So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オーバートリアージは許容しましょう [雑談]

 平成30年10月4日の未明に緊急地震警報が鳴りました。私は気がつかなかった(^^)のですが。
 そして、結果的に大きな地震ではなかったようで、何故そんなんで鳴るんだ!みたいな意見が散見されます。

 最初に言っておきましょう。こう言う場合、「何もなくて良かったね!」「これからも、この作業を同じように続けてくださいね!」と反応すべきです。緊急地震警報に関係する皆さん、多くの人が睡眠不足になるぐらいきちんと動作するシステムを作ってくださり、ちゃんとメンテナンスしてくださり、ちゃんとどうさせてくださりありがとうございます。これは皮肉ではありません。

 検査は、100%正しく結果を出すことは難しいです。100%を目差そうとすると、必ず不都合が出ます。詳細は色々調べて戴けば良いですが、誤報を避けようとすると、どうしても漏れが生じて必要な警報が出ない場合があります。
 警報を発するという場合、やはり、必要な場合に警報が出ないのはまずいので、感度を高くする必要があります。そうすると、特異度を犠牲にせざるを得ず、警報が鳴ったとしても、地震は軽いという事が起こり得ます。

 以下に仮想のデータを載せます。
      避難が必要な地震あり  そのような地震なし
警報あり     90回          10回      100回
警報なし     10回        10000000回   10000010回

 この場合感度は地震があった場合に警報を発した割合で、90÷(90+10)=90%です。地震があったのに警報が鳴らないのは問題ですので、感度を高める、つまり警報なしの場合地震が起こる頻度を下げる必要があります。そうすると、どうしても、警報なしの数が減ります。逆に警報ありで地震なしの割合が増えます。どこに警報を出すか出さないかの基準を置くかで検査は色々違ってきます。医療でも、この検査は疾患を見逃さないように使うのか、診断を確定するのに使うのか?感度や特異度がどのぐらいなのかを考えて使います。

 繰り返しになりますが、見逃しては困るものを調べる場合、感度を高くします。この場合は地震を警告するのですが、医療であれば、心筋梗塞とか動脈解離とか、そういう物を調べたい場合、感度が高いものを使い、心筋梗塞ではないのに心筋梗塞じゃないか?と診断されることは許容すべきです。心筋梗塞や動脈解離を見逃したら困るからです。地震も見逃したら困りますよね。

 童話「嘘つきな羊飼い」は、Wikipediaによれば、「嘘をつく子供」というタイトルのようです。「オオカミ少年」などとも言われていますね。昔の人がすでに警報を無視することの危険性を警告しているのです!

 警報が誤報を繰り返すため、警報を信用しなかったとか、警報が鳴らないようにしてしまったために発生した事故はたくさんあります。飛行機事故でも、そう言う事例が散見されます。

 警報が鳴った場合、面倒でも必ずチェックするべきです。チェックしなかったり、警報が鳴らないようにしたために起こった悲劇は病院でもあります。何のために警報をつけているのか良く考えましょう。

・警報を機械が鳴らす場合には、設定を変更しないようにしましょう。
・警報を人が発する場合には、発した人に感謝をしましょう。
・警報が鳴った場合、毎回必ず対応しましょう。
・もし何もなかった場合、何もなくて良かったね!と反応しましょう。

具体的な病院での対応です。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

日本の医療は総合的にみれば世界一です。 [雑談]

 日本人の皆さんは是非覚えておいてください。日本は世界一の医療を行っています。今後もそれが続けられるようにするためにはどうしたら良いのか?考え続けることが大切です。なぜなら、今の日本の医療は、かなり無理をした上で成り立っているからです。どうしたら良いのか一つ出来ることを、資料を基に考えてみます。

 医療は次の3つの条件を満たすことが大切だと言われています。医療の質が高いこと、医療サービスへのアクセスが良いこと、医療サービスを受ける人の負担する費用が安いことです。この3つを満たすのは難しいと言われています。例えばこちらのブログをご覧ください。

