさん、こんにちは。今日は一緒に、簡単な心肺蘇生の歴史を勉強します!」
ゆきりん 「よろしく!」
こりす 「総選挙も気になりますが、心肺蘇生は誰もが知っていないといけないことですから、しっかり勉強しましょう!」
まゆゆ 「ところで何回シリーズですか?」
みいちゃん 「ん〜、分かりません!」
たかみな 「なんて適当な、、、、、46、、、いや48回は続けましょうよ!東京ドームを目指したみたいに!」
あきちゃ 「46回で終わるのだけは避けましょう!」
さやか 「1回でよくね?」
みいちゃん 「頑張ります!ところで、今のような心肺蘇生が始まったのはいつからでしょう?」
ゆいはん 「そら、48年前からやと思います!」
みいちゃん 「他には?」
さっしー 「こんな簡単な処置ですから、480年ぐらい前からでしょう!」
さえ 「4800年前って事はないかも知れない、、、、」
きたりえ 「4.8年前って事もないでしょうね、、、、私たちがデビューする前からはあったでしょうしね。」
みいちゃん 「さて何年前でしょう???」

正解者は誰?


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

しゃっくりが止まらない時 [AKB関連]

 今日は(も?)手抜きです。

 普通に勉強したい方は以前の記事をご覧下さい。

 今回はある速報の順番にしています。ちなみに以前の記事には書いていない方法が出てきますので、読んでも良いかもしれない、、、、

 こりす 「昨日飲み過ぎちゃってさ〜。秋○先生が帰してくれなかったんだよね〜」
 ゆきりん 「だからさっきからしゃっくりしているんだ〜。しゃっくり選抜ってのが昨日秋○先生から発表されたのかと思った〜。私もしゃっくり練習しようかなって思ったぐらい!」
 まゆゆ 「なすびの色は?」
 一同 「???」
 さっしー 「え、、、何それ?紫じゃないの?」
 まゆゆ 「それこりすの答えるやつだよ!ソロデビューしたからって出しゃばっちゃだめですよ〜。私もソロデビューしてますけど、、、、」
 さっしー 「それでしゃっくり止まるの?」
 こりす 「止まったかも知れない、、、、、、」

10ドル払う?


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:学問

血液培養48 [AKB関連]

 血液培養についてのお話しです。まじめに勉強したい方はこちらをご覧下さい(他の先生のブログです)。そして無理矢理AKBに関連づけていますので、嫌いな方はスキップお願いします!(ちょっと長いですし)

 看護師ゆいはん 「くらもっちー先生!外来に48歳の男性が、46日前からの発熱と咳で来院されています。熱が48度、、、、じゃなくて38度でした!」
 くらもっちー医師 「熱が48度もある人がいたら、会いたかったかも知れない♬、、、それに46日前からの発熱って、、、、普通の病気じゃないわね!と言うか、かも知れないと46は乃木坂でしょ!うちはAKB総合病院なのよ!あと普通1ヶ月半とか、2ヶ月とか言わない?」
 看護師あきちゃ 「先生、患者さんがインフルエンザの検査を希望されたので、もう出してあります。あと48秒で結果が出るそうです!」
 くらもっちー 「年上の患者さんは自由奔放ね、、、、次の行動が僕にも読めない♬わ。あと48秒で出るっていつ聞いたの?」
 あきちゃ 「えっと、、、、、48秒以上前です。MayBe♬」
 くらもっちー 「もう結果が出ているのは、probablyに近いもっと確かなもの♬ね。」
 検査技師あーみん 「先生、インフルエンザはAもKもBも陰性です!私は元研究生!」
 一同 「、、、、、、」
 くらもっちー 「インフルエンザKなんてあったっけ?」
 ゆいはん 「私はチームKですが、、、」

