So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

低体温患者さんには心肺蘇生を控えるべきなのか? [CPRの基礎]

 低体温の患者さんは夏でも発生します。低体温の患者さんの心臓は易刺激性(刺激に対して敏感になっている)なので、ちょっとした刺激で不整脈を起こす可能性があるため、色々しない方が良いという意見もあります。しかし、何もしなければ死んでしまいますので、悩むところです。

 しかし、多くの介入は迷わずやって良いです。例えば、低体温の患者さんは脈が触れるかどうか非常に分かりにくいです。よって、心停止の診断は非常に難しいです。さらに、心臓が止まっていないのに胸骨圧迫をしたら心室細動になるのではないか?と言う心配は何故か多くの人が持っているようです。

 最初に言っておきましょう。低体温であろうとなかろうと、一次救命処置の対応は同じです。確実に脈が触れると分かった場合以外は、直ちに胸骨圧迫を開始しましょう。

 低体温の人は、まれに長時間心停止していても社会復帰することがありますので、そう言う人を見かけたら、あきらめないで蘇生を続けましょう。

 ヨーロッパ蘇生協議会のガイドライン2015の154ページには以下のようにあります。

 Neurologically intact survival has been reported after hypothermic cardiac arrest with a core temperature as low as 13.7℃ and CPR for as long as six and a half hours.
 深部体温が13.7℃まで低下した傷病者や、6時間半の心肺蘇生後の神経学的に問題のない生存例が報告されている。

根拠を以下に示します。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問