 医療の質が高いことについては、ここではコメントしません。
 アクセスが良いこととは、いつでも(夜でも休日でも)、誰でも病院にかかることが出来ると言うことです。救急車も119番に電話すれば直ぐ来てくれるという制度は、世界でも珍しいシステムだと言うことを知って欲しいです。
 費用が安いことに関しては、安くないじゃないかと感じるかも知れませんが、外国との比較です。例えば、アメリカでは風邪薬をもらっただけでも5万円ぐらい支払わなければならないのではないでしょうか?日本では5000円行かないでしょう。手術しても、日本では100万円を超えるなんてことはあまりありません(それに自己負担は収入にもよりますが、10万円以上は全て返ってきます)が、アメリカでは虫垂炎の手術をしても200万円ぐらい払わなければならないようです。

 何故3つを満たすことが難しいかと言えば、医療サービスは人、それも専門知識を持った人が行う者だからです。機械化することは困難ですし。高級料理店と同じと考えればいいでしょう。美味しい料理を作るには手間がかかりますし、熟練の料理人が必要です。多くの人に提供することは出来ませんから、当然アクセス制限がかかりますし、安く提供することは難しいです。24時間提供しようとすれば、コンビニみたいにするしかありません。コンビニの料理も美味しいですが、器械が作っています。
 つまり、3つを満たすと言う事は、高級料理店を24時間営業し、予約なしで食べられ、値段も安いという事です。今日は中華しかダメではなく、いつでも好きな料理(フレンチでもイタリアンでも和食でも)がオーダーできるということです。それを医療はやっているのですから、それだけで無理なことをしていると分かっていただけると思います。

 例えば、アメリカではお金さえ払えば、いつでも世界最高の医療が受けられます。「お金があれば」です。イギリスは医療費は無料(イギリス国民のみ)ですが、救急車で病院へ行っても何時間も待たなければならなかったり、夕方に病院へ行くともう終わりだからと言われるとか聞いています。日本はいつ病院に行っても大丈夫ですし、例えば当日はお金払わなくても大丈夫です。

 それなのに、日本は世界の他の国と比べても医療にお金がかかっていないのです。そして、世界で二番目に病院を受診している国民です。何故そんなことが出来るのでしょうか?こちらのサイトを参考にした考察を次に書いてみました。



それは何故なのでしょうか?


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

お褒めの言葉を戴きました。 [雑談]

 先日外の病院へアルバイトに行かれている先生から、このブログのことを褒められたというお話を伺いました。

 ありがとうございます。しょうもないことも多いのですが、頑張って続けております。これからもよろしくお願いいたします。

 ちなみに、偉そうに書いていますが、ほとんどの記事は、日々の診療の中で出てきた疑問だったり、研修医の先生や看護師さん、救急救命士さんたちからの質問、それからブログへのコメントのなどの返信です。つまりは皆さんから戴いた疑問を調べて書いているだけです。

 ほぼ100%、私も知らなかった!へえ〜と言うことです。医者は日々勉強で大変ですねと言われますが、勉強したことが直ぐに患者さんに役立つ訳ですし、その為に感謝されることも多いです。こんなにやり甲斐のある仕事はありません。

 今は昔に比べて医学部に入るのはとても難しいようですが、それだけ頑張る意義は間違いなくあります。医学部を目差している高校生の皆さん、目差そうかなと思っている皆さん、現在医学部で学んでいる皆さん、是非是非頑張ってください!素晴らしい人生が待っていますよ!

 これからもこのブログをよろしくお願いいたします。

このブログが本になりました。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

cellは細胞か?電池か? [雑談]

 昨日のガイドラインをよーくご覧戴くと、Batteryと書いてあったり、cellと書いてあったりします。cellは細胞という意味もありますが、この場合は電池という意味でしょう。

 こちらによれば、Batteryはcellが集まった物なんだそうです。たぶん、引用したガイドラインは医学の物ですから厳密に区別していないんだと思います。

 高校の生物の授業で、担任の先生が言われていたことを思い出します。その先生が大学生の時に、工学部の学生が同じ講義を受けに来ていて、英語の文献に出てきたcellと言う英語を電池と訳していて興味深かったなと言っていました。確かに生物系の仕事をしている我々は電池という訳はしないでしょうね。cellは小さい部屋みたいな意味のようですね。

 英語で携帯電話のことをcell phoneと言うのですが、電池で動くからだと思っていました。しかし、それは違うようですね。基地局から電波が届く範囲を一つの単位cellと考えたみたいな意味のようです。

 言葉の意味を時々調べるのは面白いですね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

悪い慣習は何故なくならないのか? [雑談]