 くらもっちー (ゆいはんの言葉を無視して、診察と問診を済ませ、、、)「インフルエンザは陰性、呼吸数が28回もあります!SpO2が88に低下していますね。肺炎が疑われます。」
 ゆいはん 「それでは、先生、レントゲンと採血ですね。ところで、SPO2なんて派生グループありましたっけ?札幌?でも2は少なすぎですね、、、、、」
 くらもっちー 「SpO2を知らないなんて、あなたもっと勉強しなさい!日本人が原理を発見して、アメリカで商品化された珍しいものなのよ!」
 ゆいはん 「へえ〜、そうなんですか!知らなかった!」
 あきちゃ 「呼吸数とSpO2は48じゃ大変ですもんね。血液培養は必要ですか?」
 くらもっちー 「さすがあきちゃだね。ぐぐたす選抜に選ばれるだけあるね!血液培養お願いね。」
 あきちゃ 「2セットですね。」
 くらもっちー 「さすが!あっ、血液ガスもとるから、1セットは私が動脈からとります。」
 はるきゃん外来主任 「ボトルに10mlずつ入れま〜す!」
 あーみん 「はるきゃん主任突然どうして??」
 はるきゃん 「ぐぐたす選抜と言えば私しかいないでしょう。私がセンターよ!」
 あーみん 「そう言えばそうでしたね。私選ばれなかったんで興味ありません(と培養ボトルを持って逃げる)。」
 くらもっちー 「血液は24ml採取したのに、なぜ10mlずつしか入れないの?4ml余っちゃうじゃない!選抜に入れるか、入れないかは大切で、たった4枠でも大事なの!」
 ゆいはん 「それはここでは関係ないのでは?私みたいに順位が下でもdocomoの応援学割に入ることも可能ですし、、、、チャンスの順番は次は君に来ます♬よ!」
 はるきゃん 「この前独り立ちしたわさみん先生が、ボトルには10ml入れれば良いと言っていましたよ。彼女は感染症に燃えていますから!Everydayカチューシャならぬ、Everydayカルチャー。」
 くらもっちー 「彼女はいなくなっても誰も気付かない♬からね、、、、でも、血液培養はたくさんとった方が良いんだよ。」

ボトルには何ml入れるべきなんでしょう??


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:学問

急に血圧が上がった場合に下げるべきなのか? [AKB関連]

 当直していると以下のようなことがあります。

(午前2時半、電話が鳴る、、、、)
事務当直乃木坂 「(寝ていたのだが、ぱっと起きて、はきはきと)SKE総合病院事務当直の乃木坂でございます!」
患者の妻A 「(なんでSKEに乃木坂、、、、まいっか)夜分にすみません。そちらの病院の大家先生にかかりつけの渡辺と申します。主人なんですが、血圧が今200もあるんです、、、心配なので診てもらえないでしょうか?」
乃木坂 「はい。ご心配でしたら本日大家が当直ですので、いらしてください。年中無休48時間営業ですので、、、、」

病棟ナース柏木 「大家先生!Kim先生の患者さんで、峯岸さんという方がいるんですが、血圧がさっきから200あって下がらないんです。いつもは総選挙14位ぐらい、、、じゃなくて血圧は140ぐらいなんです。特に訴えはないんですが、特別指示に何も出ていないので、、、、」
当直医大家 「訴えがないんだったら、経過観察で良いでしょう。」
柏木 「でも心配なんです、、、、最近二人卒業したばかりだし、、、」
大家 「それはAKBの話でしょ。ここはSKEじゃなかったっけ??」
柏木 「患者さんを診に来てくれたら、、、夢中にさせちゃうぞ!」
大家 「本当は行きたい所なんだけど、君に夢中になったら大変そうだから辞めておくよ、、、、アダラート5mgを舌下しておいて(本当はやっちゃダメなんだけど、ゆきりんが許してくれなそうだし、、、、)。」

 血圧が上がると、患者さんも看護師さんもとても心配になるという訳です。何が心配なのか、、、、よく分かりませんが、当直していると必ずあります。脳出血を起こしたり、動脈解離を起こしていたり、その他色々な患者さんの血圧が高いからでしょう。血圧は低くても怖いですが、高くても怖いもののようです。

本当にそうなんでしょうか??


nice!(9)  コメント(16) 
共通テーマ:学問

超緊急時の外科的気道確保は、輪状甲状間膜切開か?気管切開か? [AKB関連]

 ある日のSKE総合病院の救急外来です。ホットラインが鳴りました!

