So-net無料ブログ作成

アドレナリンは何故3ー5分ごとの投与なのか? [CPRの基礎]

 心肺停止の時に使う薬の中ですべての心肺停止に用いる薬はアドレナリンです。アドレナリンのことをエピネフリンと言う人もいますが、こちらに関しては以前記事を書きましたので、良かったらごらんください。

 多くのガイドラインにおいて、アドレナリンは、心肺停止中には3ー5分ごとに投与するとあり、その理由はアドレナリンの半減期が3ー5分だからと言う説明がされています。しかし、何となく分かったような分からないような気がしますよね。こちらの文献には、専門家の意見によって、アドレナリンは3ー5分ごとの投与となっていると書かれています。

 こちらのサイトをごらんいただくと、半減期と同じ間隔で薬を投与する(アドレナリンは投与したらすぐに最高血中濃度に達すると考えます)と、だいたい半減期の3ー5倍(9から25分の間)たつと初回投与後の最高血中濃度の二倍に落ち着きます。

 つまり、アドレナリンは初回投与後の最高血中濃度の二倍以上にしない方が良いと言う事なのでしょう。アドレナリンの大量投与(すれば当然最高血中濃度は上昇します)は有用性がないとして推奨されていませんので。

 記事稼ぎのために、明日またアップしますが、最近はもっと間隔を空けてアドレナリンを投与した方が良いと言う研究もちらほら出てきているようです。アドレナリンは3分ではなく、5分間隔で投与するようにした方が良いかもしれませんね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。