So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

胸骨圧迫が心室細動を誘発するのか? [CPRの基礎]

 胸骨圧迫をすると心室細動になるのではないか?と言う人がいます。よく勉強されている方だなあと思いますが、結論から言えば、気にしなくて良いです。と言うか、気にするべきではありません。胸骨圧迫は、心肺停止が疑われる患者さんに対して、直ちに適切に行ってください。そうでないと、その患者さんは死んでしまいます。

 上手に行っても、胸骨圧迫では正常な心拍出量の3割程度しか生み出せないのですから。

 以前記事を書いた気がするのですが、見つからなかったので、調べてみました。

 電気ショック後の胸骨圧迫により心室細動が再発するのではないか?と言う事について調べた研究が二つあるようです。AHAのガイドライン2015にありました。書籍版だとS449にあります。

 There is evidence that resumption of chest compressions immediately after a shock can induce recurrent VF, but the benefit of CPR in providing myocardial blood flow is thought to outweigh the benefit of immediate defibrillation for the VF.(文献1、何と無料で全文が読めます!) Another study of patients presenting in VF after a witnessed arrest concluded that recurrence of VF within 30 seconds of a shock was not affected by the timing of resumption of chest compressions.(文献2。こちらも無料!) Thus, the effect of chest compressions on recurrent VF is not clear.
 ショック後直ちに胸骨圧迫を再開すると心室細動が再発するというエビデンスがあるが、胸骨圧迫により心筋血流を与えることの方が、直ちに電気ショックを行うことよりも重要である。もうひとつの研究では、目撃のある心停止で、来院時心室細動だった患者を検討し、ショック後30秒以内の心室細動の再発にと胸骨圧迫再開のタイミングには関連がなかった事が示されている。よって、胸骨圧迫により心室細動が再発するかどうかは不明である。

 よって、胸骨圧迫をすると心室細動になるのではないか?と気にして圧迫をしないことは良くないことだと言えるでしょう。

 つべこべ言わず、胸を押すことにいたしましょう!

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問