救急救命士前田 「こちらAKB消防組合48分隊の救急救命士の前田と申します。交通事故の患者さんの収容をお願いします。48歳男性です。原付の自損事故。ヘルメットはフルフェイスではなく、顔面外傷が激しいです。大量の血液を口から吐き出します。あと48秒で到着しますのでお願いします!」
当直医松井 「こちらSKE総合病院です。了解しました、、、(と言っている内に救急車到着)」
看護師高柳 「うわ〜、これはひどいですね、、、、顔中血だらけです。あっちゃんの顔も、、、、」
救急救命士前田 「私の顔は気にしないでください!」
当直医松井 「これは下顎骨も折れています。これは緊急に外科的気道確保が必要です!あっ、矢神先生良いところに!!手伝ってください!今から輪状甲状間膜切開をしますから、、、、」
医師矢神 「輪状甲状間膜切開??そんな言いにくい名前の処置じゃなくて、気管切開で良いでしょう。」
看護師高柳 「どっちにも対応できるように、慣れた人の多い手術室からマリコさんの応援を依頼しますね。」
看護師桑原 「上から〜マリコ♬輪状甲状間膜切開なのか?気管切開なのか?って歌に合わないじゃないですか!」


 今回は、輪状甲状間膜切開か?気管切開か?と言う事についてです。通常は前者を行うと本に書かれているのですが、後者を選択される先生が多いみたいです。輪状甲状間膜切開が推奨されているのに行われない理由は以下の通りです。

・輪状甲状膜アプローチの正しい知識・技術が知られていない。
・声門下狭窄などの合併症が多いと言うイメージがある。

 と言う事です。以下の本のP.101-103にあります。

救命処置・緊急外科的気道管理ガイドブック―換気も挿管もできない!どうする?

救命処置・緊急外科的気道管理ガイドブック―換気も挿管もできない!どうする?

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 真興交易医書出版部
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 単行本



続きを読む


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:学問

有機リン中毒と、、、、 [AKB関連]

 今回からAKB関連と言うマイカテゴリーを作りました。嫌いな方はこのカテゴリーの時は読まないようにしていただくと良いかも知れません。

 さて有機リン中毒と言う病気?があります。中毒とは、毒にあたると言う意味です。私は学生時代に弓道をしていたんですが、的に矢が当たることを的中と言います。この中も当たると言う意味です。この中と言う時は矢が的を貫いている所から出来た字だと言う噂です。

 まず中毒の対応について大事な事は、疑う事です。「農薬を飲んでしまいました!」とか、吐いたもののにおいが強烈だったり、危険な所で作業中におかしくなった、、、、なら誰でも分かりますが、調子が悪いだけだったり、本人や家族が隠したりします。何か変だな、、、、と思ったら中毒を疑いましょう。逆に常に疑っても良いです。まずこの人は中毒じゃないか、、、、と。たったそれだけで患者さんや場合によっては多くの人を救う事が出来るかも知れません。事例については記事をかせぐために別記事にします!

 さて、有機リン中毒についてはこちらの文献を読んで頂ければいいと思います。と言うのは手抜きなので、、、、

 有機リンは農薬などに含まれている成分です。あとVXガスやサリンも有機リンの一種です。この物質はコリンエステラーゼと言う酵素の働きをダメにしてしまいます。結論から先に言えば、これによって副交感神経が働きすぎになってしまいます(本当は交感神経も刺激して色々複雑なんですが)。副交感神経は休む時に使う神経と考えると簡単です。よって瞳孔は小さくなります(きれいなお姉さんを見たら瞳孔は開きますよね)し、脈が遅くなり、血圧が下がり、、、、など多彩です。

 縮瞳は8割以上の人に出ると言う噂ですので、救急外来で縮瞳を見たら、有機リン中毒、モルヒネ中毒、橋出血などをまず疑います。疑えばあとは詳しい人を呼べばいいです。

さて、本題です。


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:学問