 こちらの記事の更新です。昨日お約束?したリンの補充法は明日アップする予定です。すみません。

 日本中の職場に新しい人が入ってきました。新人さんたちはまだ何も出来ず、組織にとって邪魔な存在ではないか?と悩むかも知れませんが、硬直した組織を改善するきっかけになるかも知れません。頑張りましょう。

 「バナナをとれない5匹の猿」というお話しがあります。英語が得意な方は是非この動画をご覧ください。



 つまり、最初に何か理由があって規則を作ったのですが、時間が経つにつれその理由を考えないで規則だからと続けていくと言う事があると言う事です。新しい人は是非、何故これはこうするのか?聞いてみてください。理由がないのなら調べたり、必要ない規則は廃止したりしたいですよね。

 もう少し詳しく知りたい人はこちらの記事をご覧ください。猿が何故か8匹ですが、同じ話です。

 医療の現場にもたくさんあります。処置をした後の消毒は私は意味がないと思っているのですが、多くの人はやっていますよね。病院によっては茶髪は禁止と言うところがあると思いますが、何故茶髪はいけないのか?8トーンまではいいのなら、何故その境が8と9の間にあるのか?考えてみると良いと思います。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

入社式がありました [雑談]

 今日は色々な職場で入社式があったと思います。当院でもありました。色々な方が入職されて病院は明るい雰囲気になっています。

 私の所にも一人若い先生が来てくれました。私も彼に期待していますが、彼も私に期待していることがたくさんあると思います。その期待を裏切らないよう、頑張って仕事をしていきたいと思います。

 今日は手抜きで申し訳ありません。お詫びにインフルエンサーになりたいと言う事で、素敵な動画をご覧ください。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

医師国家試験に合格したみなさんへ [雑談]

 昨日は医師国家試験の合格発表がありました。新しく医師として歩き始める皆さん、おめでとうございます。残念だった方はまた来年があります。1年ぐらい長い人生たいしたことありません。この一年で人間を豊かにする努力をしましょう。試験に落ちるなんてとても辛いことではありますが、医師として働く前に、医学以外の事を勉強する時間をもらえたんだと思うようにしてはいかがでしょうか。

 さて、こちらのブログをお読みください。今日は超手抜きです!!

 一つだけ。病棟からコールがあったら、「直ぐに行きます!」以外の答えはないと言うことについて付け加えです。看護師さんたちは、研修医であるあなたに連絡するより指導医に連絡した方が良いこともあります。なぜなら直ぐに指示をもらえるからです。

 しかし、研修医であるあなたは、受持患者さんの情報をまずもらえるようにすべきです。先生の受けもちのAさんが発熱しています!と言われたら、えーあの人糖尿病の教育入院で熱が出るはずないのに、、、、、、糖尿病があるから感染しやすいんだし、、、、、どうしよう?とか考えるはずです。この考えるという事があなたを成長させます。これをこれから一生地道に続けることで、あなたの医師としての腕を成長させるのです。

 看護師さんに嫌われて、あなたに情報が行かず、指導医に先に行くとどうなるでしょう?よほど分かっている指導医なら、これは研修医の先生に伝えてもらえませんか?と言うでしょうが、指導医も忙しいので、「確か隣の部屋でインフルエンザが出ているんだよね。じゃあ、インフルエンザの検査をしておいてください。」と言う事になり、折角の考える機会を失ってしまいます。

 別に看護師さんをけなすわけではありませんが、看護師さんたちは問題を解決しなくても、医師が患者さんの所へ出向けば満足する場合も多いです。患者さんも同じです。先生の顔見たら治りましたと言う人は意外にいます。よって、病棟からコールがあったら、返事は一つ。

「はい!今すぐ伺います!!」

 患者さんの所へ入っても何も分からないかも知れません。それは当たり前で看護師さんも期待していません。すぐ指導医に相談して、例えば30分以内に再度連絡します!等と言えば、全く問題ありません。多くのカリスマ指導医の先生は、若い時患者さんの所に誰よりも朝早く行き、看護師さんにも丁寧に対応していたという話を聞きます。

 そして、お気に入りの看護師さんがいれば、途中で飲み物やお菓子でも買っていったり、休みの日であれば、帰りにご飯でも行きませんか?とかすれば、あなたの人生はもっと豊かになるかも知れません、、、、、、、、たぶん。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

看護師さんの名前を呼びましょう [雑談]

