So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

是非読むべき医療漫画ーブラックジャック [医師を目指す人へ]

 ブラックジャックと言う手塚治虫さんの作品があります。映像化もされていますので、御存知の方も多いでしょう。

 医師を目指す方は特に、この作品を読んでおきたいですね。この作品は、かなり昔に書かれたと言うこともあるでしょうし、手塚治虫さんは実際に医療に従事したのは短期間であるとか、看護師さんに漫画の手伝いをさせていたとか、色々噂がありますので、医療の内容は正確でないこともあります。

 しかし、命に対する作者の思いはすごいものがあります。時には人間以外(ミイラを治療する作品もあります)にも真っ正面から向き合うブラックジャックは、まさに現代の赤ヒゲです。治療費をべらぼうに請求するのが有名で、とんでもない医者と言うイメージをお持ちの方もおられるかもしれませんが、高額な治療費を請求するのはなぜか?作品を読んで行けば、よく分かります。

 私が好きな話の一つは、こちらのブログに紹介されています。ニーマンピック病と言う病気が治るとは思えないのですが、病理学で習っただけのこの病気がなぜ取り上げられているのかと言う疑問とともに、ブラックジャックの最後のせりふが印象に残っています。

 それが聞きたかった。

 ブログの著者もそう書いていますが、私も治療費はほぼゼロだったのではないかと思います。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。