So-net無料ブログ作成
医師国家試験 ブログトップ

脳出血患者さんの気道確保法 [医師国家試験]

 昨日の記事にご質問いただきましたので、記事を作ってみました。新しく「医師国家試験」というカテゴリーも作ってみました。

 先日行われた医師国家試験の問題で、意見が割れている物があるのだそうです。私は卒業以来、医師国家試験の問題を見たことがなく、初めて見てみました。今はネットに載っていて、厚生労働省まで試験問題を公開しているのですね。知りませんでした。私が国家試験を受けた頃は、まだインターネットは普及しておらず、パソコン通信の時代でした(^^)。

 こちらが質問を受けた試験問題です。要約すれば、以下の通りです。

 高血圧と心房細動がある68歳の女性。
 降圧薬と抗凝固薬内服中でコントロールについては記載なし。INRは2.1。
 夕食の買い物中に突然右半身の麻痺が出現し、家に帰ることが出来た。
 帰宅後意識レベルが低下したため救急車にて来院。

 意識レベルはGCSで9。血圧は高く、脈拍は68/分で不整。呼吸数は10/分。酸素4L/分投与でSpO2は97%。

 CTで左の被殻出血と診断。CT後に意識レベルが突然低下し、用手気道確保ではSpO2が上がらない(いくつか記載なし)。適切な気道確保法はどれか(直ちに行うべき)という物です。

a 経口気管挿管
b 経鼻気管挿管
c 輪状甲状靱帯切開
d 経鼻エアウェイ挿入
e ラリンジアルマスク挿入

 答えはどれか?で、かなりもめているようです。確かに、、、、、、普通に考えれば、aの経口気管挿管で良いと思います。が、こう言った救急の問題で困るのは、「まず行う」というキーワードです。これを重視すると、SpO2が下がってきて気道確保が出来ないのであれば、挿管の準備をしながら、エアウエイを入れても良いと思います。ただ、何故経口ではないのか?と言うところも引っかかります。

 取りあえず、刺激によって血圧を上げてしまうのではないか?と言う点に関しては、どれも差はあるのでしょうが、どの選択肢を選んでも、血圧をより上げる可能性があるので、それによって選択が変わることはないと思います。CTに行く前に降圧薬は投与開始しているでしょうし。麻痺があって意識レベルが低下していると聞けば、脳出血の可能性が高いのですから。

とりあえず、bとcは否定で良いでしょうか?


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問
医師国家試験 ブログトップ