 病院の仕事は一人では出来ません。全てチームで行います。指示は医師が出すことが多いです。偉いからではなく、医師はそう言う仕事だからです。

 そして、何か手伝って欲しい時に、「看護師さーん!」と言う医者がいますが、やはり、相手は名前があるわけですから、名前で呼びたいですね。そのためには、普段から覚えようと言う気持がなければ出来ません。名札を見ようとして、胸を見ていると思われないような注意も必要ですが(笑)。

 下の名前を呼びましょうと言う意味ではありません。仲が良ければ、下の名前でも良いですが(^-^)。
私は最大の敬意を込めて、下の名前+「様」をつけて呼んでいます、、、たぶん。

 FBでコメント頂いたのですが、外国では名前を呼ばないと手伝ってくれない場合もあるそうです。

 AHAの講習会のビデオでも、うるさいぐらい名前を呼んでいますね。良いことだと思います。

 同様に、患者さんも、おじいちゃんとかではなく、ちゃんと名前を呼びましょう。最近は少ないとは思いますが。

 入院生活で大事なことは、看護師さんを名前で呼ぶことだと言っていた患者さんもおられるとか。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

石の上にも三年 [雑談]

 今日は何と私の誕生日です。自分で自分におめでとう。育ててくれた両親に感謝です。49歳になりました。まだまだ頑張ります。

 今の病院に勤めてから3年と2ヶ月たちました。研修医の時に、部長の先生に言われたことを思い出します。新しい病院へ赴任して、スタッフや患者さん、周囲の開業医の先生などに認めてもらうには、どんな頑張っても3年はかかる。だから、辛いことがあっても3年は我慢するんだって。
 私は、3年以上我慢して同じ病院に勤めたのは久しぶりなので(どうもすみません)、やっと良い時がやって来たのかも知れません。先日こんなことがありました。

 ある日曜日は夜勤だったのですが、17時頃(17時半から当直開始です)病棟に受持患者さんの回診に行きました。4病棟(に患者さんが分散しているのです。救急科の病棟はありませんから)中3病棟で、看護師さんから「ありがとうございます」と言われました。

 最初の病棟では、患者さんの希望を看護師さんに伝えたところ、その希望が叶えられないことが分かったので、それを患者さんに伝えますと言った時です。そんなことで有り難うと言われるなんてちょっとビックリしました。
 二つ目の病棟では、私が不在中に病状説明の予約をとっていたようで、カルテにそう書いてあったので、そのつもり(と言うかまず患者さんを診てから話そうと思っていたら、ベッドサイドに家族がいただけです)で病棟に行って説明して病室を出たら、二人の看護師さんから、「こちらから先生を呼ぶ前に来て説明してくださりありがとうございます」と言われました。
 三つ目の病棟にはちょっと重症な患者さんがいて、どうなったかなあと心配だったのですが、元気そうでよかったとほっとしていたら、ご飯が軟らかいのが良いと言われました(家族の希望で常食にしていたのです)。それを患者さんが訴えただけなのに、同席した看護師さんから、話を聞いてくださりありがとうございますと感謝されました。

 今まであまりこういった事がなく、それも1日三回もあったのでビックリしました。救急科は緊急入院ばかりですし、救急科の病棟がないから、色々知らない病気の患者さん、変な処置をする患者さん(私のやることが一般的じゃないのかも知れません)などを受け入れなければいけないし、私はほぼ病棟にいません(救急車の対応がメインの仕事ですから)。よって、仲良く話す看護師さんも少ないし、あまり好かれていないというか、むしろ嫌われていると思っていました。それが相手にも伝わっていたためなのかも知れませんが。

 4月からは部下の先生も来られます。ER型救急の神様である寺澤先生は、救急が上手く行くには20年はかかりますと言っておられました。3年なんてまだまだですね。ますます精進したいと思います。よろしくお願いいたします。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

サザエさんのエンディングは何故じゃんけんぽん!!なのか? [雑談]

 まじめな話題ばかり続いているので、たまには砕けた話を(^^)。でも、以前書いた記事のそのままです。今日は手抜きです。

 サザエさんのエンディングと言えば、じゃんけんですね。以下のようなものです。



 私はどうも違和感があります。トリビアみたいですが、私が医学生だった1991年10月13日までは別の物だった事をご存じですか?!

知りたい方はこちらを。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学問